有限会社田中工務店

PAGE TOP

手作りキッチンとカップボード

前から家具造りには興味がありました。

家をデザインして施工するのと家具をデザインして作るのは似ているようで微妙に違います。

家具職人に家を建ててもらうのはかなり難しいことだと思いますが、大工さんに家具を作ってもらうのは最初は失敗もするでしょうけど経験を積めば可能なことです。

家は設計士による設計で自由なデザインで建てたけれど、家具はそこらへんにある家具屋さんに並んでいる商品の中から何となくイメージに合うものを選んだなんてのが一般的だと思います。

もちろん既製品ですので大きさが決まっているため、部屋に置くとちょっと隙間が出たり、入れたい物が入らなかったりということが考えられます。

設計する側からすると本来なら家具やカーテンなどまで含めてトータルデザインするのが望ましいのですが、家具を家具屋さんに注文して作ってもらうと正直高くつきます。

そこで考え付くのがうちの大工が家具を作れれば既製品家具には敵わないまでも家具屋さんに作ってもらうよりは安くつくだろうということです。

仕組みの簡単な家具については経験を積んできたのでいけると思います。

ただし、無垢材を使った場合は収縮や反りが出たりしているのでリスクがまだあります。集成材なら問題ないかと思います。

つい最近の物件で中古の既製品流し台の抽斗と扉を赤松集成材に取り替えてみたら意外と手作り感満載のオリジナルキッチンができたのでご紹介したいと思います。

とあるキッチンのリフォーム現場で不要になった流し台が捨てるにはもったいないくらいきれいだったので捨てずに弊社の倉庫で保管しておいたことから物語は始まります。

通常の流し台は内部にポリ合板が貼ってあるのがほとんどでキッチンの入替え時には長年の湿気やこぼれた調味料等でかなり傷みが激しいものがほとんどです。

しかし今回の流し台は使用年数が短いうえに内部がステンレス貼りという掘り出しものでした。

下の写真がその掘り出し物です。

この流し台が大変身します


保管してから数カ月経ち、幸運なことに『簡単な料理ができる程度のミニキッチン』を造りたいというお客さんが現れました。

間取りを実測すると、保管してある中古の流し台がぴったり入る大きさでした。

このミニキッチンにはもう一つ要望があって、それはオリジナルのカップボードを造ってほしいということでした。

そこで中古のキッチンの扉をオリジナルデザインのカップボードと同じ赤松集成材にして統一感のあるキッチンにしてはどうですかと提案しました。

結果は下の写真をご覧ください。

生まれ変わった流し台


赤松集成材の扉に白の自然塗料を塗りました


中を見ると

金物はそのまま再利用しています


そしてオリジナルデザインのカップボードはというと

オリジナルデザインのカップボード


建具は吊戸


建具の引き手は框に彫り込みを入れただけです


流し台とカップボードの材料が統一されると部屋のトータルイメージもシンプルですっきりした感じとなります。

白と茶で統一された室内


こんな感じで家具のデザインと施工にもチャレンジしてます。

部屋のデザインと大きさにぴったり合った家具をいかがですか?

人気ブログランキングへ

2011年9月13日-4:05 PM

その他のブログの記事

  • image

    築47年の家のリフォーム工事②

    この梅雨時は雨の当たる外仕事はしないようにして内部の工事を進めます。雨降りの中、外の仕事をしても品質面でも作業効率の面でも良いことはありません。何より、仕事をする職人さんだって気分が良いわけありません…

  • image

    なにこれ珍部屋

    ある日気づいたら寝室の壁に緑のツルが生えてきて・・・1週間もするとこんなに伸びて・・・生えてきた場所は長押(なげし)と呼ばれる部材のところで、何かの拍子で種が飛んできて何かの拍子で芽が出たのかなと思っ…

  • image

    祝開店!ピッツァの店 アルベーロ

    ついにこの日がやってきました。5月23日(月)11:00にめでたくアルベーロがオープンしました。店の外にはお祝いの花が飾られて華やかでした。オープン時は混雑していて僕なんか行くと迷惑になるので…

  • image

    大雨の傷跡

    7月29日から30日にかけて大雨が新潟と福島を襲いました。報道では三条の下田地域と十日町と阿賀市の被害が多数伝えられていますが、我が栃尾も下田に近い地域を中心に甚大な被害を受けました。7月29日の…

  • ピッツァの店 工事レポート⑤(長岡市栃尾地域)

    厨房の床コンクリートも打ち終わり、今週は工事の山場を迎えます。 月曜日は厨房と客席の間の対面式間仕切り壁の工事が始まりました。   客席のカウンターと厨房の間は…

関連記事

  • 関連する記事はありません

ニュース&イベント

  • 職人の卵 -2018年07月07日

    世間では人手不足が声高に叫ばれていますが、うちの会社も今年は依頼される仕事が多く人手不足を痛感してい…

  • リーフレット作りました -2016年12月27日

    今まで弊社は紙媒体のリーフレットがなかったのですが今年は全国商工会連合会という団体の小規模事業者持続…

  • 新入社員が入りました! -2016年04月07日

    4月1日に新入社員が入りました。名前は大橋陽生です。この3月に県央工業高校の建築学科を卒業したばかり…

  • T様邸「山林の家」見学会(長岡市栃尾地域) -2015年06月09日

    6月6日、7日の2日間に渡り、T様邸の完成見学会を行いました。先ずは今回の完成見学会を快諾してくださ…

3代目社長のBlogブログタイトル全一覧を見る

  • 職人の卵 -2018年07月07日

    世間では人手不足が声高に叫ばれていますが、うちの会社も今年は依頼される仕事が多く人手不足を痛感してい…

  • 古いものをあえて残す和室のリフォーム -2017年12月02日

    今回ご紹介する事例もかなり長い時間を積み重ねてきた和室のリフォームです。念のため言っておきますが弊社…

  • 椅子の修理に挑戦~豊かさについての考察 -2017年11月22日

    ひとつ前の投稿「築133年の家を住み継ぐ」のスピンオフ的なブログです。実は改修工事の最中にお客様より…

  • 築133年の家を住み継ぐ -2017年11月10日

    その男性は築133年の家のリフォームをしたいと事務所を訪ねてきました。お話を聞いてみるとその男性は6…

  • 無垢の木を使ってみませんか? -2017年08月05日

    忘れがちですが人間は自然の一部であることは間違いありません。だから自然素材に触れたり、自然素材に囲ま…

  • 栃尾のバス停 -2017年06月05日

    栃尾の各所に佇むバス停が妙に気になる。雨宿りできる屋根付きの建造物もあるかと思えば、ただぽつんとバス…

  • 雪国ならではの修繕工事から見えてきたこと -2017年05月08日

    今年は雪の量はそんなに多くはなかったのですが屋根の鼻先に雪庇ができて重くなり、雨樋が破損したり鼻先の…

  • 幸せな気分になれる?大工さんの手作り棚 -2017年03月28日

    久しぶりのブログです。今回は弊社の事務所に飾り棚を新たに設置しましたのでそちらを紹介します。まずは設…

  • 雪国の暮らし~屋根の雪下ろし -2017年01月24日

    栃尾のとある冬の日の風景を切り取ってみました。まずは雪国ならではの生活風景。雪の降らない地域では経験…

  • とちおブラ散歩 新町編 -2016年12月29日

    今回は新町地域を仕事のついでにブラついてみました。この新町とか大町あたりは栃尾城があったころから昭和…