有限会社田中工務店

PAGE TOP

椅子の修理に挑戦~豊かさについての考察

ひとつ前の投稿「築133年の家を住み継ぐ」のスピンオフ的なブログです。

実は改修工事の最中にお客様より、「気に入っていた椅子が壊れたのだけど修理できないか?」との相談を受けました。

下の写真は仕上げの布及びクッションのスポンジをはがした後のものです。足を乗せる部分の下地ベニヤが折れていました。

姿勢が良くなるバランスチェアといわれているもので子供の学習椅子としても人気があるみたいです。

本当は壊れたままの姿を見てもらいたかったのですが、いつも大事な写真を撮り忘れちゃうんですよね(^_^;)

相談されたものの「うーん、うちは大工だし下地は修理できても布貼りはどうするかなぁ」と。

そこにうちの奥さんの知り合いで縫い物が得意な人がいることに気づき、布貼りできるか聞いてもらったら快く引き受けてくれて一件落着となりました。

栃尾には器用な人がたくさんいるのでこういう時は人のネットワークを利用してコラボできるんだっていうのも今回大きな発見でした。

下地ベニヤを修理してスポンジと布を新しいものに貼り替えて、最後に木部の塗装も補修しました。

できあがりはこんな感じです。

ものを大事に修理しながら使い続けるって素敵なことだと思います。

私が生きてきた高度経済成長期から現在までの時代を振り返るとものだけでなく家までも修理するくらいなら買い換えようという使い捨ての時代だったと思います。

確かに修理にかかるお金に少し足せば新しい新品が買えるということもあるかと思います。だけどこんなの資源の無駄使いでおかしいよなぁって少しづつみんなが気づき始めたような気がします。

確かでしっかりしたものをその品質や手間に応じた価格で手に入れて修理をしながら長く使い続ける。

うまくすれば自分の次の世代にまで引き継いで使うこともできる。

そういったことに価値を見出す人たちが増えてきたと感じます。

古いものはどんどん捨てて新しいものに交換することが豊かさだと多くの人々が勘違いしてきたような気がします。

本当の豊かさとは何か?

限りある資源を有効に使い価値あるものをつくり出す。

→それを手入れや修理をしながら大事に使い続けることによってそのものへの愛着心がわいてくる。

→大事に使われたものは使ってきた人の想いや時間という歴史により輝きを増し、価値を高める。

→その価値に魅了されて次の人がそれを引き継いで使う。

このループが何回か繰り返して素材自体の寿命が尽きるまでの間、それはただのものではなく一つのストーリーになります。

このストーリーで世の中が満ち溢れることが本当の豊かさだと私は考えます。

2017年11月22日-2:11 PM

その他のブログの記事

  • 仕事納め

    今日は今年の仕事納め。先ほど集金&支払い業務も終えました。昨日と今日の空き時間を使って事務所の大掃除も完了し、本当に仕事納めの雰囲気です。大掃除後のデスクまわり少しはすっきりしました大掃…

  • ピッツァの店造りが始まりました!工事レポート①(長岡市 栃尾地域)

    昨年の9月から打ち合わせを重ねてきたピッツァの店(一部はフラワーショップ)の工事が始まりました。 僕の中学校の1年後輩が始める店です。この時代に、この栃尾でお店を始めることは大変な勇気がいる…

  • 山林に家を造る⑤~外装~

    建前が終わり、雪の降る前に足場を解体するために弊社の全勢力を外部工事に投入しました。栃尾地域でも冬の間も足場がそのまま残っている現場もありますがここは雪の量に関しては別格です。昨年の2月末の様子はこん…

  • 栃尾のバス停

    栃尾の各所に佇むバス停が妙に気になる。雨宿りできる屋根付きの建造物もあるかと思えば、ただぽつんとバス停看板があるだけの場所もある。あれはそもそも越後交通の所有物なのか?誰が設計しているのか?(同じ規格…

  • image

    栃尾高校 職場体験

    毎日暑い日が続いてます(^_^;)2年ぶりに栃尾高校の生徒さんがうちの会社に職場体験に来てくれました。毎年、高校の先生から受け入れの打診がくると、うちの会社は社長の都合が悪くない限りはお引き受けさせて…

関連記事

ニュース&イベント

  • 職人の卵 -2018年07月07日

    世間では人手不足が声高に叫ばれていますが、うちの会社も今年は依頼される仕事が多く人手不足を痛感してい…

  • リーフレット作りました -2016年12月27日

    今まで弊社は紙媒体のリーフレットがなかったのですが今年は全国商工会連合会という団体の小規模事業者持続…

  • 新入社員が入りました! -2016年04月07日

    4月1日に新入社員が入りました。名前は大橋陽生です。この3月に県央工業高校の建築学科を卒業したばかり…

  • T様邸「山林の家」見学会(長岡市栃尾地域) -2015年06月09日

    6月6日、7日の2日間に渡り、T様邸の完成見学会を行いました。先ずは今回の完成見学会を快諾してくださ…

3代目社長のBlogブログタイトル全一覧を見る

  • 職人の卵 -2018年07月07日

    世間では人手不足が声高に叫ばれていますが、うちの会社も今年は依頼される仕事が多く人手不足を痛感してい…

  • 古いものをあえて残す和室のリフォーム -2017年12月02日

    今回ご紹介する事例もかなり長い時間を積み重ねてきた和室のリフォームです。念のため言っておきますが弊社…

  • 椅子の修理に挑戦~豊かさについての考察 -2017年11月22日

    ひとつ前の投稿「築133年の家を住み継ぐ」のスピンオフ的なブログです。実は改修工事の最中にお客様より…

  • 築133年の家を住み継ぐ -2017年11月10日

    その男性は築133年の家のリフォームをしたいと事務所を訪ねてきました。お話を聞いてみるとその男性は6…

  • 無垢の木を使ってみませんか? -2017年08月05日

    忘れがちですが人間は自然の一部であることは間違いありません。だから自然素材に触れたり、自然素材に囲ま…

  • 栃尾のバス停 -2017年06月05日

    栃尾の各所に佇むバス停が妙に気になる。雨宿りできる屋根付きの建造物もあるかと思えば、ただぽつんとバス…

  • 雪国ならではの修繕工事から見えてきたこと -2017年05月08日

    今年は雪の量はそんなに多くはなかったのですが屋根の鼻先に雪庇ができて重くなり、雨樋が破損したり鼻先の…

  • 幸せな気分になれる?大工さんの手作り棚 -2017年03月28日

    久しぶりのブログです。今回は弊社の事務所に飾り棚を新たに設置しましたのでそちらを紹介します。まずは設…

  • 雪国の暮らし~屋根の雪下ろし -2017年01月24日

    栃尾のとある冬の日の風景を切り取ってみました。まずは雪国ならではの生活風景。雪の降らない地域では経験…

  • とちおブラ散歩 新町編 -2016年12月29日

    今回は新町地域を仕事のついでにブラついてみました。この新町とか大町あたりは栃尾城があったころから昭和…