有限会社田中工務店

PAGE TOP

ペレットストーブ

今日、うちの会社でペレットストーブの実演会を行いました。

僕自身がペレットストーブがどのようなものなのか実際のところ知りませんでしたので、是非本物を見てみたいということから今日の実演会が実現しました。

せっかくなら興味のありそうなお客さんや近所の方にも見てもらおうと声を掛けたところ、総勢12名での実演会となりました。

午後1時半、約束の時間に軽トラックに乗せられてペレットストーブはやってきました。一見薪ストーブみたいな姿のペレットストーブとは木屑やおが屑、樹脂等を粉砕し加熱圧縮した木材ペレットを燃料としたFF式のファンヒータというのが一番分かりやすいかと思います。

これがペレットストーブ

燃料となる木材ペレットはなんだか一見ペットフードみたいな感じで、圧縮しているので埃っぽくもないし、扱いやすいのかなと思いました。またそのペレット自体に火をつけても燃え上がるという感じではなくファンで風を送ることにより燃え上がるんです。要は電気がないと使えないのです。正直ちょっと前までペレットストーブって薪ストーブのようなもので燃料が違うだけなんだって想像していました。

あと、びっくりしたのはストーブ自体は全く熱を持たずに、ストーブ正面の送風口から温風が出る構造なので小さい子供さんのいる家でも安心だと思います。その代りにやかんをかけたり、鍋をかけたりはできませんが・・・

メーカーの方から聞いた話をまとめると

①この一台で木造だと16帖コンクリート造だと25帖くらいの部屋を暖房できる。

②うまく使えば1日10kgのペレットでまかなえる。燃料費は運賃含めて10kgの袋が600円なので1日あたり600円、1か月あたり18,000円となる。正直今の段階では灯油より少し高い。

③長岡市では既存住宅への導入で4万円の補助金が出る。

④燃料のペレットを作っている会社が現在新潟県に7社あり、今後わかっているだけで14社になる予定。供給については問題ない。価格も高くなることはなく、逆に安くなると予想している。

現在の中東情勢によって石油価格が左右される状況を考えても、これからは化石燃料に頼らない、地球環境に優しい暖房方式を選択していかなければならないと思います。その一つの選択肢としてペレットストーブがあると思います。

うちの会社は木を構造材として使い、家造りをしていますので木のくずや森林の間伐材を利用するペレットには親しみと可能性を感じます。森林というのは適度に木を間引くという手入れをしてこそ建築材料として使える木が育つのです。森林を守るためにも、森林で働く人を造り出すという雇用の面でも、新潟で造られるペレットを新潟で暖房に利用するという地産地消という意味でも大変興味深いものです。

新潟のような地域は1年の半分以上を暖房器具に頼った生活をしていますので暖房器具の選定というのは何より大事なことだと思いませんか?

ホームページのお知らせに詳細の資料を掲載しておきますのでご確認ください。

実演会の様子

2011年3月1日-9:19 PM

その他のブログの記事

  • ピッツァの店 工事レポート③ (長岡市 栃尾地域)

    今日も工事は順調に進んでいました。 15:00までは...  朝からナカムラさんには壁板の塗装をしてもらっていたのですが、白に塗る板とクリアを塗る板が2種類あったのですが…

  • image

    手造り家具 in tokyo ~運搬・設置編NO.1~

    ご無沙汰してスミマセン。雪解けとともに本業が忙しくなってきて、ブログの更新がこんなに遅れてしまいました。前回予告した通り、丹精込めて造った家具をいよいよ大都会tokyoに運搬して設置したレポートで…

  • 木で作ったちょっとしたモノ

    ずっと前から考えていたことなんですが大工さんの技術を家を造ること以外に活かせないものかと。どうしても雪の降るこのあたりでは冬の仕事量が激減します。というよりほとんど仕事がなくなります。技術があるのにそ…

  • 左官屋さんの仕事~塗り壁~(長岡市栃尾地域)

    今ではめっきり減った左官屋さんによる塗り壁工事。 最近の家の壁はビニールクロス貼りがほとんどだと思います。 塗り壁というと触るとボロボロ落ちてくるというマイナスイメージをお持ちの方…

  • 山林に家を造る③~基礎~

    道もできましたのでいよいよ工事開始!の前にする大事な行事。 「地鎮祭」です。 土地の神様を祝い鎮め、土地を利用させてもらうことをお願いします。それと同時に工事の安全も祈願します。&…

関連記事

  • 関連する記事はありません

ニュース&イベント

3代目社長のBlogブログタイトル全一覧を見る