有限会社田中工務店

PAGE TOP

ピッツァ(ピザ)の店 工事レポート⑧

今日は厨房の壁・天井を塗装屋さんが塗装しました。

 

 

厨房は油や水に強い油性の塗料を使っています。

 

昔は油性の塗料というと施工中のシンナーの匂いがきつくて、まわりに迷惑をかけるものだったのですが、今はシンナー等の溶剤があまり入っていないみたいで全然匂いが気になりませんでした。

 

材料も変わったなぁという感想をもったのと同時に、自分もそんな風に思うってことはこの世界が長くなったんだって、ちょっと感慨深かったです。

 

それからお店に来るお客さまが最初に入る入口ドアの枠を取付けました。材料は外部ということで建具と枠共に水に強い米ヒバで作ります。

 

 

米ヒバの乾燥材・無節となると結構いい値段となりますが、長い年月の雨風に耐えなければならない部位なのでここにはお金をかけると決めていました。

 

米ヒバはとても良い木の香りがします。残念ながら今回は塗装を施すのでこの匂いは塗装をするまでの間しかしませんが(>_<)

 

そうなんです、無垢の木は見た目、肌触り、そして香りも楽しめるのです。材種によって香りも違います。杉の香りもいいですよ。木の香りは人をリラックスさせる効果があるということです。僕は木の香りをかぐとなぜか気持ちが落ち着きます。皆さんも体験すれば分かっていただけると思います。

 

さて、その店の入り口ドアの上にはウッドロングエコというと塗料を塗った杉の板を貼りました。この塗料は最近うちの会社がお勧めしている外部用の木材保護塗料です。木の素材感を損なわず、長持ちさせる素晴らしい塗料だと思います。

 

 

あんまり写真が良くなかったみたいで分かりづらいですね。

 

また完成したものをUPします。

 

今日はここまでにします。

2011年4月20日-5:50 PM

その他のブログの記事

  • 雪国ならではの修繕工事から見えてきたこと

    今年は雪の量はそんなに多くはなかったのですが屋根の鼻先に雪庇ができて重くなり、雨樋が破損したり鼻先の垂木が折れるという雪害が多くの家で見られました。建物保険で自然災害共済などに加入していれば雪害という…

  • 仏壇置き場をつくるには(長岡市栃尾地域・リフォーム)

    元々先祖の仏壇が家にある人は家を建て替えるときに仏壇置き場をつくりますが、実家から独立して家を建てる人は仏壇のことまで頭が回らないのが実情だと思います。若い時は特に自分や家族が亡くなるということがリア…

  • image

    イタリアみやげ

    きのうの朝早く、ピッツァの店アルベーロのオーナーの勝彦君がイタリアはナポリより無事帰国。きのうは時差ぼけと疲れからたぶん午前中は死んでるだろうってことで午後1時過ぎに電話してみると眠そうな声が・・・…

  • 山林に家を造る③~基礎~

    道もできましたのでいよいよ工事開始!の前にする大事な行事。 「地鎮祭」です。 土地の神様を祝い鎮め、土地を利用させてもらうことをお願いします。それと同時に工事の安全も祈願します。&…

  • image

    自分の部屋の家具を紹介

    引き続き僕の部屋にある手作り家具を紹介します。まずは本棚とCDラック。どちらも僕の趣味のための収納家具です。本は最近こそ読む量が減ってるけど、寝る前とトイレに入った時は必ず本を読むという活字中毒者…

関連記事

ニュース&イベント

3代目社長のBlogブログタイトル全一覧を見る