有限会社田中工務店

PAGE TOP

栃尾のバス停

栃尾の各所に佇むバス停が妙に気になる。

雨宿りできる屋根付きの建造物もあるかと思えば、ただぽつんとバス停看板があるだけの場所もある。

あれはそもそも越後交通の所有物なのか?

誰が設計しているのか?(同じ規格のものはないどころか全て無統一な建造物群である)

越後交通に電話で聞くのが一番早いとは思うが謎は謎のままで良いのかも。

それでは栃尾地域のバス停のほんの一部を紹介します。

まずは栃堀のバス停①です。

杉の巨木のたもとがバス停なんてすごく牧歌的ですよね。

ここは栃尾が舞台の映画『モノクロームの少女』でも使われています。

屋根はありませんが杉の葉っぱで雨はあまり当たらないのかも?

ちゃんと椅子が置いてあるところがいいです。

 

続いて栃堀②です。

この手前の椅子はどう考えても近所の人が持ち込んだような気がします。越後交通ではないですよね。

三光丸の看板がいいです。見附に出張所があるなんて初めて知りました。

 

次は上塩です。

こちらは鉄骨で田んぼにはねだして造ってあります。

そして透明のポリカでスケルトン仕様。アヴァンギャルドな雰囲気を醸し出しています。

現代版清水の舞台を狙ったのでしょうかね。

きっと高所恐怖症の人はドキドキするんじゃないかと思います。

ちなみに今このブログを書いていてこの建造物の中に入り忘れたことを思い出しました。ですので私は体験していません。

 

次は本所です。

扉が1枚入っていますがこれも中途半端に下は大きく開いています。

足元が見えることによってバスの運転手さんが乗車待ちの人がいるか一目でわかるようにしているんだと思います。(ウソです)

 

さて次は小貫の土ヶ谷入口です。

鮮やかなブルーが印象的なバス停です。

これもバスの運転手さんがうっかり通りすぎることのないように目立つ色にしているものと思われます。(ウソです)

しかし柱が土の上に直接立っているように見えるのは気のせいでしょうか?

今度よく見ておきます。

 

さて最後は表町の大布川の岸辺にあるバス停。

桜の木の下にバス停があります。桜の咲く時期に撮影すればよかったのですがタイミングが遅かったです。

来年は忘れずに撮影したいと思います。

今回はここまでです。

今後も面白い栃尾のバス停を撮影したら第2弾を公開します。

どれだけの人が興味をもってくれるかわかりませんが現時点での栃尾の風景の一部であることには変わりはありません。

2017年6月5日-8:28 PM

その他のその他の記事

  • とちお夜のランプまつりでの糸繰木枠づくり

    9/24(土)から9/25(日)の2日間、長岡市栃尾地域で「とちお夜のランプまつり」というイベントが開催されました。私が所属するとちラボという団体が主催して今年初めて開催するイベントでした。とちラボと…

  • 大工さんの手仕事~地元の木で作ったコースター

    工務店の本業はもちろん建物を造ることなのですが木を使って作るものには果敢にチャレンジしたいと思っています。今までもテーブルなどの家具類や会社の看板を作ったりもしました。木の特質がわかり、木の扱いに慣れ…

  • image

    大雨の傷跡

    7月29日から30日にかけて大雨が新潟と福島を襲いました。報道では三条の下田地域と十日町と阿賀市の被害が多数伝えられていますが、我が栃尾も下田に近い地域を中心に甚大な被害を受けました。7月29日の…

  • とちおブラ散歩 金沢編(長岡市栃尾地域)

    現在リフォーム工事中の現場近く(栃尾の金沢)をブラっとしました。 もちろん仕事中だったのですが路地が僕を誘っている気がしてついつい・・・軽自動車がやっと通れるような細い道の先には何やら門らし…

  • 屋外看板の取替え 前篇

    ずっと気になっていたことのひとつに会社の屋外看板があります。長年の雪・雨・風にさらされて看板自体かなり傷み、文字も薄れてきました。会社の顔とも言える看板がみすぼらしいとその会社自体も元気のない、フェイ…

関連記事

  • 関連する記事はありません

ニュース&イベント

3代目社長のBlogブログタイトル全一覧を見る