有限会社田中工務店

PAGE TOP

山林に家を造る⑥~冬、内部造作~

また雪がたくさん降りました。

材料は雪の降る前に建物内に運んであったので車の駐車スペースと現場までのアプローチ道路を除雪機で除雪して職人さんさえ現場にたどり着ければ工事はできるのです。

冬の間もゆっくりですが着々と工事は進んでいます。

写真の上の方に建物が見えますが、この駐車スペースからあそこまで歩いて行くのです。

除雪機を使うとこのように80cm幅の通路ができます。

ここは農道になっていたところです。

農道から現場までのアプローチ道路です。

雪がなくても結構きつい坂なので雪道となれば現場にたどり着いた時にはちょっと呼吸が乱れるほどなんです。

そしてアプローチ道路の途中にこんなものを見ることができます。

実はこの現場の仮設電気はこの発電機でまかなわれているのです。

電柱からの距離があるので電線を引いてくるより発電機のほうが現実的でした。

もちろん建物ができた際は電線を引くのですが・・・

見てのとおりこの建物は自然落雪式で斜面に沿って雪を片流れで落とします。

設計段階から落雪した雪がどのくらい積もるか気にしていたのですが、これだけの雪が降ってもウッドデッキの高さまでは積もりませんでした。ホッとしました。

さて内部の造作工事を紹介します。

床は押出発泡ポリスチレンt=50を根太間に入れ、壁と天井にはロックウールt=100を充填しています。

断熱仕様についてはもっと上の高断熱仕様もあるのですが今回はお客様との話し合いの結果このような仕様となっています。

工事中は灯油ストーブ1台置いてあるだけですがあまり寒さを感じません。


ご覧のように内部の壁と天井はほとんどシナベニヤ貼り仕上げとしました。

この家には木の仕上げが似合うはずだと思ったからなんですが、結果的にはボード貼りの仕上げにしなくてホント良かったと思います。

というのはボードの重量はシナベニヤの4倍もあるので現場搬入を考えただけでもゾッとします。

シナベニヤってコストも低く抑えられますし、きれいな仕上げ材なのでクロスだとありきたりで嫌だなぁって人にはお勧めです。

今日はここまでです。


2015年2月11日-4:06 PM

その他のブログの記事

  • image

    町屋のリフォーム④

    現場は順調に進んでいるのですがご無沙汰してしまって、久しぶりのレポートです。まずは耐震補強の様子を。このように間仕切り壁を新設とするところで入れられるところは筋かいを入れて耐震補強を行います。筋かいと…

  • image

    町屋のリフォーム⑧ 竣工

    少し前となりますが町屋のリフォーム工事が無事完成しました。思えば7月末に着工して約3ヵ月かかっての完成です。設計段階で予想していたよりも難しい工事でした。リフォーム工事は着工して壊してみないと分からな…

  • image

    お客様感謝祭

    昨日2/20(日)に長岡市川崎のパナソニックリビングショールーム長岡にて㈱志田材木店様、㈱ナイス様、パナソニック電工㈱様のご協力のもと、お客様感謝祭を開催しました。この企画は長岡近辺の工務店数社が共同…

  • これぞ大工さんの仕事!格天井工事

    これぞ大工さんの仕事と言えるような工事をさせていただきました。格天井(ごうてんじょう)という呼び方の格式の高い天井様式です。洋風建築が主流となった今の家づくりではほとんど見かけることがなくなりました。…

  • 仏壇置き場をつくるには(長岡市栃尾地域・リフォーム)

    元々先祖の仏壇が家にある人は家を建て替えるときに仏壇置き場をつくりますが、実家から独立して家を建てる人は仏壇のことまで頭が回らないのが実情だと思います。若い時は特に自分や家族が亡くなるということがリア…

関連記事

ニュース&イベント

3代目社長のBlogブログタイトル全一覧を見る