有限会社田中工務店

PAGE TOP

手造り家具 in tokyo ~加工編No.1~

図面と見積りをクライアントに提出して確認してもらったところ、「これでつくってください」との返事をいただきました。

今回は注文のボリュームが大きいので、どちらにしろ一度での運搬は無理!・・・ということで本棚を先につくることにしました。

ローテーブルとベッドサイドテーブルは第2弾で。。。

高さが2400mmもある本棚の加工の様子から。

設計図に従って各パーツの加工が完了。


組立ての様子


たくさんの本棚が組みあがっていきます。


塗装前のサンドペーパー掛けの様子


塗装はこのサンドペーパーで表面を平滑にするのが大事です。

色々なことに共通することだと思いますが、メインの作業前の準備だったり処理をきちんとすることが良い仕事をする秘訣なのです。

1回目の塗装の様子


この本棚は壁の色に合わせて白の塗装としました。

本棚があんまり浮き立つのを避けるためです。

仕上げ塗りの様子


仕上げ塗りの後は十分乾燥させます。

この写真で分かるかわかりませんがこの本棚は下から上にいくに従って奥行きが狭まっている、横から見ると斜めになった本棚です。

クライアントとの打ち合わせでハードカバーと文庫・新書の割合が6:4くらいとの事だったので上の方は文庫・新書を下の方はハードカバーなどの大きな本を2列で入れられるようにしました。

この斜め本棚の良いところはまず下が広いので倒れにくい安定した形であること。

それから高い本棚が人間に与える圧迫感を和らげる作用があります。

さて次は自分の好きなように積み上げられるキューブ型の箱棚なのですが、これはいろんなところで作られて売られていますね。

うちで造ったのは角を斜めにカットしたキューブです。

キューブ×1とその2倍のキューブ×2です。

キューブ×1の製作の様子


キューブ×2の製作の様子


こんな感じになります


このキューブ×1とキューブ×2を使う人が好きなように積み重ねてオリジナルの棚となるのです。

色もこんな感じで3色つくってみました。

キューブ×1 3パターンの色で



後ほどのレポートで部屋にセッティングした様子も紹介したいと思います。

今日はここまでです。

次はこの本棚とキューブの運搬・設置の様子を・・・お楽しみに!

人気ブログランキングへ

2012年4月24日-5:37 PM

その他のブログの記事

  • image

    どうなる日本!どうする日本!

    日本という国の根幹を揺さぶるような大きな問題がいくつも重なって起こっている。地震・津波による広範囲にわたる壊滅的な被害。福島原発の事故。東京電力、東北電力管内での電力不足による計画停電。今回の災害をき…

  • ピッツァ(ピザ)の店 工事レポート⑥(長岡市栃尾地域)

    工事は順調に進んで、昨日はカウンターを取り付けました。 地元で伐ったモミの木の厚さ75mmの無垢板を使い、存在感のある空間になりました。 それと厨房に入るピザ釜の乗っかる亜鉛メッキ…

  • image

    ピッツァ(ピザ)の店 工事レポート⑯

    ついに工事が完成しました。クリーニングをして店内はピカピカに。テーブルと椅子も運んでやっと店らしくなりました。思えば最初の打ち合わせが昨年の6月9日でした。約1年が経過してお店という器が出来上…

  • 感謝祭~タカラショールーム~

    1月26日(土)にタカラスタンダード様の長岡ショールームを使わせていただきまして8社の工務店合同でお客様感謝祭を開催しました。当日はあいにくの猛吹雪という天気でしたが6組のお客様に来ていただき、タカラ…

  • ペットと暮らす家

    先日、引き渡しをした改築の家(建て直しの意味なので新築と同じです。)についてご紹介します。施主様は弊社が取引している材木店の従業員さんで25年ほど前はうちの担当営業だった方です。お話を聞くと「建て売り…

関連記事

  • 関連する記事はありません

ニュース&イベント

3代目社長のBlogブログタイトル全一覧を見る