有限会社田中工務店

PAGE TOP

木のこと

木って大きな分類でいえば我々人間と同じ生き物なんですよね。最近の家は木造とはいえ、木が見えていない場合が多いですよね。真壁造りという構造材である柱があらわしになっている造りは現在では和室にあるかどうかというところです。本来なら構造材が室内にあらわしになっていたほうが湿気などによる傷みも出にくいし、何より常に構造材を目でチェックできます。そして自重や風圧力、積雪荷重、地震によって建物に加わる力に対してこれらの構造材がバランスよく配置され均衡がとれている姿には構造美といった美しさがあると思います。鍛え上げられた人間の筋肉が美しいように建物にかかる力を無駄なく(過剰な安全率を見て無駄に大きな材料を使うと野暮ったいですね)負担する構造材は美しいわけですから本来は隠す必要はない訳です。しかし、日本人は従来、無節信仰といって木の節を嫌ってきた文化的背景もあり、高価な無節材を手に入れにくくなってきたことと断熱材を壁内に入れる仕様が一般的になってきたことと、洋風の部屋作りが一般的になってきたため柱をあらわしにしない大壁造りが主流となりました。

真壁

真壁造り

大壁造り

大壁造り

かといって最近うちの会社で施工した物件も和室以外は大壁となっているのが現実です。やはり壁に充填する断熱材をなるべく厚くしたいということと、自然の節がある柱を美しく見せるデザインを自分の中で確立できていない為、お客様を説得する自信がないという理由からです。それでは木造住宅で構造材以外に本物の無垢の木をどこで見せるかというと皆さんはフローリングが木だと言うかもしれませんが、これもほとんどが複合フローリングというベニヤ(薄い木の板を何層も接着剤で貼り合わせたもの)の上に薄くスライスした本物の銘木単板を貼ったものが主流です。そればかりか窓枠、幅木、廻り縁、木製建具など一見は木に見えるものもほとんどが木の模様に印刷したシートを貼ってるのが既製品として出廻っていて、多くのハウスメーカーや工務店が採用しているのが現状というありさまで木造住宅とは言っても本物の木を見ることができないのです。なぜこうなったかと言うと現代の日本人が家に求めるのはメンテナンスが楽なもので経年による変化がなるべく少ない材料だからだと思います。自然の木はいくら乾燥材とは言っても暖房などによる乾燥収縮や反りが出るものです。特に最近は建物の気密性も良くなり家が急激に乾燥することがありますので顕著にこういった無垢材の特性があらわれやすくなっています。うちはなるべく地元の自然の木を使いたいということでお客様に無垢の木でカウンターやらテーブルを造る事を提案しているのですが、竣工してしばらくするとやはり乾燥収縮によるひび割れや、反りといった症状が出てきます。お客様には「これは自然のものなのである程度しょうがないのでしばらく様子を見ましょう」ということになります。しかし木自体の反りにつきましては直すことはできないのでその反りの影響で隙間ができた壁などの補修をさせていただく事になります。事前に無垢の木は反る場合がありますというのをきちんと伝えていないとお客さまによっては不良品と受け取られるかもしれません。それでは無垢の木の良いところをあげましょう。まずは触った時の温かみが違います。複合フローリングと無垢フローリングを冬に裸足で歩き比べれば分かります。複合フローリングもそうですが無垢のフローリングでも表面にウレタン塗装のような膜を張る塗装をしても表面がひんやりします。ですから無垢板の上に塗る塗料は浸透性のオイルフィニッシュみたいなものが良いと思います。しかし傷が付きにくいのは膜を張る塗装の方であるのは言うまでもありません。ここで僕が思うのは傷ってやっぱり付かない方がいいのですかねぇってことなんです。たとえば車、これは傷が付けば価値が落ちます。では腕時計は?これは僕の中では傷も一つの味わいみたいに感じます。ではジーンズは?まっさらなジーンズは味気ないものです。履きこんでいくうちに自分の体にフィットしてきて傷や洗った時の色ムラが味わいとなってきます。まさに無垢の木で造った家はこのジーンズみたいなものと解釈したらどうでしょう。使っていくうちの経年変化を楽しみながら自分の体に合った家になってくる。時間が経っても変化しないものなんてなんだか不気味な感じがしませんか?

実は今日、うちの会社が施工してから20年経ったお客様の家に伺い、中を見せて頂きました。壁は全て真壁造りでしっくい塗り、床はヒノキの無垢縁甲板にオイルフィニッシュ仕上げ(和室はもちろん畳ですが)で風呂も壁と天井はヒノキの無垢板貼りという、まさに自然素材で造った木造住宅でした。真壁の造りはシンプルでとても美しく、しっくいは経年変化によりちょうどよい年の取り方をしてましたし、ヒノキの床板は反りも隙間も出ていましたが渋い光を放つ艶がでてきてこれぞ無垢材といった感じでした。複合フローリングが20年経つと多分下地のベニヤがところどころ顔を出しているころでしょう。その家には豪華なシステムキッチンやシステムバスや洗面化粧台があるわけでもないのですがとても豊かな家だと感じました。余計なものは一切ない(間取りやデザインにおいても言えます)シンプルな造りと住まれているご夫婦の家を大事に使う姿勢やシンプルで豊かな生活スタイルがそう感じさせるのでしょう。さりげなく飾られているものも本当にその家に馴染んでいるのです。自分が造りたい家はこういう家なんだと今日ホントに思いました。この家のようなデザインや形というわけでなく、この家のような明確なコンセプトと意志が家つくりには必要だという意味で・・・。

2011年2月24日-11:52 PM

その他のブログの記事

  • image

    とある現場の苦労

    今日は弊社で請け負った倉庫の外壁貼り替え工事についてです。商業地域のため敷地境界いっぱいに建てた建物同士の隙間はおよそ45cm。そこに足場を建てて外壁の貼り替えを行います。足場と言って…

  • image

    木の加工を見て大工について思う

    今日は久しぶりに加工場をのぞいてみました。先日契約した和室のリフォームなのですが、お客さんの希望で全て無垢材で仕上げることに。みなさんは「和室は無垢材に決まっているだろうが!」と思われるかもしれま…

  • 雪国の暮らし~屋根の雪下ろし

    栃尾のとある冬の日の風景を切り取ってみました。まずは雪国ならではの生活風景。雪の降らない地域では経験することのない屋根の雪下ろし。ご紹介するのは栃尾の中でも雪深い本所という地域です。栃尾本所地域この…

  • リノベーション見学会を開催します

    昨年、「日本民家の再生~住文化の伝承」というちょっと大げさな題名でブログを書きました。 今回、その住宅をお借りしてリノベーション見学会というイベントを開催することとなりました。 …

  • image

    ピッツァ(ピザ)の店 工事レポート⑨

    今日はまず、厨房の様子を見てください。壁と天井の塗装が終わりました。後は床の防塵塗装をするだけです。この塗装の色は客席の塗り壁の色に合わせました。この店の厨房は前にもレポートした通り客席からよく見…

関連記事

  • 関連する記事はありません

ニュース&イベント

3代目社長のBlogブログタイトル全一覧を見る