有限会社田中工務店

PAGE TOP

子守り

今日は妹の2番目の子供の楽叶(がくと)を我が家で預かっています。

なんでも長女の陽向(ひなた)を医者に連れていくために面倒見てほしいとのこと。

がっくんは現在1歳3カ月。歩き始めてもうだいぶ経つので、今では小走りするくらいになっていて目が離せません。

さっき外に出たがってしょうがないので防寒着を着せて散歩してきました。外はもうすぐ4月だというのに雪がちらついてました。

だけどがっくんには雪なんて関係ありません。長靴で残雪の上を歩いて行き、同じところを行ったり来たり。

このくらいの年の子供って、何かを考えて行動しているのかなぁ?って、がっくんを見ていてふと考えました。見ていると本能に従って体を動かし、感情をあらわにし、疲れれば眠る。人がどう思うかなんて気にして行動しません。

だけど物心が付いてきて大人になると、考えて行動するようになり、廻りの人たちとの関係性を考慮に入れて行動するようになるんですよね。

ある意味これが社会人になるってことなんですかね。

何かの本で読んだのですが、人間は物心がついて大人になればなるほど仏性(仏様がもつ心のあり様という意味でしょうか?)から遠ざかっていくというのです。僕には心にすとんと落ちてくる言葉なんですが、どうでしょう?

子供から学ぶことはいっぱいありますよね。

さて、そろそろ子守りに戻らなきゃ。

2011年3月26日-12:32 PM

その他のブログの記事

  • image

    自然の脅威(東北・関東巨大地震について)

    その時、事務所で資料作りをしていたら、めまいのような目が回るような感覚に、「もしかして病気でも出たのか?」と思った。倒れる前に誰でもいいからこの病状を訴えようと外に出たところ、近所の人や弟も外に飛び出…

  • image

    健康について

    スポーツクラブに通い始めて4年が過ぎた。最初に行こうと思ったきっかけは、たるんできた体を鍛え直して、昔みたいな引き締まった肉体に改造したいという想い。それから4年前は暇がたくさんあったので暇つぶしのた…

  • 基礎完了~建前の準備

    基礎が完成しましたのでいよいよ大工による木工事が始まります。まずは土台敷き。今回は基礎断熱仕様なので床下空間に外の空気が流れ込まないように土台と基礎の間に気密パッキンを入れるのです。シロアリから家を…

  • 築133年の家を住み継ぐ

    その男性は築133年の家のリフォームをしたいと事務所を訪ねてきました。お話を聞いてみるとその男性は60代後半で高校卒業後は栃尾を離れ東京で仕事をしてきたそうですが仕事の関係で海外に滞在することも多くい…

  • 左官屋さんの仕事~塗り壁~(長岡市栃尾地域)

    今ではめっきり減った左官屋さんによる塗り壁工事。 最近の家の壁はビニールクロス貼りがほとんどだと思います。 塗り壁というと触るとボロボロ落ちてくるというマイナスイメージをお持ちの方…

関連記事

  • 関連する記事はありません

ニュース&イベント

3代目社長のBlogブログタイトル全一覧を見る