有限会社田中工務店

PAGE TOP

屋外看板の取替え 後篇

昨日屋外看板の取替え工事が完了しましたのでご報告いたします。

先回のブログでは新規看板の作成状況の途中まででしたが今回はその続きからです。

2枚作った看板板はCチャンネルという鋼材を中に挟み、ボルトとナットを使って表裏に組み合わせます。

それが終わると看板の頭に屋根をかぶせます。

看板の頭は雪が積もる恐れもありますので丸い帽子をちょこんと載せました。

屋根が終われば後は看板の取替え作業となります。

まず足場を設置して古い看板を撤去します。

看板の鉄板をはがすと中の木下地は雨が入りこんでいたためにかなり腐食していました。

今まで強風で落ちなくて良かったと胸をなでおろしました。

看板撤去の後は鉄柱をそのまま再利用するのできれいに塗装します。

そして次はいよいよ看板の取付けです。

まずは加工場からトラックに慎重に載せて運びます。

そして現場でこれを持ちあげて鉄柱に取り付けるのですがクレーンなどの重機は使わずに僕を含めた5人でチェーンブロック等を使ってやっと取り付けたのです。

本当は一番苦労したこの作業をブログに載せたかったのに自分も必死で看板を持ちあげていたのでとても写真どころではなかったのです。

しょうがないので事後写真を・・・

さて看板を取付け終わってからちょっと心配なことが・・・

それは看板自体の重量が以前より重くなっているので風等で揺れが始まると揺れが増幅していって倒壊なんてことにならないかということです。

足場の上で看板をゆすってみると結構揺れるし、鉄柱の根入れがどのくらいあるのか不明なものですから小心者の僕としては風の吹く夜に心配で一睡もできないなんてことになるのは嫌なので鉄骨業者さんから振れ止めを建物から取ってもらいました。

最後に塗装屋さんから最終のタッチアップ補修をしてもらい、足場を解体して完成しました。

まずは日中の様子を。

続いて夜です。

もう少し暗くなってから撮れば良かったかも。これじゃ夕方ですね。

文字が思ったより目立たないような気もしますが、風景に馴染んでいてまあいいんじゃないかなぁと思います。

工務店の看板を普段扱っている木を使って自分たちで造ったことに意味があるので、もしかしたらこれは看板ではなくて自分たちのアイデンティティを示す何かシンボルのようなものではないかと思います。

これからどんな経年変化をしていくのか楽しみにして毎日このシンボルを見上げたいと思います。

2013年3月30日-4:41 PM

その他のブログの記事

  • 自然素材を使った和のリフォーム

    最近完成したお寺の庫裡(くり)のリフォーム工事についてレポートします。さて庫裡とは元々はお寺の台所をあらわす言葉なのだそうですが、一般的には住職とその家族の生活空間をあらわします。お寺といえば和のイメ…

  • 新入社員が入りました!

    4月1日に新入社員が入りました。名前は大橋陽生です。この3月に県央工業高校の建築学科を卒業したばかりの18歳です。高校1年生の時から夏休み等学校の休みを利用して弊社でアルバイトをしてくれていたのですが…

  • image

    ペレットストーブ

    今日、うちの会社でペレットストーブの実演会を行いました。僕自身がペレットストーブがどのようなものなのか実際のところ知りませんでしたので、是非本物を見てみたいということから今日の実演会が実現しました。せ…

  • image

    築47年の家のリフォーム工事②

    この梅雨時は雨の当たる外仕事はしないようにして内部の工事を進めます。雨降りの中、外の仕事をしても品質面でも作業効率の面でも良いことはありません。何より、仕事をする職人さんだって気分が良いわけありません…

  • 無垢の木を使ってみませんか?

    忘れがちですが人間は自然の一部であることは間違いありません。だから自然素材に触れたり、自然素材に囲まれた空間にいると心が落ち着くのだと思います。田中工務店の家づくりでは自然素材を使うことをお客様にお勧…

関連記事

ニュース&イベント

3代目社長のBlogブログタイトル全一覧を見る