有限会社田中工務店

PAGE TOP

山林に家を造る④~建前~

冬の足音が聞こえてくるような季節になりました。

 

何としても雪の積もる前に建前して外部の工事を終わらせないと足場が雪に埋もれてしまいます。

 

まず建前に向けて基礎工事をしている間に自社で構造材の加工をします。

 

 

 

 

今は主流となったプレカット工場に加工を依頼した場合、大工さんは建前の日まで材料を見ることもないのです。

 

弊社も忙しい場合はプレカット工場に外注しますが僕はできる限り大工さんが墨付け・加工するほうが良いと考えています。

 

図面を見ながら墨付け・加工することによって家の形が頭に刻み込まれますし設計上の問題点を発見できる場合もあるからです。

より良い建物は施主、設計者、施工者が力を合わせて造り上げるものだと思います。

 

現代はどの分野でも仕事の分業化が進んでいますが、木造住宅建築に関してはトータルで大工さんが責任をもって仕事をするほうが現場はスムーズに進むはずです。

 

大工の棟梁はそういった意味で重い責任を背負っておりますがその代り現場での権限も与えられていますのでやりがいのある仕事だと思います。

もうひとつ建前の前にやることは足場の組立てですが何と言っても足場材の運搬が大変でした。

足場業者さんはもうすぐ廃車にする4WDの軽自動車に足場材を載せ替えて小運搬してました。一度に運べる量は少なくても人力であの坂を運ぶよりはマシです。

 

足場組立て完了

問題はこの足場材をまた解体して引きあげなきゃならないことです。雪降ったら4WDでも無理そうです。

 

さていよいよ本題に入りまして11月15日の大安の日に建前を行いました。

 

あいにくの冷たい雨模様。とにかくケガのないよう祈りながらの建前開始です。

 

 

1階の柱を建てた後にお神酒と塩でで柱を清めて棟梁が工事の安全を祈願します。

 

 

さていよいよ建前開始ですが、今回の現場はレッカー作業もダイナミックで35トンクレーンの能力を最大限引き出しての作業でした。

 

 

 

建物の建つ位置がこれ以上高所で距離が離れていたら更に大きなクレーンを使わなければならず、大変なことになっていたなぁと肝を冷やしました。

 

 

僕はどちらかというと高いところが苦手なので、わずか12cm幅の梁の上でこんな風に作業できる大工さんを尊敬します。

 

ただでさえ建前は危険作業なのに雨だとすべりやすいし長くつや雨合羽での作業は身体の動きも悪くなるので危険度が増すのです。

 

 

 

この家にはアメリカ製の薪ストーブが入るのですが事前にストーブ業者さんと打ち合わせをして煙突の位置、寸法、仕様を決めています。

 

このロケーションなら薪ストーブは必須アイテムですよね。

 

薪はもちろんこの山林の木を伐採して作るのです。

 

結局一日中降った雨の中、建前も無事に完了して建物内で上棟式を執り行いました。

 

 

 

上棟式後にお施主様に言った棟梁の一言。

 

「こんな悪天候の中での建前はちょっと記憶にないです。一生忘れないと思います。」

 

確かにこの「山林の家」は全てにおいて今までに経験のないことばかりです。

次回は外装工事についてご紹介します。

果たして雪が積もる前に足場が解体できたか・・・

お楽しみに!

2014年12月20日-12:16 PM

その他のブログの記事

  • image

    映画「ウォールストリート」

    少し前になるけど「ウォールストリート」という映画を見た。僕が高校生の時にオリバーストーン監督でチャーリー・シーン主演の「ウォール街」という映画があったのを覚えていたので、最初になんの情報もなく題名を見…

  • image

    手造り家具 in tokyo 加工&納品編NO.2

    またまた、ご無沙汰のレポートとなりました。今回は無垢板を使ったローテーブルとサイドテーブルの製作・納品についてご紹介します。まずは材料となる板を選びます。弊社の置場には地元で伐った色々な材種の厚…

  • image

    ピッツァ(ピザ)の店 工事レポート⑯

    ついに工事が完成しました。クリーニングをして店内はピカピカに。テーブルと椅子も運んでやっと店らしくなりました。思えば最初の打ち合わせが昨年の6月9日でした。約1年が経過してお店という器が出来上…

  • image

    自然素材にこだわった和室のリフォーム④

    ジメジメした梅雨が早く終わらないかなぁと思う今日この頃です。さて工事の方はというと和室では長押という部材の取付けをしています。この部材は和室に必ず必要かと言えばそうでなく、最近のあっさりしたモダンな和…

  • 自然素材を使った和のリフォーム

    最近完成したお寺の庫裡(くり)のリフォーム工事についてレポートします。さて庫裡とは元々はお寺の台所をあらわす言葉なのだそうですが、一般的には住職とその家族の生活空間をあらわします。お寺といえば和のイメ…

関連記事

  • 雪国ならではの修繕工事から見えてきたこと -2017年05月08日

    今年は雪の量はそんなに多くはなかったのですが屋根の鼻先に雪庇ができて重くなり、雨樋が破損したり鼻先の…

  • 雪国の暮らし~屋根の雪下ろし -2017年01月24日

    栃尾のとある冬の日の風景を切り取ってみました。まずは雪国ならではの生活風景。雪の降らない地域では経験…

  • リーフレット作りました -2016年12月27日

    今まで弊社は紙媒体のリーフレットがなかったのですが今年は全国商工会連合会という団体の小規模事業者持続…

  • 栃尾の冬支度 -2016年12月09日

    もうすぐ栃尾も雪景色に変わるでしょう。雪国はこの雪の降る前の時期は冬支度に忙しいのです。その代表的な…

  • 猫のいえ(見附市・新築) -2016年10月18日

    室内に猫用らせん階段を設置。家族も猫も、くつろげる居間。猫用らせん階段は、ダイニングキッチン中央…

ニュース&イベント

3代目社長のBlogブログタイトル全一覧を見る

  • 無垢の木を使ってみませんか? -2017年08月05日

    忘れがちですが人間は自然の一部であることは間違いありません。だから自然素材に触れたり、自然素材に囲ま…

  • 栃尾のバス停 -2017年06月05日

    栃尾の各所に佇むバス停が妙に気になる。雨宿りできる屋根付きの建造物もあるかと思えば、ただぽつんとバス…

  • 雪国ならではの修繕工事から見えてきたこと -2017年05月08日

    今年は雪の量はそんなに多くはなかったのですが屋根の鼻先に雪庇ができて重くなり、雨樋が破損したり鼻先の…

  • 幸せな気分になれる?大工さんの手作り棚 -2017年03月28日

    久しぶりのブログです。今回は弊社の事務所に飾り棚を新たに設置しましたのでそちらを紹介します。まずは設…

  • 雪国の暮らし~屋根の雪下ろし -2017年01月24日

    栃尾のとある冬の日の風景を切り取ってみました。まずは雪国ならではの生活風景。雪の降らない地域では経験…

  • とちおブラ散歩 新町編 -2016年12月29日

    今回は新町地域を仕事のついでにブラついてみました。この新町とか大町あたりは栃尾城があったころから昭和…

  • リーフレット作りました -2016年12月27日

    今まで弊社は紙媒体のリーフレットがなかったのですが今年は全国商工会連合会という団体の小規模事業者持続…

  • 栃尾の冬支度 -2016年12月09日

    もうすぐ栃尾も雪景色に変わるでしょう。雪国はこの雪の降る前の時期は冬支度に忙しいのです。その代表的な…

  • 手作り家具~桐のローテーブルを造る~ -2016年12月06日

    軽くて使いやすいローテーブルを作ってほしいという依頼があり、お話を伺いました。依頼主は趣味で始めたハ…

  • これぞ大工さんの仕事!格天井工事 -2016年11月02日

    これぞ大工さんの仕事と言えるような工事をさせていただきました。格天井(ごうてんじょう)という呼び方の…