有限会社田中工務店

PAGE TOP

左官屋さんの仕事~塗り壁~(長岡市栃尾地域)

今ではめっきり減った左官屋さんによる塗り壁工事。

 

最近の家の壁はビニールクロス貼りがほとんどだと思います。

 

塗り壁というと触るとボロボロ落ちてくるというマイナスイメージをお持ちの方も多いと思います。

 

キラキラした繊維が入っている40年くらい前に流行ったセンイ壁は今でも時々見かけますがボロボロ落ちてきますよね。

 

 

一口に塗り壁と言っても種類があります。主だったものをあげると京壁(じゅらく壁)、漆喰壁、珪藻土壁などがあります。

 

 

 

 

それから塗り壁材というと全て自然素材というイメージがありますがそんなことはありません。メーカーで調合されて売り出されているじゅらく壁材や珪藻土壁材などの既調合材料はほとんどが合成樹脂やボンドといった化学物質が入っています。

 

やはり施工性の向上と乾燥を早め工事を短期間に仕上げるためにこのような化学物質を入れるのでしょう。

 

高度経済成長の建設ブームで住宅を大量供給するためにとにかく短期間に建物を完成させるために新しい技術も開発されましたし、新建材と呼ばれる新しい材料も生まれました。

 

そうした時代背景の中で職人の技術力の必要な塗り壁は既調合左官材が使われるようになり、それと同時に塗り壁よりも施工が早くて簡単なビニールクロス貼りが壁仕上げのメインとなるようになったのです。

 

高度経済施長期から40年くらい経った今を見てみると、その当時の新建材等はみっともない姿となっています。もっと昔の自然素材である木材や土壁も時間と共にもちろん古びて汚くなってきますが新建材とは違って味が出てくるんですよね。時間を吸収していくような感じです。新建材の場合はメッキがはがれるような感じで上っ面だけが本物でそれが剥がれれば粗悪な基材が見えてくるというイメージです。

 

他にも新建材の弊害がシックハウス症候群という健康被害で現れたのは御記憶に新しいかと思います。接着剤に含まれるホルムアルデヒド等の化学物質が原因とされています。

 

最近は様々なアレルギー性の病気に悩んでいる方がいますので人々の自然素材への関心はだいぶ高まっていると思います。

 

そんな中、健康のために自然素材だと思って採用した塗り壁材にボンドが入っていたら嫌ですよね。

 

弊社が5年ほど前から使っているエコカロンという材料は自然素材100%です。天然の鉱物である「ゼオライト」、消石灰、海藻のり、スサ、自然顔料などの国産100%の素材からできていますので『安全・安心』です。

それからホルムアルデヒドをはじめとした有害物質、生活悪臭、不快臭を吸着するためシックハウス症候群の防止し、アトピーなどのアレルギーを和らげる効果がある『健康・快適』な壁材です。

アレルギー症状に悩まれている方、タバコの匂いやペットの匂いが気になる方には是非お勧めいたします。

また湿気の多い環境では湿気を吸着して湿度を下げ、乾燥した環境では湿気を放湿して湿度をあげる『調湿機能』がありますし、ゼオライトの効果による断熱・蓄熱作用と遠赤外線放射性に優れているので『冷暖房効果』も向上するとのことです。

詳しい商品説明は→こちら

今現在塗り壁の部屋の塗り替えにも使えますし、クロスの部屋についてはクロスをはがしたボードの上から施工可能です。

部屋についても和室だけでなく、トイレ、脱衣場、キッチン、リビング、寝室とどこにでも使えます。

1日の3分の1の時間を過ごす寝室なんかは特にお勧めしています。

寝ている間に発生する水蒸気の量は一人当たり350ccもあるそうですし、加齢臭なんかも良く話題に出ていますよね。

寝室に採用していただいたお客様からは「なんだか気持ちよく寝れるようになった」というお言葉もいただいております。

では施工の様子をご覧ください。

既存京壁をエコカロン砂壁調に塗り替えた事例です。

下塗り材には色が付いていませんのでほぼ白です。

今回の現場では上塗り材の色が今までに施工した事のない色でしたのでお客様の希望の色となるよう調色して見本を作りました。

基本的には色粉で様々な色が作れます。つまりオーダーメイドです。

仕上げ塗り完了

前に説明しましたようにこのエコカロンには一切化学物質が入っていません。既調合の塗り壁材に入っている接着ボンドの代わりには海藻のりが使われています。ですから施工後乾燥するまでの間は海の磯の香りがします。

左官屋さんの仕事はまさに『手仕事』です。

全てが均一な仕上がりの工業製品にはない味わいがあります。

自然から生まれた素材を使い、職人さんがコテで塗り込んでいくというこの『エコカロン』塗り壁をもっともっと広めていきたいと思っています。



2015年9月11日-6:28 PM

その他のブログの記事

  • image

    大黒柱の可能性

    昔の家には大黒柱といって、その家の構造的な軸となる太い柱がありました。最近の家であまり見られなくなった理由は構造的にそのような太い柱が必要ないということと、設計者もお客さんも今の人達(よくわからない言…

  • 店舗兼住宅の外装リフォーム

    以前に屋根を瓦から金属板葺きに替えたお宅についてご紹介しましたが今回はその続きです。先回のブログでは触れていませんでしたが、こちらのお宅はお酒の販売を主に行っている商店の店舗兼住宅なのです。お店の外装…

  • image

    キッチンのリフォーム完了しました

    突然ですが2週間ほど前より工事を始めていたキッチンのリフォーム工事が完了したのでご報告します。途中経過はお伝えできませんでしたが、こちらのお宅は台所の床・壁・天井が老朽化しているのに加え、流し台やガ…

  • 終の棲家

    先日引き渡しを終えたリフォーム工事についてレポートします。お客様は70代前半の女性で独り暮らし。その方の息子さんの家もお孫さんの家も弊社で新築工事をさせていただいた縁もあり、今回は息子さんのご紹介でお…

  • image

    木の加工を見て大工について思う

    今日は久しぶりに加工場をのぞいてみました。先日契約した和室のリフォームなのですが、お客さんの希望で全て無垢材で仕上げることに。みなさんは「和室は無垢材に決まっているだろうが!」と思われるかもしれま…

関連記事

ニュース&イベント

3代目社長のBlogブログタイトル全一覧を見る