有限会社田中工務店

PAGE TOP

注文住宅ということ

注文住宅ってどういう意味だろう?

建売住宅というのは建築業者がお客様からの注文の前に家を造り、その出来合いの家を売ることです。売れない場合だってあり得る。お客様にしたって家にある程度自分たちを合わせていくというスタンスだ。

その建売住宅と反対の意味を持つのが注文住宅と解釈していいのだと思う。つまり、お客様から注文を頂いてから造る住宅。

その言葉の本来の意味からすれば注文住宅の場合、お客様はプランから材料まで自分の好きなように家を造ることができる。いわゆるオーダーメード。しかし今のハウスメーカーや大手ビルダーの提案する注文住宅のほとんどは、いくつかのパターンの中から選択するというもの。服で言えば自分の体に合わせて作るオーダーメードの服と、体に合わない部分もあるがそこにある中からチョイスして買う既製品の服というところ。

ここで自分の今までの人生を振り返ってみてオーダーメードで買った物ってあるかな?

前に勤めていた会社を辞めた時に先輩からもらったYシャツの仕立券。これを持って伊勢丹で作ったYシャツが僕の人生の中で唯一のオーダーメードの買い物だと思う。

上半身の色々なサイズを測り、時計をするかしないかでもサイズを微妙に調整するし、各部位のデザインも自由に選べる。このオーダーメードのYシャツは着ていて体にシックリくる。良く考えたら世界に1着しかないシャツなんだよなぁって思う。

石井先輩オーダーメードを経験させてくれてありがとうございました(*^_^*)

ここで考えるのは現代に生きる我々は効率とコストが重視される大量生産品をチョイスする買い物しかしたことがないってこと。

だからいきなり家をオーダーメードで造りましょう!といってもどうしたらいいかわかんないのだと思う。

もうひとつオーダーメードで問題になるのが価格の問題。オーダーメードから受けるイメージはもちろん価格が高い。

しかし本当の意味で高いのだろうか?それだけ手間暇かけているのがわかり、その価格に相当する価値が認められれば高いとは思わないんじゃないか?

買ったその時の価格が高くても買った人がそのものをとても気に入って、気持ち良く、大事に、長く使ってくれるもの。一方、安いと思って飛びついたが気に入らず、短い期間しか使用しないで使い捨てにするもの。どちらが真の意味で高いのか?

普通の人は一生に一度しか家を造らない。

気に入らない家を安く買って、しょうがなく住む。これは最悪だと思う。服なんかと違って買い替えができる人なんてあんまりいない。

家の場合、オーダーメードだからってものすごく高いかというとそんなでもないと思う。既製品の家の方が高い場合だってある。

一生に一度の大きな買い物であり、自分や家族の生活の核となる家こそオーダーメードの注文住宅にすべきだと思うがいかがでしょう?

2011年3月3日-10:56 AM

その他のブログの記事

  • image

    大工がつくる手造り家具②

    久しぶりのブログです。雪との格闘に疲れてちょっとお休みいただいてました。。。さて今回も自分の部屋にある手造り家具みたいなものを紹介します。これはある家具屋さんで見て、いいなぁと思い真似てみました。もち…

  • とちおブラ散歩 金沢編(長岡市栃尾地域)

    現在リフォーム工事中の現場近く(栃尾の金沢)をブラっとしました。 もちろん仕事中だったのですが路地が僕を誘っている気がしてついつい・・・軽自動車がやっと通れるような細い道の先には何やら門らし…

  • image

    子守り

    今日は妹の2番目の子供の楽叶(がくと)を我が家で預かっています。なんでも長女の陽向(ひなた)を医者に連れていくために面倒見てほしいとのこと。がっくんは現在1歳3カ月。歩き始めてもうだいぶ経つので、今で…

  • image

    ピッツァ(ピザ)の店 工事レポート⑩

    4/23(土)は第4土曜日なので本来はうちの会社も休みなのですが、左官職人の青木さんに午前中だけ出てもらいました。その日は厨房の床コンクリートの上に防塵剤を散布しました。コンクリートのままにしておくと…

  • 住宅の基礎工事

    今年の夏はいつ終わるのでしょうか?「お盆過ぎれば涼しくなるからガンバッテ!」と職人を励まし続けてきたのに9月になってもこの暑さです。こんな暑い中、以前に高校生の職場体験のレポートで地鎮祭をした現場は基…

関連記事

  • 関連する記事はありません

ニュース&イベント

  • 職人の卵 -2018年07月07日

    世間では人手不足が声高に叫ばれていますが、うちの会社も今年は依頼される仕事が多く人手不足を痛感してい…

  • リーフレット作りました -2016年12月27日

    今まで弊社は紙媒体のリーフレットがなかったのですが今年は全国商工会連合会という団体の小規模事業者持続…

  • 新入社員が入りました! -2016年04月07日

    4月1日に新入社員が入りました。名前は大橋陽生です。この3月に県央工業高校の建築学科を卒業したばかり…

  • T様邸「山林の家」見学会(長岡市栃尾地域) -2015年06月09日

    6月6日、7日の2日間に渡り、T様邸の完成見学会を行いました。先ずは今回の完成見学会を快諾してくださ…

3代目社長のBlogブログタイトル全一覧を見る

  • 職人の卵 -2018年07月07日

    世間では人手不足が声高に叫ばれていますが、うちの会社も今年は依頼される仕事が多く人手不足を痛感してい…

  • 古いものをあえて残す和室のリフォーム -2017年12月02日

    今回ご紹介する事例もかなり長い時間を積み重ねてきた和室のリフォームです。念のため言っておきますが弊社…

  • 椅子の修理に挑戦~豊かさについての考察 -2017年11月22日

    ひとつ前の投稿「築133年の家を住み継ぐ」のスピンオフ的なブログです。実は改修工事の最中にお客様より…

  • 築133年の家を住み継ぐ -2017年11月10日

    その男性は築133年の家のリフォームをしたいと事務所を訪ねてきました。お話を聞いてみるとその男性は6…

  • 無垢の木を使ってみませんか? -2017年08月05日

    忘れがちですが人間は自然の一部であることは間違いありません。だから自然素材に触れたり、自然素材に囲ま…

  • 栃尾のバス停 -2017年06月05日

    栃尾の各所に佇むバス停が妙に気になる。雨宿りできる屋根付きの建造物もあるかと思えば、ただぽつんとバス…

  • 雪国ならではの修繕工事から見えてきたこと -2017年05月08日

    今年は雪の量はそんなに多くはなかったのですが屋根の鼻先に雪庇ができて重くなり、雨樋が破損したり鼻先の…

  • 幸せな気分になれる?大工さんの手作り棚 -2017年03月28日

    久しぶりのブログです。今回は弊社の事務所に飾り棚を新たに設置しましたのでそちらを紹介します。まずは設…

  • 雪国の暮らし~屋根の雪下ろし -2017年01月24日

    栃尾のとある冬の日の風景を切り取ってみました。まずは雪国ならではの生活風景。雪の降らない地域では経験…

  • とちおブラ散歩 新町編 -2016年12月29日

    今回は新町地域を仕事のついでにブラついてみました。この新町とか大町あたりは栃尾城があったころから昭和…