有限会社田中工務店

PAGE TOP

とある現場の苦労

今日は弊社で請け負った倉庫の外壁貼り替え工事についてです。

商業地域のため敷地境界いっぱいに建てた建物同士の隙間はおよそ45cm。

そこに足場を建てて外壁の貼り替えを行います。

足場と言っても単管を組んだだけの抱き足場という代物で、人が立つ足元は単管2本分(10cm)の幅しかありません。

この足場を組む足場屋さんも大変ですけど、外壁の貼り替えを行う板金屋さんも大変です。

隙間45cmに建てた足場


このように材料の置く場所がないので屋根に上げての作業です。

外壁貼りの様子。これが抱き足場です。


このように足場を組んで材料が入る隙間さえあれば工事はできます。

その代り職人さんの体格は限定されますけど。たまに腹が出てて通れないっていう人もいますから。

余談ですが屋根の先端がお互い上下で重なりあっている現場もたまにあります。

どちらかの建物が越境しているのか、それともお互い越境しているのか分かりませんが・・・昔はすごかったんですね。今じゃ考えられません。

敷地境界というのはとてもデリケートなものですから地権者がお互い立ち会いの上、境界杭などを打って分かるようにしておくべきです。

先祖代々の土地で親世代は境界がどこか分かっていても子供世代はよくわかっていないということがよくあります。きちんと分かるようにして引き継がないと後々のトラブルの原因となります。

それから民法上は境界からの建物の離れは50cm以上となっていますが、きちんとした足場を組むためには90cm以上は離したいところです。

プラス雪国ではそこに雪を下ろすつもりでなくても雪が境界に落ちることがあります。そこでお互いの建物が境界から同じ距離の離れであればお互い様ということでトラブルになりにくいのですが、一方の建物が他方の建物よりも境界に近ければやはり雪が落ちてくれば文句を言いたくなるのが人情というものです。ですから後から建てる方の人は先に建っている建物と最低でも同じ離れにした方が良いと思います。

これは雪国で工事をしてきて学んだことです。

人気ブログランキングへ

2011年8月31日-6:06 PM

その他のブログの記事

  • 仕事納め

    今日は今年の仕事納め。先ほど集金&支払い業務も終えました。昨日と今日の空き時間を使って事務所の大掃除も完了し、本当に仕事納めの雰囲気です。大掃除後のデスクまわり少しはすっきりしました大掃…

  • 屋外看板の取替え 後篇

    昨日屋外看板の取替え工事が完了しましたのでご報告いたします。先回のブログでは新規看板の作成状況の途中まででしたが今回はその続きからです。2枚作った看板板はCチャンネルという鋼材を中に挟み、ボルトとナッ…

  • ピッツァ(ピザ)の店 工事レポート⑥(長岡市栃尾地域)

    工事は順調に進んで、昨日はカウンターを取り付けました。 地元で伐ったモミの木の厚さ75mmの無垢板を使い、存在感のある空間になりました。 それと厨房に入るピザ釜の乗っかる亜鉛メッキ…

  • 山林に家を造る⑥~冬、内部造作~

    また雪がたくさん降りました。材料は雪の降る前に建物内に運んであったので車の駐車スペースと現場までのアプローチ道路を除雪機で除雪して職人さんさえ現場にたどり着ければ工事はできるのです。冬の間もゆっくりで…

  • image

    築47年の家のリフォーム⑦

    外壁工事のその後です。杉板を横貼りしたら押縁という材料で板を押さえて留めます。板はどうしても反り返ろうとしますので、この押縁でそれを抑えるのです。この押縁を取りつけた後は2回目の塗装を行います。材料は…

関連記事

  • 関連する記事はありません

ニュース&イベント

3代目社長のBlogブログタイトル全一覧を見る