有限会社田中工務店

PAGE TOP

断熱・気密・24H換気

新築の現場は順調に工事が進んでいます。

今回はこの家の断熱と気密と換気についてです。

現時点で新築する住宅の居室は1時間当たり0.5回つまり2時間で1回部屋の空気が入れ替わるだけの換気をするよう法律で定められています。これがいわゆる24時間換気といわれるものです。

なぜこのような法律が定められたかというと建築後の住宅で建築材料や家具、日用品などから発散する化学物質による室内空気の汚染によるめまい、吐き気、頭痛、目やのどの痛みといった症状を発生させるいわゆる『シックハウス症候群』への対策なのです。

もちろん建築資材も規制がかかり、そういった化学物質を含んでいないものやら量の少ないものとなってきていますが、家具やら日用品からの発散もありますので室内の化学物質の濃度を下げるために換気をしようということなのです。

昔の家ははっきり言って隙間だらけで勝手に自然換気をしていたのですが現在の家造りは断熱の効果を上げるために気密性も良くなっています。そこできちんと計画的に換気をしないと室内空気の汚染に繋がってしまう訳です。

なんだか昔の隙間だらけの家の方が良かったみたいな話に聞こえるかもしれませんが、少ないエネルギーで家を暖かくする、涼しくするほうが省エネの観点から見ても正しいことだと思います。

さて今回の現場の断熱から紹介します。

以前に基礎断熱は紹介しましたが、基礎断熱にするということは床下空間は外から遮断するということです。

ここで怖いのは基礎コンクリートの湿気が抜け切る前に床下空間を密閉してしまうことで、今回は湿度センサー付きの換気扇を床下に2台設置して床下に発生する湿気に対応することにしました。

木造住宅の一番の敵は湿気です。湿気によって木は腐り、湿気にシロアリは寄ってきます。

この断熱仕様は国の定める次世代省エネ基準の省エネ対策等級4にあたります。

新潟という地域性を考えると断熱についてはきちんとしたものを提供するのが我々建築業者の使命だと思います。

それからサッシについても一言。

外がアルミ、内が樹脂の複合断熱サッシのペアガラスですが、今回は居室となる部屋については熱反射式のLow-Eガラスを使用して夏の日差しによる室温の上昇を抑えるようにしています。

Low-Eガラスも昔に比べてコストが下がりましたので、使いやすくなりました。これからはもっとポピュラーになってくると思います。

さて、最後に紹介するのは24時間集中換気システムです。

このシステムは外気を各居室に配置された自然吸気口より取り入れて排気は計画的に配置された排気口から室内の空気を吸ってダクトで1台の換気機械に集めファンで1ヶ所で排気するというシステムです。

今回採用した日本住環境㈱ルフロ400というシステムはコンパクトサイズで十分な換気量があり、運転音もとても静か、そして24時間運転でも1カ月100円以下の電気代しかかからない優れ物です。

24時間換気については弊社では今まで、トイレの換気扇などを利用して対応していましたが法的にクリアーしていても実際の効果は?というととても疑問でした。

断熱・気密性が向上しているのに換気が不十分だというのは、健康被害や結露などという思わぬ問題も起こしかねません。

それでは換気システムの施工の様子を・・・

実際にこの家に人が住んでみて換気システムを運転してみないと評価はできませんが、すでに実績のある機械ですから問題ないと思います。引き渡し後に温熱環境のデータを取ったり、お客様の感想を聞いてみて検証したいと思います。

2012年10月4日-6:39 PM

その他のブログの記事

  • image

    映画「ウォールストリート」

    少し前になるけど「ウォールストリート」という映画を見た。僕が高校生の時にオリバーストーン監督でチャーリー・シーン主演の「ウォール街」という映画があったのを覚えていたので、最初になんの情報もなく題名を見…

  • image

    中学生が職場体験に来ました!

    7月に栃尾高校の生徒さんが職場体験に来たばかりですが今度は刈谷田中学校の3年生が職場体験に来てくれました。やってきたのは中学3年生の男子生徒3名。いつもそうですが初日の1時間くらいは僕の出番で、う…

  • 椅子の修理に挑戦~豊かさについての考察

    ひとつ前の投稿「築133年の家を住み継ぐ」のスピンオフ的なブログです。実は改修工事の最中にお客様より、「気に入っていた椅子が壊れたのだけど修理できないか?」との相談を受けました。下の写真は仕上げの布及…

  • 左官屋さんの仕事~塗り壁~(長岡市栃尾地域)

    今ではめっきり減った左官屋さんによる塗り壁工事。 最近の家の壁はビニールクロス貼りがほとんどだと思います。 塗り壁というと触るとボロボロ落ちてくるというマイナスイメージをお持ちの方…

  • 新入社員が入りました!

    4月1日に新入社員が入りました。名前は大橋陽生です。この3月に県央工業高校の建築学科を卒業したばかりの18歳です。高校1年生の時から夏休み等学校の休みを利用して弊社でアルバイトをしてくれていたのですが…

関連記事

  • 関連する記事はありません

ニュース&イベント

  • 職人の卵 -2018年07月07日

    世間では人手不足が声高に叫ばれていますが、うちの会社も今年は依頼される仕事が多く人手不足を痛感してい…

  • リーフレット作りました -2016年12月27日

    今まで弊社は紙媒体のリーフレットがなかったのですが今年は全国商工会連合会という団体の小規模事業者持続…

  • 新入社員が入りました! -2016年04月07日

    4月1日に新入社員が入りました。名前は大橋陽生です。この3月に県央工業高校の建築学科を卒業したばかり…

  • T様邸「山林の家」見学会(長岡市栃尾地域) -2015年06月09日

    6月6日、7日の2日間に渡り、T様邸の完成見学会を行いました。先ずは今回の完成見学会を快諾してくださ…

3代目社長のBlogブログタイトル全一覧を見る

  • 職人の卵 -2018年07月07日

    世間では人手不足が声高に叫ばれていますが、うちの会社も今年は依頼される仕事が多く人手不足を痛感してい…

  • 古いものをあえて残す和室のリフォーム -2017年12月02日

    今回ご紹介する事例もかなり長い時間を積み重ねてきた和室のリフォームです。念のため言っておきますが弊社…

  • 椅子の修理に挑戦~豊かさについての考察 -2017年11月22日

    ひとつ前の投稿「築133年の家を住み継ぐ」のスピンオフ的なブログです。実は改修工事の最中にお客様より…

  • 築133年の家を住み継ぐ -2017年11月10日

    その男性は築133年の家のリフォームをしたいと事務所を訪ねてきました。お話を聞いてみるとその男性は6…

  • 無垢の木を使ってみませんか? -2017年08月05日

    忘れがちですが人間は自然の一部であることは間違いありません。だから自然素材に触れたり、自然素材に囲ま…

  • 栃尾のバス停 -2017年06月05日

    栃尾の各所に佇むバス停が妙に気になる。雨宿りできる屋根付きの建造物もあるかと思えば、ただぽつんとバス…

  • 雪国ならではの修繕工事から見えてきたこと -2017年05月08日

    今年は雪の量はそんなに多くはなかったのですが屋根の鼻先に雪庇ができて重くなり、雨樋が破損したり鼻先の…

  • 幸せな気分になれる?大工さんの手作り棚 -2017年03月28日

    久しぶりのブログです。今回は弊社の事務所に飾り棚を新たに設置しましたのでそちらを紹介します。まずは設…

  • 雪国の暮らし~屋根の雪下ろし -2017年01月24日

    栃尾のとある冬の日の風景を切り取ってみました。まずは雪国ならではの生活風景。雪の降らない地域では経験…

  • とちおブラ散歩 新町編 -2016年12月29日

    今回は新町地域を仕事のついでにブラついてみました。この新町とか大町あたりは栃尾城があったころから昭和…