有限会社田中工務店

PAGE TOP

町屋のリフォーム⑥

今日はフローリング貼りの状況から。

フローリング増し貼りの様子


このようにリフォームの場合は既存のフローリングの上に新しいフローリングを増し貼りすることがよくあります。

既存のフローリングを下地材として利用することで丈夫な床となるわけです。仕上げ材としては寿命が尽きた材料も下地材としては十分使えるわけです。

しかしリフォームの場合は床が平らとは限らず、面倒なレベル調整をすることもままあります。

レベル調整の様子


パッキンにて微妙なレベル調整


リフォーム工事は、決められた予算の中で既存住宅と向き合い、どこまで直したら良いかという判断力と、きれいに納める技術力が必要とされます。

はっきり言えば、新築住宅を造るよりもずっと高い判断力と技術力が必要です。昔の職人さんが造った建物に手を入れるということは、その建物をよく見て分析し、どのようにその建物ができているか把握することから仕事が始まります。

次は大工が行う塗装工事の様子を。

サッシ木枠の塗装の様子


普通、塗装工事というといわゆるペンキ屋さんがするものだと思われる方もいると思いますが、木部についてはオイルフィニッシュという塗料を大工で塗ることが多くなりました。

このオイルフィニッシュというのはペンキ塗料のように表面に膜を作るのではなく、木材に浸透していく塗料なので木の素材感が失われないのです。

木が持つ温もりある素材感を無機質な膜で覆ってしまっては、わざわざ木を使う意味がありません。

鉄骨梁を囲った集成材も白のオイルフィニッシュで仕上げ


このお宅では集成材で作ったカウンターの上に陶器の洗面器を載せて手作り洗面台に挑戦します。

その集成材のカウンターも濃い茶色のオイルフィニッシュで仕上げます。

洗面カウンターの塗装前


洗面カウンターの塗装後


ちなみに壁の収納棚は目立たないように白のオイルフィニッシュ仕上げです。白といっても木の木目は透けて見えるので無機質な感じにはなりません。

少し前までは木の色をそのまま生かした透明のオイルフィニッシュ仕上げが流行りましたが、最近は白や濃い茶等のメリハリのある色使いが流行っています。

色も人間の気持ちに大きな影響を与えますから、とても重要な建築要素だと思います。

今日はここまでです。


人気ブログランキングへ

2011年9月30日-6:23 PM

その他のブログの記事

  • image

    注文住宅ということ

    注文住宅ってどういう意味だろう?建売住宅というのは建築業者がお客様からの注文の前に家を造り、その出来合いの家を売ることです。売れない場合だってあり得る。お客様にしたって家にある程度自分たちを合わせてい…

  • image

    大橋トリオのライブ行ってきました!

    もう3週間ちかく前の話です。新潟ロッツで大橋トリオのライブを体験してきました。僕は基本的に事務所で仕事している時はFMPORTを流しているかitunesで音楽を聴いているのですが、2年くらい前に大橋…

  • 木で作ったちょっとしたモノ

    ずっと前から考えていたことなんですが大工さんの技術を家を造ること以外に活かせないものかと。どうしても雪の降るこのあたりでは冬の仕事量が激減します。というよりほとんど仕事がなくなります。技術があるのにそ…

  • image

    築47年の家のリフォーム⑦

    外壁工事のその後です。杉板を横貼りしたら押縁という材料で板を押さえて留めます。板はどうしても反り返ろうとしますので、この押縁でそれを抑えるのです。この押縁を取りつけた後は2回目の塗装を行います。材料は…

  • リーフレット作りました

    今まで弊社は紙媒体のリーフレットがなかったのですが今年は全国商工会連合会という団体の小規模事業者持続化補助金を使わせていただいてリーフレットを作ることができました。インターネット社会とは言ってもネット…

関連記事

  • 関連する記事はありません

ニュース&イベント

3代目社長のBlogブログタイトル全一覧を見る