有限会社田中工務店

PAGE TOP

店舗併用住宅増築工事 着工~基礎

今回の工事、増築とはいっても既存建物とほぼ同じ床面積の建物が隣に建って、更につなげるのですから普通の新築工事以上に難易度の高い工事です。最初にお話を頂いたのは平成25年1月ですから1年半も前になります。既存建物が20年前に建築した木造3階建のため、現行の建築基準法には適合していません。この既存不適格建築物に店舗併用住宅を増築して床面積が約2倍となるのですから建築基準法や消防法で色々な制約がでてきます。お客様の要望を聞きながら法律にも適合させる作業は困難を極め、計画がまとまるのに本当に長い時間を要しました。また1階の建物用途が車庫・店舗ということで耐力壁の配置に制限がありますので構造計画・構造設計も難しかったです。そんな苦労の末、5月下旬に建築確認済証を受領して着工となりました。新しく増築する部分には古い鉄骨造の建物がありましたが、これは別途解体業者により解体して弊社は更地の状態からのスタートです。

 

工事着工前にまず最初に行うのは地鎮祭です。お清めと共に工事の安全も祈願してもらいます。

地盤調査の結果、表層地盤改良が必要と判定。深さ1.1mくらいの地盤を固化材を添加して改良しました。

地盤改良が完了した後は排水管の布設工事です。一般の住宅では縁の下に配管しますが、この建物は縁の下がありませんので土間スラブの下に配管をあらかじめ施工する必要があります。更にこの排水管は隣の既存建物の排水も兼ねてます。つまこの段階でも使用している排水管なのです。

次は地中梁の部分を残しながらスラブ下の高さまで砕石を入れていく工事です。普通の木造住宅ではべた基礎で地中梁が入ることはまずないと思いますがこの建物は構造計算の結果、必要となってます。

この高さ35cmもある砕石の山が崩れないように斜面に硬練りコンクリートをなでつけます。

 

この後は基礎の位置を正確に墨出しするために厚さ50㎜でコンクリートを打ちます。これを捨てコンクリートと言うのですが変な呼び方ですよね。この捨てコンは構造的な強度には全く関係がないためにこんな呼び方なのですかね。

 

この後は地盤からの湿気が床コンクリートに上がらないように防湿ポリフィルムを敷きます。

次は基礎の鉄筋組立てです。構造計算により鉄筋の太さや間隔が決まっています。同時にコンクリート型枠の組立ても行いました。

そして基礎工事のメインイベントとなる床スラブのコンクリート打設を行いました。ポンプ圧送車と生コン車を県道に縦列配置しての作業となりますのであらかじめ警察に道路使用許可申請を提出して許可を得て、近隣の皆さまにもお知らせをしての作業です。片側交互通行となりますので交通誘導員も2名配置して事故のないように作業します。

コンクリート打設後に固まり具合をみて金ゴテで平らに仕上げます。建築用語では金ゴテ押えと言うのですが、ある程度力を加えて上から押えるようにして撫ぜるのです。その時の作業員はまだ完全に固まっていないコンクリートを傷つけないようにかんじきみたいな履き物でコンクリートの上を歩きます。

この床がそのまま仕上げとなるコンクリート打設の日は絶対に雨に当たられないようにしなければなりません。この日は運よく快晴で降水確率も0%でした。ただし気温が高すぎるとコンクリートが固まるのも早いので金ゴテ押えが間に合わないなんてこともありえます。建築も土木もそうですが建設工事というのは本当に天候に左右される仕事なのです。この後は基礎の立上り部分の施工をして基礎工事は完了となります。

今回はここまでのレポートとさせていただきます。この後は大工さんがいよいよ登場となりますので、こうご期待を!

2014年6月27日-6:32 PM

その他のブログの記事

  • image

    日本アカデミー賞

    2月18日に日本アカデミー賞の発表がありました。『悪人』の主演、助演共男優賞と女優賞の4冠を取った段階では作品と監督もいくんじゃないかと思ったけど『告白』が取りましたね。ノミネートされた中では『告白』…

  • image

    自然素材にこだわったキッチンのリフォーム③

    自然素材にこだわったキッチンのリフォーム工事が完了しました。最後のレポートをしたいと思います。クリーニングも終わり、きれいになったところで今回のシステムキッチンの納入メーカーであるクリナップさんか…

  • 築133年の家を住み継ぐ

    その男性は築133年の家のリフォームをしたいと事務所を訪ねてきました。お話を聞いてみるとその男性は60代後半で高校卒業後は栃尾を離れ東京で仕事をしてきたそうですが仕事の関係で海外に滞在することも多くい…

  • image

    ある日の風景

    現場に行く途中に思わず車を停めてデジカメで撮影したのがコレです。こんなにたくさんの高所作業車が並んで作業しているのを見たのは初めて。なんと7台!ダイナミックな作業だなぁって。チマチマやるより一気にやれ…

  • 山林に家を造る⑥~冬、内部造作~

    また雪がたくさん降りました。材料は雪の降る前に建物内に運んであったので車の駐車スペースと現場までのアプローチ道路を除雪機で除雪して職人さんさえ現場にたどり着ければ工事はできるのです。冬の間もゆっくりで…

関連記事

ニュース&イベント

  • 職人の卵 -2018年07月07日

    世間では人手不足が声高に叫ばれていますが、うちの会社も今年は依頼される仕事が多く人手不足を痛感してい…

  • リーフレット作りました -2016年12月27日

    今まで弊社は紙媒体のリーフレットがなかったのですが今年は全国商工会連合会という団体の小規模事業者持続…

  • 新入社員が入りました! -2016年04月07日

    4月1日に新入社員が入りました。名前は大橋陽生です。この3月に県央工業高校の建築学科を卒業したばかり…

  • T様邸「山林の家」見学会(長岡市栃尾地域) -2015年06月09日

    6月6日、7日の2日間に渡り、T様邸の完成見学会を行いました。先ずは今回の完成見学会を快諾してくださ…

3代目社長のBlogブログタイトル全一覧を見る

  • 職人の卵 -2018年07月07日

    世間では人手不足が声高に叫ばれていますが、うちの会社も今年は依頼される仕事が多く人手不足を痛感してい…

  • 古いものをあえて残す和室のリフォーム -2017年12月02日

    今回ご紹介する事例もかなり長い時間を積み重ねてきた和室のリフォームです。念のため言っておきますが弊社…

  • 椅子の修理に挑戦~豊かさについての考察 -2017年11月22日

    ひとつ前の投稿「築133年の家を住み継ぐ」のスピンオフ的なブログです。実は改修工事の最中にお客様より…

  • 築133年の家を住み継ぐ -2017年11月10日

    その男性は築133年の家のリフォームをしたいと事務所を訪ねてきました。お話を聞いてみるとその男性は6…

  • 無垢の木を使ってみませんか? -2017年08月05日

    忘れがちですが人間は自然の一部であることは間違いありません。だから自然素材に触れたり、自然素材に囲ま…

  • 栃尾のバス停 -2017年06月05日

    栃尾の各所に佇むバス停が妙に気になる。雨宿りできる屋根付きの建造物もあるかと思えば、ただぽつんとバス…

  • 雪国ならではの修繕工事から見えてきたこと -2017年05月08日

    今年は雪の量はそんなに多くはなかったのですが屋根の鼻先に雪庇ができて重くなり、雨樋が破損したり鼻先の…

  • 幸せな気分になれる?大工さんの手作り棚 -2017年03月28日

    久しぶりのブログです。今回は弊社の事務所に飾り棚を新たに設置しましたのでそちらを紹介します。まずは設…

  • 雪国の暮らし~屋根の雪下ろし -2017年01月24日

    栃尾のとある冬の日の風景を切り取ってみました。まずは雪国ならではの生活風景。雪の降らない地域では経験…

  • とちおブラ散歩 新町編 -2016年12月29日

    今回は新町地域を仕事のついでにブラついてみました。この新町とか大町あたりは栃尾城があったころから昭和…