有限会社田中工務店

PAGE TOP

家の訪問点検~山林の家 冬のある日(長岡市)

今日は午前1件と午後1件、栃尾地域OB客のお宅を訪問して無料点検を行いました。

新築から5年経過した住宅とリフォーム後4年経過した住宅を点検したのですが、どちらのお宅もとてもきれいに使っていただいていて作った方としてはこんなに嬉しいことはありません。

当たり前のことですが大事に手入れされた家は長持ちします。

モノや家も愛着を持って大事にしてあげると輝き続けるんですよね。

たぶんいのちが宿っているんだと思います。

午後に伺ったお宅では新築時に弊社で作成したローテーブルがリビングに置いてあり、多少色落ちした部分もあったりしていい味が出てました。

無垢材は時間を経るごとに雰囲気がでてくるんですよね。

やっぱり生き物と同じで生きてるってことなんだと思います。

ある一定の時間を生きてきたからこそなれる渋くてカッコいいオヤジみたいな。

さて点検作業についてひとこと。

流れとしては、まず世間話。大体がこの冬の雪の話やご家族の話を30分くらい聞きます。

しばらくぶりに話を聞くとお子様が社会人になったとか大学生になったとかいう話が出てきてびっくりします。

工事の時はまだ中学生だったよなぁなんて思ったり。よそんちの子供の成長は早いというのを実感しました。

そんな世間話を楽しみながら、きりのいいところで

『ところで家のことで気になっているところとかありませんか?』

ときりだし、まずはヒアリングです。

そうするとこの建具の調子が悪いとか、このウォッシュレットがちょっと前に調子悪かったとか、この機器の手入れの仕方がわからないとか、いろいろなお客様の声が聞こえてきます。

すぐに対応できるものはその場で修理しますし、大掛かりになる場合や専門業者さんに入ってもらう場合は後日対処することになります。

今回訪問させていただいたお宅で同じころに新築した築8年の住宅2軒でキッチンパネルの表面材が剥離しているのを発見しました。

お客様に聞いたところ、2軒とも『何かのついでの時に見てもらおうと思っていた』とのこと。これはすぐにメーカーに見てもらい対処してもらいました。

それからヒアリングしていると『実は子供部屋を改修したい』とか『トイレの便器を入れ替えたい』なんていう新たな仕事の話も聞こえてきます。

やっぱり定期的にお客様のお話を聞くのはとても大事なことなんだって改めて実感しました。

間違った住宅設備の使い方や間違った掃除・手入れの仕方をしているお客様がいたり、家の困りごとはあるけど少しのことでわざわざ来てもらうのも悪いなんて思っている方や改修したいけど考えがまとまらないので連絡しづらいなんて方が結構いらっしゃるんです。

この無料点検は時間を見つけては計画的にやっていきますのでOB客の皆様、順番が来るまでお待ちください。

もちろん困ったことがあったらすぐ連絡ください!


さてこの日の点検作業が終わり夕方は時間ができたので昨年竣工した通称『山林の家』の様子を見てきました。


やっぱり雪の量が下界とは違います。



お客様は休日になると来ているみたいで道が雪踏みがされていて良かったです。

Tさん、すみません。苦労して道を作ったところを何の苦労もせず歩いてきました〈汗〉


その家は青空と雪の中に建っていました。

風景にきちんと溶け込んで。

ここに来ると気持ちが安らぐんですよね。

廻りを点検して変わったことがないか確認して帰りました。

変わったことといえば家の周りの雪原にあった動物の足跡くらいでした。

2016年2月9日-2:09 PM

その他のブログの記事

  • これぞ大工さんの仕事!格天井工事

    これぞ大工さんの仕事と言えるような工事をさせていただきました。格天井(ごうてんじょう)という呼び方の格式の高い天井様式です。洋風建築が主流となった今の家づくりではほとんど見かけることがなくなりました。…

  • 刈谷田中学 職場体験学習

    先回のブログで予告しました通り、栃尾高校に引き続き刈谷田中学校の3年生の生徒さん3名がうちの会社に職場体験学習に来てくれました。今回は栃尾高校の生徒さんが土台敷きまで施工してくれた弊社の物置小屋の建前…

  • 山林に家を造る②~道つくり~(長岡市栃尾地域)

    さて家を建てるには資材を敷地まで運ばなければなりません。そのためにはできればトラックが通れる道がほしい。ということで道なきところに道をつくる工事です。実は当初の予定とは違うルートになりました。なるべく…

  • 自然素材を使った和のリフォーム

    最近完成したお寺の庫裡(くり)のリフォーム工事についてレポートします。さて庫裡とは元々はお寺の台所をあらわす言葉なのだそうですが、一般的には住職とその家族の生活空間をあらわします。お寺といえば和のイメ…

  • image

    町屋のリフォーム⑤~伝統工法について考える事~

    前回は基礎工事についてレポートしました。基礎ができた後はいよいよ木工事が始まるのですがこれは新築であろうとリフォームであろうと同じです。まずは基礎の上に土台を敷くことから木造の工事は始まります。…

関連記事

ニュース&イベント

  • 職人の卵 -2018年07月07日

    世間では人手不足が声高に叫ばれていますが、うちの会社も今年は依頼される仕事が多く人手不足を痛感してい…

  • リーフレット作りました -2016年12月27日

    今まで弊社は紙媒体のリーフレットがなかったのですが今年は全国商工会連合会という団体の小規模事業者持続…

  • 新入社員が入りました! -2016年04月07日

    4月1日に新入社員が入りました。名前は大橋陽生です。この3月に県央工業高校の建築学科を卒業したばかり…

  • T様邸「山林の家」見学会(長岡市栃尾地域) -2015年06月09日

    6月6日、7日の2日間に渡り、T様邸の完成見学会を行いました。先ずは今回の完成見学会を快諾してくださ…

3代目社長のBlogブログタイトル全一覧を見る

  • 職人の卵 -2018年07月07日

    世間では人手不足が声高に叫ばれていますが、うちの会社も今年は依頼される仕事が多く人手不足を痛感してい…

  • 古いものをあえて残す和室のリフォーム -2017年12月02日

    今回ご紹介する事例もかなり長い時間を積み重ねてきた和室のリフォームです。念のため言っておきますが弊社…

  • 椅子の修理に挑戦~豊かさについての考察 -2017年11月22日

    ひとつ前の投稿「築133年の家を住み継ぐ」のスピンオフ的なブログです。実は改修工事の最中にお客様より…

  • 築133年の家を住み継ぐ -2017年11月10日

    その男性は築133年の家のリフォームをしたいと事務所を訪ねてきました。お話を聞いてみるとその男性は6…

  • 無垢の木を使ってみませんか? -2017年08月05日

    忘れがちですが人間は自然の一部であることは間違いありません。だから自然素材に触れたり、自然素材に囲ま…

  • 栃尾のバス停 -2017年06月05日

    栃尾の各所に佇むバス停が妙に気になる。雨宿りできる屋根付きの建造物もあるかと思えば、ただぽつんとバス…

  • 雪国ならではの修繕工事から見えてきたこと -2017年05月08日

    今年は雪の量はそんなに多くはなかったのですが屋根の鼻先に雪庇ができて重くなり、雨樋が破損したり鼻先の…

  • 幸せな気分になれる?大工さんの手作り棚 -2017年03月28日

    久しぶりのブログです。今回は弊社の事務所に飾り棚を新たに設置しましたのでそちらを紹介します。まずは設…

  • 雪国の暮らし~屋根の雪下ろし -2017年01月24日

    栃尾のとある冬の日の風景を切り取ってみました。まずは雪国ならではの生活風景。雪の降らない地域では経験…

  • とちおブラ散歩 新町編 -2016年12月29日

    今回は新町地域を仕事のついでにブラついてみました。この新町とか大町あたりは栃尾城があったころから昭和…