有限会社田中工務店

PAGE TOP

山林に家を造る③~基礎~

道もできましたのでいよいよ工事開始!の前にする大事な行事。

 

「地鎮祭」です。

 

土地の神様を祝い鎮め、土地を利用させてもらうことをお願いします。それと同時に工事の安全も祈願します。

 

 

最近では地鎮祭も上棟式もしない場合があるとのことですが、遥か昔から執り行われてきた儀式には理屈ではなく何か次元の違う深い意味があるはずです。

 

さて地鎮祭も無事執り行われ、いよいよ基礎工事開始です。

 

敷地は傾斜地の切土部分がほとんどですが、一部わずかですが盛り土部分があります。地盤調査の結果、柱状地盤改良をすることとなりました。

 

セメントミルクと土を混ぜて改良杭を作ります

崖側の施工は重機が転倒しないよう慎重に施工

 

 

このトラックに載っているプラントでセメントと水を混ぜて改良材を作ります。それをホースで現場の重機まで圧送するのですが、こんなにプラントと現場の距離がある現場も珍しかったと思います。

 

水については水道がまだないので農業用水路の水を許可を得て使わせていただきました。

 

現場までの道も重機がギリギリやっと通る幅しかなかったし・・・施工業者さんには難儀をかけました。

 

地盤改良の後は通常の基礎工事となるのですがこちらも現場までのアプローチ、立地の問題で大変難儀しました。

 

 

 

とにかく運搬が大変で、アプローチの道は勾配が急なので4WDの車かキャタピラの付いた運搬車でなければ上がれません。ちょっとしたものを取りに行くには歩きです。職人さんもだいぶ脚が鍛えられたと思います。

 

工事条件は厳しいですが天気の良い日にはこんなご褒美があります。

 

 

さて基礎のスラブコンクリートの様子をご覧ください。

 

 

 

 

生コンミキサー車は市道までしか入れないので下からクレーンを使ってのコンクリート打設となりました。

 

35tonクレーンを使ったのですが、、これ以上距離が離れていたらちょっと工事は難しかったと思います。

 

次は立上り壁の型枠工事です。

 

 

 

この型枠材の運搬に使ったのがクローラーダンプです。

 

 

 

鉄筋は現場のコンクリートの中に埋まるので持って行っておしまいですが、型枠材と足場材は工事が終わったら持って帰らなければならないのです。

 

このクローラーダンプがなかったら型枠工事は2~3日は工事が遅れていたと思います。

 

さていよいよ基礎のメインイベント!立上りコンクリート打設です。

 

迫力のある光景です!

立上り壁のコンクリート打設はさすがにクレーンとホッパーという訳にはいかずポンプ車を使いましたが、普段の住宅基礎コンクリート打設で使う小型のポンプ車では全く歯が立たず大型のポンプ車でやっと打設できました。

ゼネコンの監督をしていた時は普通に見ていた大型ポンプ車ですが家業を継いでからは一度も使ったことがなかったのでなんだか懐かしい感じがしました。

以上見ての通り、道路からのアクセスが悪いと工事は困難を極めます。

それは現代の家づくりが重機や車に多くを頼っているからです。

今回の工事で道の大切さを実感したのは言うまでもありませんが道のないような利便さとかけ離れた場所だからこそ素晴らしい眺望だったり、街中では味わえない自然を体感できるのだとも思いました。

苦労の末に完成したこの住宅から見える眺めはさぞかし素晴らしいことでしょう。

次回はいよいよ建前となります。

2014年11月19日-1:51 PM

その他のブログの記事

  • 日本民家の再生~住文化の伝承

    そもそもこの仕事の話を頂いたのは昨年2012年の7月のことでした。はじめて会社の事務所でお話を聞いた時のメモ書きを読み返してみるとこんなことが書いてありました。現代風の家造りは好きでない。古民家に興味…

  • image

    自然素材にこだわった和室のリフォーム③

    和室の天井工事の続きです。廻り縁同士が直角に接する部分を留めといいますが、その部分の複雑な加工をご覧ください。これは、もちろん機械でなく昔ながらの道具で加工します。これは竿縁材と呼ばれる材料…

  • 山林に家を造る⑤~外装~

    建前が終わり、雪の降る前に足場を解体するために弊社の全勢力を外部工事に投入しました。栃尾地域でも冬の間も足場がそのまま残っている現場もありますがここは雪の量に関しては別格です。昨年の2月末の様子はこん…

  • リフォーム工事完了しました!

    少し前に工事が完了したリフォーム工事のビフォアー・アフターです。まずは外装の方から。塗装などの手入れをきちんとされていたお客さまなので傷んでいる箇所は少なかったのですがどうしても条件の悪い部分は凍害に…

  • image

    手造り家具 in tokyo ~運搬・設置編NO.1~

    ご無沙汰してスミマセン。雪解けとともに本業が忙しくなってきて、ブログの更新がこんなに遅れてしまいました。前回予告した通り、丹精込めて造った家具をいよいよ大都会tokyoに運搬して設置したレポートで…

関連記事

  • 雪国ならではの修繕工事から見えてきたこと -2017年05月08日

    今年は雪の量はそんなに多くはなかったのですが屋根の鼻先に雪庇ができて重くなり、雨樋が破損したり鼻先の…

  • 雪国の暮らし~屋根の雪下ろし -2017年01月24日

    栃尾のとある冬の日の風景を切り取ってみました。まずは雪国ならではの生活風景。雪の降らない地域では経験…

  • とちおブラ散歩 新町編 -2016年12月29日

    今回は新町地域を仕事のついでにブラついてみました。この新町とか大町あたりは栃尾城があったころから昭和…

  • リーフレット作りました -2016年12月27日

    今まで弊社は紙媒体のリーフレットがなかったのですが今年は全国商工会連合会という団体の小規模事業者持続…

  • 栃尾の冬支度 -2016年12月09日

    もうすぐ栃尾も雪景色に変わるでしょう。雪国はこの雪の降る前の時期は冬支度に忙しいのです。その代表的な…

ニュース&イベント

3代目社長のBlogブログタイトル全一覧を見る