有限会社田中工務店

PAGE TOP

栃尾高校 職場体験

毎日暑い日が続いてます(^_^;)

2年ぶりに栃尾高校の生徒さんがうちの会社に職場体験に来てくれました。

毎年、高校の先生から受け入れの打診がくると、うちの会社は社長の都合が悪くない限りはお引き受けさせていただいています。

昨年は希望者がいないということで、やはり建築業は3K(キツイ、キタナイ、キケン)で生徒さんから敬遠されてるのか?と心配しました。

しかし今年は五十嵐君と多田君、元気な2名の生徒さんが来てくれました。

7月25日(水)から7月27日(金)までの3日間、朝8時から夕方5時までみっちり働いてくれました。(あくまでも体験学習ですから誤解のないように)

初日の1時間だけは私の方でうちの会社の仕事の内容を分かりやすく(?)教えました。ここまではいわゆる学科みたいなモノ。

その後は社長が付きっきりで加工作業や現場での作業を体験学習してもらいました。これはいわゆる実技みたいなモノです。

それでは体験学習の様子を・・・

木材の加工をしている様子

これは外壁に使う杉の雨板を自動カンナがけ機で削っているところです。基本的には機械に社長が板を入れて流れていった板を一人の生徒さんが受け取り所定の場所に置く。もう一人の生徒さんはその板を自然乾燥させるために外の置場に運んでいく。もしくは写真のようにどんどん出てくるカンナくずを袋に入れる作業をしました。

次はうちの会社の物置小屋を移設する作業の手伝いの様子です。

基礎の上に土台を敷いている様子

工具を使って土台と基礎をボルト~ナットで緊結

すでに出来あがっているコンクリートブロック基礎に土台を敷いていきます。この土台を含めて構造材は以前使っていた中古材をそのまま使用します。

今回は土台敷きだけでしたが、建物を作る工程の一部を体験してもらったのは良かったと思います。

次はこれから始まる新築工事の現場の準備です。

なんとラッキー!地鎮祭を見学してもらいました。

地鎮祭の様子。

今回の地鎮祭のカメラ撮影を生徒さんにお願いしました。

これは生徒さんの撮影した画像です。

こういった非日常的な行事がたまたまこの体験学習の期間に重なったのは彼ら2人の持って生まれた運なのかもしれません。

地鎮祭の意味も私の方で説明しましたが、分かってくれたかな?

まぁ、自分の目で見て耳で聞いたことのほうが大事なので、その体感したことを覚えていてくれればいいのです。

さて地鎮祭が終わった後は、建物の位置と高さの基準を出す、水盛・やり方作業を手伝ってもらいました。

高さの基準となる貫板を杭に取付ける水盛・やり方出し

炎天下の作業

こんな感じで3日間の体験学習が終わりました。

梅雨が明けて本格的な夏に突入した感じの非常に暑い暑い3日間でしたが2人共とても一生懸命働いて(学習して)くれました。

2人がこの体験学習でどんなことを感じてくれたか興味がありますが、後日レポートがくることでしょうから楽しみにしています。

楽しかった?きつかった?達成感があった?大工になりたくなった?

とにかく五十嵐君、多田君お疲れさまでした!


8月は刈谷田中学の体験学習があります。


2012年7月30日-6:37 PM

その他のブログの記事

  • 椅子の修理に挑戦~豊かさについての考察

    ひとつ前の投稿「築133年の家を住み継ぐ」のスピンオフ的なブログです。実は改修工事の最中にお客様より、「気に入っていた椅子が壊れたのだけど修理できないか?」との相談を受けました。下の写真は仕上げの布及…

  • リーフレット作りました

    今まで弊社は紙媒体のリーフレットがなかったのですが今年は全国商工会連合会という団体の小規模事業者持続化補助金を使わせていただいてリーフレットを作ることができました。インターネット社会とは言ってもネット…

  • 幸せな気分になれる?大工さんの手作り棚

    久しぶりのブログです。今回は弊社の事務所に飾り棚を新たに設置しましたのでそちらを紹介します。まずは設置前の状況を。いろいろなサンプルやら木工作品を収納したり飾るための棚をここに設置することに。このパネ…

  • image

    手造り家具 in tokyo ~加工編No.1~

    図面と見積りをクライアントに提出して確認してもらったところ、「これでつくってください」との返事をいただきました。今回は注文のボリュームが大きいので、どちらにしろ一度での運搬は無理!・・・ということで…

  • image

    雪降ろし始まりました

    年末から正月にかけて大雪にならなければよいがと心配していましたが大したことなくて良かったです。ですが少しづつ積もった雪がそれなりの量になりましたので昨日から雪降ろしの仕事が始まりました。冬は大工仕事も…

関連記事

  • 関連する記事はありません

ニュース&イベント

  • 職人の卵 -2018年07月07日

    世間では人手不足が声高に叫ばれていますが、うちの会社も今年は依頼される仕事が多く人手不足を痛感してい…

  • リーフレット作りました -2016年12月27日

    今まで弊社は紙媒体のリーフレットがなかったのですが今年は全国商工会連合会という団体の小規模事業者持続…

  • 新入社員が入りました! -2016年04月07日

    4月1日に新入社員が入りました。名前は大橋陽生です。この3月に県央工業高校の建築学科を卒業したばかり…

  • T様邸「山林の家」見学会(長岡市栃尾地域) -2015年06月09日

    6月6日、7日の2日間に渡り、T様邸の完成見学会を行いました。先ずは今回の完成見学会を快諾してくださ…

3代目社長のBlogブログタイトル全一覧を見る

  • 職人の卵 -2018年07月07日

    世間では人手不足が声高に叫ばれていますが、うちの会社も今年は依頼される仕事が多く人手不足を痛感してい…

  • 古いものをあえて残す和室のリフォーム -2017年12月02日

    今回ご紹介する事例もかなり長い時間を積み重ねてきた和室のリフォームです。念のため言っておきますが弊社…

  • 椅子の修理に挑戦~豊かさについての考察 -2017年11月22日

    ひとつ前の投稿「築133年の家を住み継ぐ」のスピンオフ的なブログです。実は改修工事の最中にお客様より…

  • 築133年の家を住み継ぐ -2017年11月10日

    その男性は築133年の家のリフォームをしたいと事務所を訪ねてきました。お話を聞いてみるとその男性は6…

  • 無垢の木を使ってみませんか? -2017年08月05日

    忘れがちですが人間は自然の一部であることは間違いありません。だから自然素材に触れたり、自然素材に囲ま…

  • 栃尾のバス停 -2017年06月05日

    栃尾の各所に佇むバス停が妙に気になる。雨宿りできる屋根付きの建造物もあるかと思えば、ただぽつんとバス…

  • 雪国ならではの修繕工事から見えてきたこと -2017年05月08日

    今年は雪の量はそんなに多くはなかったのですが屋根の鼻先に雪庇ができて重くなり、雨樋が破損したり鼻先の…

  • 幸せな気分になれる?大工さんの手作り棚 -2017年03月28日

    久しぶりのブログです。今回は弊社の事務所に飾り棚を新たに設置しましたのでそちらを紹介します。まずは設…

  • 雪国の暮らし~屋根の雪下ろし -2017年01月24日

    栃尾のとある冬の日の風景を切り取ってみました。まずは雪国ならではの生活風景。雪の降らない地域では経験…

  • とちおブラ散歩 新町編 -2016年12月29日

    今回は新町地域を仕事のついでにブラついてみました。この新町とか大町あたりは栃尾城があったころから昭和…