有限会社田中工務店

PAGE TOP

左官屋さんの仕事~塗り壁~(長岡市栃尾地域)

今ではめっきり減った左官屋さんによる塗り壁工事。

 

最近の家の壁はビニールクロス貼りがほとんどだと思います。

 

塗り壁というと触るとボロボロ落ちてくるというマイナスイメージをお持ちの方も多いと思います。

 

キラキラした繊維が入っている40年くらい前に流行ったセンイ壁は今でも時々見かけますがボロボロ落ちてきますよね。

 

 

一口に塗り壁と言っても種類があります。主だったものをあげると京壁(じゅらく壁)、漆喰壁、珪藻土壁などがあります。

 

 

 

 

それから塗り壁材というと全て自然素材というイメージがありますがそんなことはありません。メーカーで調合されて売り出されているじゅらく壁材や珪藻土壁材などの既調合材料はほとんどが合成樹脂やボンドといった化学物質が入っています。

 

やはり施工性の向上と乾燥を早め工事を短期間に仕上げるためにこのような化学物質を入れるのでしょう。

 

高度経済成長の建設ブームで住宅を大量供給するためにとにかく短期間に建物を完成させるために新しい技術も開発されましたし、新建材と呼ばれる新しい材料も生まれました。

 

そうした時代背景の中で職人の技術力の必要な塗り壁は既調合左官材が使われるようになり、それと同時に塗り壁よりも施工が早くて簡単なビニールクロス貼りが壁仕上げのメインとなるようになったのです。

 

高度経済施長期から40年くらい経った今を見てみると、その当時の新建材等はみっともない姿となっています。もっと昔の自然素材である木材や土壁も時間と共にもちろん古びて汚くなってきますが新建材とは違って味が出てくるんですよね。時間を吸収していくような感じです。新建材の場合はメッキがはがれるような感じで上っ面だけが本物でそれが剥がれれば粗悪な基材が見えてくるというイメージです。

 

他にも新建材の弊害がシックハウス症候群という健康被害で現れたのは御記憶に新しいかと思います。接着剤に含まれるホルムアルデヒド等の化学物質が原因とされています。

 

最近は様々なアレルギー性の病気に悩んでいる方がいますので人々の自然素材への関心はだいぶ高まっていると思います。

 

そんな中、健康のために自然素材だと思って採用した塗り壁材にボンドが入っていたら嫌ですよね。

 

弊社が5年ほど前から使っているエコカロンという材料は自然素材100%です。天然の鉱物である「ゼオライト」、消石灰、海藻のり、スサ、自然顔料などの国産100%の素材からできていますので『安全・安心』です。

それからホルムアルデヒドをはじめとした有害物質、生活悪臭、不快臭を吸着するためシックハウス症候群の防止し、アトピーなどのアレルギーを和らげる効果がある『健康・快適』な壁材です。

アレルギー症状に悩まれている方、タバコの匂いやペットの匂いが気になる方には是非お勧めいたします。

また湿気の多い環境では湿気を吸着して湿度を下げ、乾燥した環境では湿気を放湿して湿度をあげる『調湿機能』がありますし、ゼオライトの効果による断熱・蓄熱作用と遠赤外線放射性に優れているので『冷暖房効果』も向上するとのことです。

詳しい商品説明は→こちら

今現在塗り壁の部屋の塗り替えにも使えますし、クロスの部屋についてはクロスをはがしたボードの上から施工可能です。

部屋についても和室だけでなく、トイレ、脱衣場、キッチン、リビング、寝室とどこにでも使えます。

1日の3分の1の時間を過ごす寝室なんかは特にお勧めしています。

寝ている間に発生する水蒸気の量は一人当たり350ccもあるそうですし、加齢臭なんかも良く話題に出ていますよね。

寝室に採用していただいたお客様からは「なんだか気持ちよく寝れるようになった」というお言葉もいただいております。

では施工の様子をご覧ください。

既存京壁をエコカロン砂壁調に塗り替えた事例です。

下塗り材には色が付いていませんのでほぼ白です。

今回の現場では上塗り材の色が今までに施工した事のない色でしたのでお客様の希望の色となるよう調色して見本を作りました。

基本的には色粉で様々な色が作れます。つまりオーダーメイドです。

仕上げ塗り完了

前に説明しましたようにこのエコカロンには一切化学物質が入っていません。既調合の塗り壁材に入っている接着ボンドの代わりには海藻のりが使われています。ですから施工後乾燥するまでの間は海の磯の香りがします。

左官屋さんの仕事はまさに『手仕事』です。

全てが均一な仕上がりの工業製品にはない味わいがあります。

自然から生まれた素材を使い、職人さんがコテで塗り込んでいくというこの『エコカロン』塗り壁をもっともっと広めていきたいと思っています。



2015年9月11日-6:28 PM

その他のブログの記事

  • とちおブラ散歩 極楽通り~表町(長岡市栃尾地域)

    栃尾に生まれ育ちながら一度も入ったことのない路地やら地域があります。 僕の中では谷内、本町、金町界隈は子供の時も歩いた記憶があるし、今も仕事でよく訪れるので馴染みのある町です。しかし何故か縁…

  • image

    自然素材にこだわったキッチンのリフォーム③

    自然素材にこだわったキッチンのリフォーム工事が完了しました。最後のレポートをしたいと思います。クリーニングも終わり、きれいになったところで今回のシステムキッチンの納入メーカーであるクリナップさんか…

  • image

    自然素材にこだわった和室のリフォーム③

    和室の天井工事の続きです。廻り縁同士が直角に接する部分を留めといいますが、その部分の複雑な加工をご覧ください。これは、もちろん機械でなく昔ながらの道具で加工します。これは竿縁材と呼ばれる材料…

  • 山林に家を造る①~着工~(長岡市栃尾地域)

    昨年よりお話をいただいて計画していました「山林に家を造る」というプロジェクトがいよいよ着工となりました。 家を建てる予定の敷地はちょっとした山の上なものですからそこに車が行けるように道をつけ…

  • image

    自然素材にこだわった和室のリフォーム⑤

    少し、ご無沙汰してしまいましたが自然素材にこだわった和室のリフォームのその後です。大工工事が終わって左官工事が始まりました。使う材料はこのブログに何度も登場している、うちの会社が今一番お勧…

関連記事

ニュース&イベント

  • 職人の卵 -2018年07月07日

    世間では人手不足が声高に叫ばれていますが、うちの会社も今年は依頼される仕事が多く人手不足を痛感してい…

  • リーフレット作りました -2016年12月27日

    今まで弊社は紙媒体のリーフレットがなかったのですが今年は全国商工会連合会という団体の小規模事業者持続…

  • 新入社員が入りました! -2016年04月07日

    4月1日に新入社員が入りました。名前は大橋陽生です。この3月に県央工業高校の建築学科を卒業したばかり…

  • T様邸「山林の家」見学会(長岡市栃尾地域) -2015年06月09日

    6月6日、7日の2日間に渡り、T様邸の完成見学会を行いました。先ずは今回の完成見学会を快諾してくださ…

3代目社長のBlogブログタイトル全一覧を見る

  • 職人の卵 -2018年07月07日

    世間では人手不足が声高に叫ばれていますが、うちの会社も今年は依頼される仕事が多く人手不足を痛感してい…

  • 古いものをあえて残す和室のリフォーム -2017年12月02日

    今回ご紹介する事例もかなり長い時間を積み重ねてきた和室のリフォームです。念のため言っておきますが弊社…

  • 椅子の修理に挑戦~豊かさについての考察 -2017年11月22日

    ひとつ前の投稿「築133年の家を住み継ぐ」のスピンオフ的なブログです。実は改修工事の最中にお客様より…

  • 築133年の家を住み継ぐ -2017年11月10日

    その男性は築133年の家のリフォームをしたいと事務所を訪ねてきました。お話を聞いてみるとその男性は6…

  • 無垢の木を使ってみませんか? -2017年08月05日

    忘れがちですが人間は自然の一部であることは間違いありません。だから自然素材に触れたり、自然素材に囲ま…

  • 栃尾のバス停 -2017年06月05日

    栃尾の各所に佇むバス停が妙に気になる。雨宿りできる屋根付きの建造物もあるかと思えば、ただぽつんとバス…

  • 雪国ならではの修繕工事から見えてきたこと -2017年05月08日

    今年は雪の量はそんなに多くはなかったのですが屋根の鼻先に雪庇ができて重くなり、雨樋が破損したり鼻先の…

  • 幸せな気分になれる?大工さんの手作り棚 -2017年03月28日

    久しぶりのブログです。今回は弊社の事務所に飾り棚を新たに設置しましたのでそちらを紹介します。まずは設…

  • 雪国の暮らし~屋根の雪下ろし -2017年01月24日

    栃尾のとある冬の日の風景を切り取ってみました。まずは雪国ならではの生活風景。雪の降らない地域では経験…

  • とちおブラ散歩 新町編 -2016年12月29日

    今回は新町地域を仕事のついでにブラついてみました。この新町とか大町あたりは栃尾城があったころから昭和…