有限会社田中工務店

PAGE TOP

リフォーム工事完了しました!

少し前に工事が完了したリフォーム工事のビフォアー・アフターです。

まずは外装の方から。

塗装などの手入れをきちんとされていたお客さまなので傷んでいる箇所は少なかったのですがどうしても条件の悪い部分は凍害による腐食が見られました。

このマルチサイディングという商品は昭和の終わりころに流行した商品ですが凍害による傷みが激しくて25年近く経った最近は特に貼り替えの対象となっています。

今回はこのサイディングをKMEWの「はる一番」という金属サイディングに貼り替えました。また屋根の塗装、破風板の板金巻き、軒天ボードの塗装、霧除け庇の取替えも併せて施工しました。


 

この「はる一番」というサイディングはフッ素樹脂塗装になっているので一般の金属サイディングよりも色落ちがしにくい外壁材です。もちろん少しコストは高いのですが、きれいな状態を長く保てるならば少しくらい高くても良いということで多くのお客様に採用されています。

続いて内部の様子を。お風呂はタイル風呂から暖かいシステムバスにリフォームしました。

続いてトイレです。便器は節水型のタンクレスに。腰壁は桧の無節羽目板に。壁と天井はエコカロン砂壁調仕上げに。床は香桧の無垢フローリングです。

続いて和室のサッシを出窓にして障子も入替えました。

この出窓の材料は杉の無節板ですが、会社の倉庫で長年保管して十分乾燥している材料です。

最近の家では和室がない家が珍しくなく、こういった無垢の良材も滅多に使う機会がなくなりました。さて次は今回のメイン工事である、おばあちゃんの部屋のリフォームの様子を。もともとあったおばあちゃんの部屋は外部に面していなくて暗かったのですが、隣接する物置部屋と一体の部屋とすることで外部の光が入るようにしました。

 


上の2つの部屋をつなげたリフォームがこちらになります。

この部屋の仕上げを紹介します。

床は孟宗竹の複合フローリングで電気式の床暖房が入っています。

壁は毎度おなじみの自然素材塗り壁材のエコカロン

天井は和紙クロス貼り。

天然素材をできる限り使い、明るくて気持ちの良い空間を造りました。

北面の窓なので直射日光は入りませんが、外部の光が入るだけで空間のイメージは全く変わってきます。

照明器具の人工光と太陽の自然光は同じ光でも人間の精神への作用は全く違うと思います。

たまに仕事の用事で伺うオフィスビルは窓が一つもなくて照明の光しかないのですが、僕は「とてもこんな空間で仕事も生活もできない!」って思いました。

自然が人間に及ぼす効果には数値化できないものがたくさんあると思います。

この明るくなった部屋でおばぁちゃんが「気持ちいい」と感じてもらえたら嬉しいです。。。

2012年10月15日-5:20 PM

その他のブログの記事

  • 2015年仕事始めにあたり考えること

    新年明けましておめでとうございます。本日1月5日より2015年(平成27年)の仕事始めです。とは言っても事務方の私と私の母だけが仕事で現場の人達は明日から仕事初めとなります。さて申し遅れましたが実は昨…

  • とちお夜のランプまつりでの糸繰木枠づくり

    9/24(土)から9/25(日)の2日間、長岡市栃尾地域で「とちお夜のランプまつり」というイベントが開催されました。私が所属するとちラボという団体が主催して今年初めて開催するイベントでした。とちラボと…

  • image

    映画「ウォールストリート」

    少し前になるけど「ウォールストリート」という映画を見た。僕が高校生の時にオリバーストーン監督でチャーリー・シーン主演の「ウォール街」という映画があったのを覚えていたので、最初になんの情報もなく題名を見…

  • 自然素材を使った和のリフォーム

    最近完成したお寺の庫裡(くり)のリフォーム工事についてレポートします。さて庫裡とは元々はお寺の台所をあらわす言葉なのだそうですが、一般的には住職とその家族の生活空間をあらわします。お寺といえば和のイメ…

  • image

    感動のライブ

    先日11月27日の日曜日に新潟芸術文化会館で上原ひろみトリオのライブを見てきました。いやぁ感動した!すさまじいパワーと表現力!言葉にできない素晴らしさ。そう、本当に感動した時はうまく言葉にして伝えられ…

関連記事

ニュース&イベント

3代目社長のBlogブログタイトル全一覧を見る