有限会社田中工務店

PAGE TOP

店舗兼住宅の外装リフォーム

以前に屋根を瓦から金属板葺きに替えたお宅についてご紹介しましたが今回はその続きです。先回のブログでは触れていませんでしたが、こちらのお宅はお酒の販売を主に行っている商店の店舗兼住宅なのです。お店の外装と言えば、いわば店の顔となるわけですので僕もどんな感じのリフォームにするか色々考えました。まずは工事前の外装がどんなだったかをご覧ください。


まず思ったのは切妻屋根の先に母屋があらわしになっているのでこれはそのままデザイン上のアクセントとして使おうということ。最近はこの母屋という部材は軒天の中に隠すのが主流です。隠すということは屋根の鼻先は厚くて重たい感じのデザインになってしまいます。母屋をあらわしにすることで屋根の鼻先が軽やかになるのです。母屋をよく調べると長い年月の風雨にさらされて風化していましたので黒の木材保護塗料で塗装して母屋先端はギングロ色のガルバリウム鋼板で巻きました。母屋先端を板金巻きする理由は木の小口は水を吸いやすく、保護しないと木の腐食が進みやすいためです。

 

さて外壁をどうするかですが、リフォーム前は一部が木板横貼りとなっている以外はアタンと呼ばれている金属板貼りでした。こちらは時間の経過とともに錆が出てきています。

木板横貼りの部分は15年ほど前に店舗をリフォームした際に施工したのでいい感じに古くなってます。ここはもちろんそのまま残してアタンの部分をどうするかなのですが、店舗という建物用途からすれば目立つほうが良いのかもしれませんが僕は廻りの樹木が生い茂る環境に違和感なく溶け込むようにウッドロングエコ塗りの杉板貼りがいいと思いました。

この違和感なくというのがポイントで前々からそこに自然に建っていた感じというのでしょうか?人の造った人工物であるのですが、まるで自然にそこに生えている樹木のようなイメージでいこうと思いました。このイメージをスケッチしたのがこれです。

このスケッチをお客様に見てもらいながらリフォームの説明と僕の思いを伝えさせていただいた結果、提案を受け入れていただきました。お客様も想像するにアウトドア派というか自然派の方だと思いましたので何となく受け入れてくれるんじゃないかという予感が実はありましたけどね(*^_^*)今気付いたけど、なんだか紹介の順番がめちゃくちゃですね。ご勘弁ください。それでは最後に完成写真をご覧ください。(着工前と比べてみてください)



 

2012年12月4日-1:25 PM

その他のブログの記事

  • 2015年仕事始めにあたり考えること

    新年明けましておめでとうございます。本日1月5日より2015年(平成27年)の仕事始めです。とは言っても事務方の私と私の母だけが仕事で現場の人達は明日から仕事初めとなります。さて申し遅れましたが実は昨…

  • 栃尾の冬支度

    もうすぐ栃尾も雪景色に変わるでしょう。雪国はこの雪の降る前の時期は冬支度に忙しいのです。その代表的な冬支度が『雪囲い』です。雪の降らない地域の人には『雪囲い』の意味が分からないと思いますがまずは建物の…

  • image

    自然素材にこだわった和室のリフォーム⑤

    少し、ご無沙汰してしまいましたが自然素材にこだわった和室のリフォームのその後です。大工工事が終わって左官工事が始まりました。使う材料はこのブログに何度も登場している、うちの会社が今一番お勧…

  • image

    屋根の雪降ろし手伝いました

    以前の記事で書いたとおり僕は大工の子供として生まれたのにどういう訳か高いところが苦手なんです。これは自分にとっては大変なコンプレックスで田中工務店のせがれ(長男)としては本当に肩身の狭い思いをしてき…

  • image

    町屋のリフォーム⑥

    今日はフローリング貼りの状況から。このようにリフォームの場合は既存のフローリングの上に新しいフローリングを増し貼りすることがよくあります。既存のフローリングを下地材として利用することで丈夫な床と…

関連記事

ニュース&イベント

3代目社長のBlogブログタイトル全一覧を見る