有限会社田中工務店

PAGE TOP

ピッツァ(ピザ)の店 工事レポート⑪

今回はうちの会社が今最もお勧めしている塗り壁材料のエコカロンの施工状況を特集します。

エコカロンの塗り状況 by青木さん

エコカロンにはゼオライトという天然鉱物が入っているのですが、この「ゼオライト」という言葉をどこかで聞いたことはありませんか?

実は福島第一発電所の放射能漏れ事故の現場で海中にこの「ゼオライト」の入った土のう袋が大量に投入されているのです。この鉱物は非常に小さな孔(あな)がトンネル状に並んだ構造をしています。その孔には水や化学物質、ニオイ物質などを分子サイズで吸着する機能があります。また食品添加物にも認定されていますので安心、安全な自然素材と言えます。

このエコカロンを寝室に塗ったお客様からは「部屋の空気が心地よい気がする」なんていうテレビコマーシャルのセリフのようなお言葉を頂戴しました。

この材料はしっくい調と砂壁調の2種類があり、色粉を混ぜればお好みの色になります。

ちなみに今回のお店では砂壁調の材料に酸化黄という色粉を混ぜて使いました。

エコカロンの材料

酸化黄の色粉材料。このデザインがシブイ。

それでは施工の様子をご覧ください。

ボードのジョイントテープ貼りとビス穴埋め

まずはボードのジョイントにファイバーテープを貼って補強を行い、ビス穴を下塗り材で埋めます。

次に材料の調合をします。

材料の調合の様子

エコカロンの粉と水を混ぜ、攪拌機で混ぜ合わせます。

出来上がりが↓です。

攪拌後のエコカロン

そして現場にてまずは下塗り材料で下塗りします。厚さは0.5mmです。

白い部分が下塗りの終わった壁

次の日、下塗り材が乾燥したのを確認して上塗りをします。上塗りは厚さ1mmづつ2回塗ります。下塗りと合わせると計2.5mmの厚さになります。

上塗りの様子。この道約40年の職人技です。

というのがエコカロン塗りの施工順序です。

現在では壁を塗れる左官職人は本当に少なくなりました。それは施工が簡単で安価なクロスが台頭してきて塗り壁の仕事が少なくなったこと、住宅の洋風化に伴い和室が無くなったこと、一人前になるのに時間のかかる左官職人になる若い人が少ないなどと、いろいろな原因が重なっているのです。うちの会社ではお客様に塗り壁の良さを実感していただきたいと思い、積極的に採用しています。

最後に青木さんの使っている左官コテをご覧ください。

青木さん使用の左官コテ

この塗り壁で使ってる道具はこれだけですが青木さんの道具箱の中にはまだまだいっぱいコテが入っていました。場所や用途に応じてこれだけの道具を使い分けるんですね。大工さんもそうですが職人さんは基本的には道具は自分持ちです。自分のお金で自分の使う道具をそろえる。当たり前のような事ですけど何だか懐かしいような気持ちになるのは僕だけでしょうか?職人さんは会社の従業員でありながら独立した仕事人ってことです。ちなみに青木さんはうちの会社の正社員です。

今日は左官屋さんにスポットを当てました。

2011年4月27日-2:27 PM

その他のブログの記事

  • 栃尾のバス停

    栃尾の各所に佇むバス停が妙に気になる。雨宿りできる屋根付きの建造物もあるかと思えば、ただぽつんとバス停看板があるだけの場所もある。あれはそもそも越後交通の所有物なのか?誰が設計しているのか?(同じ規格…

  • image

    大雨の傷跡

    7月29日から30日にかけて大雨が新潟と福島を襲いました。報道では三条の下田地域と十日町と阿賀市の被害が多数伝えられていますが、我が栃尾も下田に近い地域を中心に甚大な被害を受けました。7月29日の…

  • image

    自然素材にこだわったキッチンのリフォーム③

    自然素材にこだわったキッチンのリフォーム工事が完了しました。最後のレポートをしたいと思います。クリーニングも終わり、きれいになったところで今回のシステムキッチンの納入メーカーであるクリナップさんか…

  • 終の棲家

    先日引き渡しを終えたリフォーム工事についてレポートします。お客様は70代前半の女性で独り暮らし。その方の息子さんの家もお孫さんの家も弊社で新築工事をさせていただいた縁もあり、今回は息子さんのご紹介でお…

  • image

    自然の脅威(東北・関東巨大地震について)

    その時、事務所で資料作りをしていたら、めまいのような目が回るような感覚に、「もしかして病気でも出たのか?」と思った。倒れる前に誰でもいいからこの病状を訴えようと外に出たところ、近所の人や弟も外に飛び出…

関連記事

  • 関連する記事はありません

ニュース&イベント

3代目社長のBlogブログタイトル全一覧を見る