有限会社田中工務店

PAGE TOP

椅子の修理に挑戦~豊かさについての考察

ひとつ前の投稿「築133年の家を住み継ぐ」のスピンオフ的なブログです。

実は改修工事の最中にお客様より、「気に入っていた椅子が壊れたのだけど修理できないか?」との相談を受けました。

下の写真は仕上げの布及びクッションのスポンジをはがした後のものです。足を乗せる部分の下地ベニヤが折れていました。

姿勢が良くなるバランスチェアといわれているもので子供の学習椅子としても人気があるみたいです。

本当は壊れたままの姿を見てもらいたかったのですが、いつも大事な写真を撮り忘れちゃうんですよね(^_^;)

相談されたものの「うーん、うちは大工だし下地は修理できても布貼りはどうするかなぁ」と。

そこにうちの奥さんの知り合いで縫い物が得意な人がいることに気づき、布貼りできるか聞いてもらったら快く引き受けてくれて一件落着となりました。

栃尾には器用な人がたくさんいるのでこういう時は人のネットワークを利用してコラボできるんだっていうのも今回大きな発見でした。

下地ベニヤを修理してスポンジと布を新しいものに貼り替えて、最後に木部の塗装も補修しました。

できあがりはこんな感じです。

ものを大事に修理しながら使い続けるって素敵なことだと思います。

私が生きてきた高度経済成長期から現在までの時代を振り返るとものだけでなく家までも修理するくらいなら買い換えようという使い捨ての時代だったと思います。

確かに修理にかかるお金に少し足せば新しい新品が買えるということもあるかと思います。だけどこんなの資源の無駄使いでおかしいよなぁって少しづつみんなが気づき始めたような気がします。

確かでしっかりしたものをその品質や手間に応じた価格で手に入れて修理をしながら長く使い続ける。

うまくすれば自分の次の世代にまで引き継いで使うこともできる。

そういったことに価値を見出す人たちが増えてきたと感じます。

古いものはどんどん捨てて新しいものに交換することが豊かさだと多くの人々が勘違いしてきたような気がします。

本当の豊かさとは何か?

限りある資源を有効に使い価値あるものをつくり出す。

→それを手入れや修理をしながら大事に使い続けることによってそのものへの愛着心がわいてくる。

→大事に使われたものは使ってきた人の想いや時間という歴史により輝きを増し、価値を高める。

→その価値に魅了されて次の人がそれを引き継いで使う。

このループが何回か繰り返して素材自体の寿命が尽きるまでの間、それはただのものではなく一つのストーリーになります。

このストーリーで世の中が満ち溢れることが本当の豊かさだと私は考えます。

2017年11月22日-2:11 PM

その他のブログの記事

  • image

    自然素材使用のリフォーム工事完成しました!

    5月の中旬から着工してました住宅のリフォーム工事が本日めでたく完成しました!このリフォーム工事の内容を簡単に説明しますと、この家の息子さんがこの秋にお嫁さんをもらうとのことでお母さん達夫婦が自分の使…

  • image

    木の加工を見て大工について思う

    今日は久しぶりに加工場をのぞいてみました。先日契約した和室のリフォームなのですが、お客さんの希望で全て無垢材で仕上げることに。みなさんは「和室は無垢材に決まっているだろうが!」と思われるかもしれま…

  • 店舗兼住宅の外装リフォーム

    以前に屋根を瓦から金属板葺きに替えたお宅についてご紹介しましたが今回はその続きです。先回のブログでは触れていませんでしたが、こちらのお宅はお酒の販売を主に行っている商店の店舗兼住宅なのです。お店の外装…

  • 住宅見学会のおしらせ

    以前、このブログでもご紹介しました私の弟の家がいよいよ完成となり、この度完成見学会を開催することになりました。栃尾地域には新聞広告が入りますがこちらでも紹介させていただきます。日時:4月19日(土)、…

  • image

    ピッツァ(ピザ)の店 工事レポート⑩

    4/23(土)は第4土曜日なので本来はうちの会社も休みなのですが、左官職人の青木さんに午前中だけ出てもらいました。その日は厨房の床コンクリートの上に防塵剤を散布しました。コンクリートのままにしておくと…

関連記事

ニュース&イベント

3代目社長のBlogブログタイトル全一覧を見る