有限会社田中工務店

PAGE TOP

住宅の基礎工事

今年の夏はいつ終わるのでしょうか?

「お盆過ぎれば涼しくなるからガンバッテ!」と職人を励まし続けてきたのに9月になってもこの暑さです。

こんな暑い中、以前に高校生の職場体験のレポートで地鎮祭をした現場は基礎工事をしてました。

もちろん基礎工事ですから日蔭のない炎天下での工事です。

毎日朝礼では「熱中症に注意して休憩と水分補給をこまめに取るように!」なんてテレビのニュースキャスターみたいな文句を繰り返し言うことしかできませんでした。

しかし幸いなことに熱中症にかかる職人さんもなく無事に基礎工事を完了しました。

日中外で作業しない僕でさえも夜になっても身体が火照ったような感じで調子が悪かったのですから、外で作業する人はどんなだったかと想像してしまいます。

体が強いだけでなく精神的にも強くないと今年の夏は乗り切れなかったのではないかと思います。

さて完了したばかりの基礎工事を最初から振り返ってみます。

この根伐りで注意するのは必要以上に深く掘らないことなのです。深く掘ったところはまた土で埋めればいいのでは?と思う人もいるかもしれませんが地盤は長い年月の中で締め固められてきているわけですから何も触らなければそれなりの強度があります。しかし一度掘り返した土を戻していくら締め固めても元の強度には戻らないのです。

ですから深く掘りすぎないように慎重にレベル確認をしながら掘るのです。今回の現場は地盤調査をした結果、とても良い地盤なので地盤改良も必要なく、なおかつ面全体で支えるべた基礎でなく布基礎という基礎形式で施工することにしました。

良質の粘性土でバックホーという重機で掘削してても地盤の固さが分かると職人さんは言ってました。

根伐りしたところには砕石を120mmの厚みに敷き、転圧して締め固めます。

この捨てコン打ちは基礎の型枠の正確な位置を墨出しするために行います。砕石の上には墨が出せませんからね。

基礎の鉄筋を組立ててベース(フーチング)部分のみ先にコンクリートを打ちます。

 

これで基礎の工事は完了となります。この基礎の上に土台を敷いて柱を建ててという風にいよいよ上屋の工事が進んでいくのですが、その前に基礎の断熱工事の様子を。

うちの会社も3年ほど前までは1階の床板の下に断熱工事を施して、床下空間は通気口を設けて自然換気するようにしていましたが基礎の部分で外気をシャットアウトした方が断熱効率が良いとの考えから新築の場合は基礎断熱にすることにしました。

色々な工法が出てきますが、メリットとデメリット、そして長い年月を経た時にどうなのかということを良く考えて、総合的に判断して採用するか決めるようにしています。

ただ効率が良いとかコストが安いからという理由で採用するのは非常に危険なことだと思います。

住宅は家電製品みたいに10年くらい経って壊れたら買い換えるといったものではないので新しい工法や材料の導入には慎重になります。かといってあまりにも保守的になりすぎて昔ながらのやり方、材料で造れば良いかというと違うと思います。 昔から使われている良いものは残して、今までになかった良いものは取り入れて進化させていくのが重要なのだと思います。

ということで今日はここまでです。基礎工事ホントにお疲れさまでした!

2012年9月3日-6:10 PM

その他のブログの記事

  • 無垢の木を使ってみませんか?

    忘れがちですが人間は自然の一部であることは間違いありません。だから自然素材に触れたり、自然素材に囲まれた空間にいると心が落ち着くのだと思います。田中工務店の家づくりでは自然素材を使うことをお客様にお勧…

  • 住宅見学会のおしらせ

    以前、このブログでもご紹介しました私の弟の家がいよいよ完成となり、この度完成見学会を開催することになりました。栃尾地域には新聞広告が入りますがこちらでも紹介させていただきます。日時:4月19日(土)、…

  • キツツキ被害と対策について~山林の家(長岡市栃尾地域)

    今年の6月に竣工した通称『山林の家』のお客様より連絡がありました。依頼内容はキツツキが外壁をつついて穴をあけたので対策工事をしてほしいとのこと。さっそく現場に向かい被害を確認してみるととまぁこんな状況…

  • 基礎完了~建前の準備

    基礎が完成しましたのでいよいよ大工による木工事が始まります。まずは土台敷き。今回は基礎断熱仕様なので床下空間に外の空気が流れ込まないように土台と基礎の間に気密パッキンを入れるのです。シロアリから家を…

  • リノベーション見学会を開催します

    昨年、「日本民家の再生~住文化の伝承」というちょっと大げさな題名でブログを書きました。 今回、その住宅をお借りしてリノベーション見学会というイベントを開催することとなりました。 …

関連記事

  • 関連する記事はありません

ニュース&イベント

  • 職人の卵 -2018年07月07日

    世間では人手不足が声高に叫ばれていますが、うちの会社も今年は依頼される仕事が多く人手不足を痛感してい…

  • リーフレット作りました -2016年12月27日

    今まで弊社は紙媒体のリーフレットがなかったのですが今年は全国商工会連合会という団体の小規模事業者持続…

  • 新入社員が入りました! -2016年04月07日

    4月1日に新入社員が入りました。名前は大橋陽生です。この3月に県央工業高校の建築学科を卒業したばかり…

  • T様邸「山林の家」見学会(長岡市栃尾地域) -2015年06月09日

    6月6日、7日の2日間に渡り、T様邸の完成見学会を行いました。先ずは今回の完成見学会を快諾してくださ…

3代目社長のBlogブログタイトル全一覧を見る

  • 職人の卵 -2018年07月07日

    世間では人手不足が声高に叫ばれていますが、うちの会社も今年は依頼される仕事が多く人手不足を痛感してい…

  • 古いものをあえて残す和室のリフォーム -2017年12月02日

    今回ご紹介する事例もかなり長い時間を積み重ねてきた和室のリフォームです。念のため言っておきますが弊社…

  • 椅子の修理に挑戦~豊かさについての考察 -2017年11月22日

    ひとつ前の投稿「築133年の家を住み継ぐ」のスピンオフ的なブログです。実は改修工事の最中にお客様より…

  • 築133年の家を住み継ぐ -2017年11月10日

    その男性は築133年の家のリフォームをしたいと事務所を訪ねてきました。お話を聞いてみるとその男性は6…

  • 無垢の木を使ってみませんか? -2017年08月05日

    忘れがちですが人間は自然の一部であることは間違いありません。だから自然素材に触れたり、自然素材に囲ま…

  • 栃尾のバス停 -2017年06月05日

    栃尾の各所に佇むバス停が妙に気になる。雨宿りできる屋根付きの建造物もあるかと思えば、ただぽつんとバス…

  • 雪国ならではの修繕工事から見えてきたこと -2017年05月08日

    今年は雪の量はそんなに多くはなかったのですが屋根の鼻先に雪庇ができて重くなり、雨樋が破損したり鼻先の…

  • 幸せな気分になれる?大工さんの手作り棚 -2017年03月28日

    久しぶりのブログです。今回は弊社の事務所に飾り棚を新たに設置しましたのでそちらを紹介します。まずは設…

  • 雪国の暮らし~屋根の雪下ろし -2017年01月24日

    栃尾のとある冬の日の風景を切り取ってみました。まずは雪国ならではの生活風景。雪の降らない地域では経験…

  • とちおブラ散歩 新町編 -2016年12月29日

    今回は新町地域を仕事のついでにブラついてみました。この新町とか大町あたりは栃尾城があったころから昭和…