有限会社田中工務店

PAGE TOP

お寺の手すり工事をして思ったこと(長岡市栃尾地域・改修)

いつもお世話になっているお寺様より手すりを付けてほしいとの依頼があり、お話を伺いました。最近はお参りに来る人の高齢化が進み、本堂に上がるのに大変苦労している人が多いので階段に手すりをつけてほしいとのことでした。

確認するとまず参道に9段の石階段があり、さらに本堂には蹴上寸法の大きい6段の木製階段がありました。

確かにお年寄りや体の不自由な人には厳しい条件です。

神社・仏閣というのは神聖な場所ということで一般的にはそこに行く道中はちょっと困難を要するような場所に建てられていますし、境内から本堂の床までの高さも高くなっていることで尊厳を保っているようなところがあります。

例えば神社・仏閣が外の地盤レベルとほぼ平らとか、階段ではなくスロープ様式だったらなどうでしょう?なんだか軽い感じがしませんか。

ということで私は神社・仏閣がたどり着くのに大変なのは宗教性ということを考えれば基本的にはしょうがないことだと思っています。ですがお参りしたいという想いを持った人たちの歩行を補助する手すりはバリアフリーという現代の考え方に倣って取付けた方がもちろん良いと思っています。

ただ格式高い神社・仏閣の美観を損ねることだけは避けなければならないと肝に銘じ、この仕事を請けさせていただきました。

着工前の状態はこうです。

参道の階段

参道の階段

IMGP6089

本堂の階段

工事中の様子です。

本堂の階段手摺支柱にはケヤキの無垢材を手摺棒は杉の無垢材を使いました。

 

 

P5207977

ケヤキ無垢材の支柱

階段の段板に合わせて支柱を欠き込んで階段裏からビスで留め付けて設置します。

このケヤキの無垢材は弊社で昔から乾燥保管していたものです。

弊社ではこのような無垢材を先々代の時代から集めて倉庫に保管しています。

最近の住宅工事で無垢材を使うことは本当に少なくなりました。現代の住宅は高気密化、高断熱化、そして暖房器具による過乾燥化が進んだため無垢材を使用すると乾燥収縮による隙間や反りが出る場合があるのです。そして建築業者はクレームというリスクを回避するために無垢材の良さをアピールすることもやめて、乾燥収縮による狂いが少なくてとりあえず見た目が木という既製品素材を使うようになったのです。

弊社では無垢材の良さをお客様に知ってもらいたいので玄関の上がり框やカウンターなどに地元で採れた無垢材を使用してきました。

住宅業界の状況はこのような感じですが今回のような神社・仏閣の工事では今でも本物の無垢材を使うのが当たり前となっています。

既製品の材料というのはせいぜい30年から40年くらいの製品寿命で考えられているのではないでしょうか?住宅ローンが払い終わるころに商品も寿命を迎える感じですかね。

ところが神社・仏閣というのは未来永劫引き継いでいくことを目標にしているということと素材自体が時間を経て変わっていくことを良しとするところがあるので無垢材なんでしょうね。

無垢材の持つ重厚感や人間に与える心理的効果なんかは現代の人たちでも見て、触って、囲まれてみると感じ取れるんだと思います。

 

P5207981

ケヤキの支柱を現場でカットしている様子

P5207982

支柱の取り付けの様子

P5238004

手摺は2段にしてより様々な人に使いやすいように

このような無垢材の癖を読みながら加工から取り付けまでするという大工冥利に尽きる仕事は本当に少なくなりました。

ハウスメーカーやパワービルダーの仕事をしている大工さんは最近では取り付け屋さんという呼び方をされると聞きます。本当にさみしい話です。

さて本題に戻りまして次は参道の階段手摺の施工です。

こちらは屋根のない完全な屋外ですので耐候性のあるステンレス製としました。

石段に合わせて寸法を採り加工したものを設置します。

P6168198

ステンレス手すりの設置の様子

P6168199

手摺の足元は石を抜いてコンクリートで根固め

最後は完成した様子です。

P7168642

本堂手摺の完成

P7168645

階段の真ん中に設置して両側から使えるようになってます

参道の石段の手すりの方は

P7168646

参道石段のステンレス手すりの完成

手摺の足元の仕上げは周りになじむように下と踊り場は豆砂利洗い出し仕上げとし最上段部はモルタルの古色仕上げとしました。

P7168647

自分たちの仕事の痕跡が長い時間この世に存在できるといいなと思います。

 

2016年7月18日-11:57 AM

その他のブログの記事

  • 店舗併用住宅増築工事 構造材加工~土台敷き(長岡市栃尾地域)

    基礎工事が終わるといよいよ大工さんの登場です。基礎工事をしている間に構造材の加工をするのですが、仕口加工機をを持たない工務店はいわゆるプレカット工場に加工をしてもらうことになります。弊社はコンピュータ…

  • image

    ピッツァの店 アルベーロのその後

    工事も終わり、いよいよオープンに向けての準備が忙しくなってきています。アルベーロのオーナー夫婦はブログどころじゃないと思うので僕の方で開店準備のレポートをしたいと思います。先日、諏訪神社様よりお店の…

  • image

    なにこれ珍部屋

    ある日気づいたら寝室の壁に緑のツルが生えてきて・・・1週間もするとこんなに伸びて・・・生えてきた場所は長押(なげし)と呼ばれる部材のところで、何かの拍子で種が飛んできて何かの拍子で芽が出たのかなと思っ…

  • image

    築47年の家のリフォーム工事②

    この梅雨時は雨の当たる外仕事はしないようにして内部の工事を進めます。雨降りの中、外の仕事をしても品質面でも作業効率の面でも良いことはありません。何より、仕事をする職人さんだって気分が良いわけありません…

  • とちお夜のランプまつりでの糸繰木枠づくり

    9/24(土)から9/25(日)の2日間、長岡市栃尾地域で「とちお夜のランプまつり」というイベントが開催されました。私が所属するとちラボという団体が主催して今年初めて開催するイベントでした。とちラボと…

関連記事

ニュース&イベント

  • 職人の卵 -2018年07月07日

    世間では人手不足が声高に叫ばれていますが、うちの会社も今年は依頼される仕事が多く人手不足を痛感してい…

  • リーフレット作りました -2016年12月27日

    今まで弊社は紙媒体のリーフレットがなかったのですが今年は全国商工会連合会という団体の小規模事業者持続…

  • 新入社員が入りました! -2016年04月07日

    4月1日に新入社員が入りました。名前は大橋陽生です。この3月に県央工業高校の建築学科を卒業したばかり…

  • T様邸「山林の家」見学会(長岡市栃尾地域) -2015年06月09日

    6月6日、7日の2日間に渡り、T様邸の完成見学会を行いました。先ずは今回の完成見学会を快諾してくださ…

3代目社長のBlogブログタイトル全一覧を見る

  • 職人の卵 -2018年07月07日

    世間では人手不足が声高に叫ばれていますが、うちの会社も今年は依頼される仕事が多く人手不足を痛感してい…

  • 古いものをあえて残す和室のリフォーム -2017年12月02日

    今回ご紹介する事例もかなり長い時間を積み重ねてきた和室のリフォームです。念のため言っておきますが弊社…

  • 椅子の修理に挑戦~豊かさについての考察 -2017年11月22日

    ひとつ前の投稿「築133年の家を住み継ぐ」のスピンオフ的なブログです。実は改修工事の最中にお客様より…

  • 築133年の家を住み継ぐ -2017年11月10日

    その男性は築133年の家のリフォームをしたいと事務所を訪ねてきました。お話を聞いてみるとその男性は6…

  • 無垢の木を使ってみませんか? -2017年08月05日

    忘れがちですが人間は自然の一部であることは間違いありません。だから自然素材に触れたり、自然素材に囲ま…

  • 栃尾のバス停 -2017年06月05日

    栃尾の各所に佇むバス停が妙に気になる。雨宿りできる屋根付きの建造物もあるかと思えば、ただぽつんとバス…

  • 雪国ならではの修繕工事から見えてきたこと -2017年05月08日

    今年は雪の量はそんなに多くはなかったのですが屋根の鼻先に雪庇ができて重くなり、雨樋が破損したり鼻先の…

  • 幸せな気分になれる?大工さんの手作り棚 -2017年03月28日

    久しぶりのブログです。今回は弊社の事務所に飾り棚を新たに設置しましたのでそちらを紹介します。まずは設…

  • 雪国の暮らし~屋根の雪下ろし -2017年01月24日

    栃尾のとある冬の日の風景を切り取ってみました。まずは雪国ならではの生活風景。雪の降らない地域では経験…

  • とちおブラ散歩 新町編 -2016年12月29日

    今回は新町地域を仕事のついでにブラついてみました。この新町とか大町あたりは栃尾城があったころから昭和…