有限会社田中工務店

PAGE TOP

店舗併用住宅増築工事 構造材加工~土台敷き(長岡市栃尾地域)

基礎工事が終わるといよいよ大工さんの登場です。基礎工事をしている間に構造材の加工をするのですが、仕口加工機をを持たない工務店はいわゆるプレカット工場に加工をしてもらうことになります。弊社はコンピューター制御の仕口加工機を21年前にだいぶ無理して購入しました。(だいぶお高いらしいです)ですから余程忙しくない限り、基本的に自社で構造材の継手仕口加工をしています。

大工さんが自分で墨付けして加工することによりその建物の構造や施工上のポイントが頭にインプットされ、現場で戸惑うことが少ないと思います。プレカット工場に加工を依頼する場合はもちろんプレカット発注前に図面のチェックをしますが、発注した後は材料を見ることなく建前の日を迎えていきなり本番!みたいな感じだと思うのです。大工さんの技術の維持・向上という側面でも自社加工がベターだと思っています。今はプレカットの外注費が業者間の競争でだいぶ安くなったためプレカット工場に外注した方がコストの面だけを見るとメリットがあるのは確かです。ですが工務店という技術を売りにして商売する会社としては技術力をどう保っていくかという方が長い目で見た時には大事なのです。では仕口加工機で加工した継手をご覧ください。

この土台が現場ではこうなります。

土台敷きの後は柱を建てて建前開始となりますが今日はここまでとさせていただきます。

2014年7月5日-6:16 PM

その他のブログの記事

  • 建前のち上棟式

    いよいよ建前の日を迎えました。まずは1階の管柱を建てます。その後は棟梁が工事の安全を祈願して建物の中心付近で塩とお神酒を捲きます。屋根下地のシージングボードは雨音が屋内に響くのを軽減します。金属板貼…

  • 椅子の修理に挑戦~豊かさについての考察

    ひとつ前の投稿「築133年の家を住み継ぐ」のスピンオフ的なブログです。実は改修工事の最中にお客様より、「気に入っていた椅子が壊れたのだけど修理できないか?」との相談を受けました。下の写真は仕上げの布及…

  • お寺の手すり工事をして思ったこと(長岡市栃尾地域・改修)

    いつもお世話になっているお寺様より手すりを付けてほしいとの依頼があり、お話を伺いました。最近はお参りに来る人の高齢化が進み、本堂に上がるのに大変苦労している人が多いので階段に手すりをつけてほしいとのこ…

  • image

    キッチンのリフォーム完了しました

    突然ですが2週間ほど前より工事を始めていたキッチンのリフォーム工事が完了したのでご報告します。途中経過はお伝えできませんでしたが、こちらのお宅は台所の床・壁・天井が老朽化しているのに加え、流し台やガ…

  • image

    子守り

    今日は妹の2番目の子供の楽叶(がくと)を我が家で預かっています。なんでも長女の陽向(ひなた)を医者に連れていくために面倒見てほしいとのこと。がっくんは現在1歳3カ月。歩き始めてもうだいぶ経つので、今で…

関連記事

ニュース&イベント

3代目社長のBlogブログタイトル全一覧を見る