有限会社田中工務店

PAGE TOP

町屋のリフォーム⑦

内部も外部も仕上げ工事が進んでいます。

今回は壁も天井もビニールクロス仕上げとなっていますのでクロス貼りの工程を紹介します。

壁の出隅の補強


ご覧のように壁の出隅は角のラインをきれいに出し、強度を高めるために塩ビ製のコーナー材を取りつけます。

どうしても壁の出隅は物をぶつけやすくて脆い箇所ですからこうやって補強します。

ボードのジョイント処理


そしてボードの継ぎ目にはジョイントクロステープを貼って補強し、その上からパテを塗って壁の一体化を図ります。

パテ材(下塗り用と上塗り用があります)


パテ塗りの様子


このようにパテへらを使ってボードの継ぎ目とボードを固定するビスの部分にパテを塗り込みます。

パテ処理後のボード面


そしてパテが乾いたらサンドペーパーで平滑にします。

サンドペーパーでパテをヤスリ掛けします


これがビニールクロスを貼る前の下地処理の流れです。

パテを塗ったところは厳密に言うとボード面より盛り上がっているのですがクロスを貼った時に分からないようにきれいにサンドペーパー掛けをして平滑にするのです。

仕上りの善し悪しは下地処理で決まると言っていいと思います。

日光が横から当たるような壁面や照明の光が当たる壁面は下地処理が悪いとボードのジョイント部がはっきり分かります。

これはクロス工事だけでなく塗装工事にも共通して言えます。

地味な作業の下準備の善し悪しで仕事全体の善し悪しが決まるというのは建築工事だけでなく世の中にある『仕事』と呼ばれるもの全てに共通する定理のような気がします。

2回目のパテ処理後にサンドペーパーを丁寧に掛けて、いよいよクロス貼りとなります。

クロス貼り前のサンドペーパ掛けの様子


クロスはロール状になって搬入されるのですが糊付けしないと貼れません。そこで登場するのがコレです!

クロスに糊付けする機械


糊付けの様子


この機械にロール状のクロスをセットして必要な長さをインプットするとその長さだけ糊付けしながら送り出して止まります。

天井のクロス貼りの様子


天井を貼る時はどうしても2人作業になります。

壁のクロス貼りの様子


クロスは数cm重ね貼りをしてからその部分にカッターを入れてジョイントしていくのですが、ここで重要なのはクロスは切断してもその下のボードは傷つけないようにすることです。

ボードの表面を傷つけると後々その部分のクロスが剥がれてくるのです。

さて次は外部の仕上げを。

商店街に建つこの家の通りに面した外壁に僕は計画当初から木を使いたいと思っていました。

元々、伝統的な小屋組をあらわしにした外観なので金属系のサイディングではちぐはぐな感じになります。

お客様との打ち合わせの結果、雁木(商店街の屋根付き歩道)の屋根から下は金属サイディングに、屋根から上は既存の角波鋼板に白塗装を施してその上から木の格子を取りつけることにしました。

金属系の外壁と木のコラボレーションで重さと軽さ、温かみと冷たさ、有機質と無機質といった対比的な面白さがあると思いました。

外壁の工事前


既存の金属鋼板に白塗装しました


木格子の施工中


木格子の取付け完了


この木格子は杉材にウッドロングエコ塗装していますので、これから時間が経つにつれて色が変化していくことでしょう。

どんな色に変化していくか楽しみです。

人気ブログランキングへ

2011年10月13日-10:36 AM

その他のブログの記事

  • 栃尾の冬支度

    もうすぐ栃尾も雪景色に変わるでしょう。雪国はこの雪の降る前の時期は冬支度に忙しいのです。その代表的な冬支度が『雪囲い』です。雪の降らない地域の人には『雪囲い』の意味が分からないと思いますがまずは建物の…

  • image

    ピッツァ(ピザ)の店 工事レポート⑬

    ちょっと忙しくて久しぶりのレポートです。店の外部に木を使った飾りを設置しました。まずは作業風景を。飾りを付ける前の外観は↓でした。それが↓になりました。この飾りは、今までのフロントサッ…

  • 山林に家を造る①~着工~(長岡市栃尾地域)

    昨年よりお話をいただいて計画していました「山林に家を造る」というプロジェクトがいよいよ着工となりました。 家を建てる予定の敷地はちょっとした山の上なものですからそこに車が行けるように道をつけ…

  • image

    ついにブログを・・・

    ついにブログを始めちゃいました。今更っていう感じもあるけど、とにかく記念すべき初ブログです。40年間の人生で日記も書いたこともない僕がなぜブログを始めようかと思ったかと言いますと、ひとつは家業の工務店…

  • image

    大黒柱の可能性

    昔の家には大黒柱といって、その家の構造的な軸となる太い柱がありました。最近の家であまり見られなくなった理由は構造的にそのような太い柱が必要ないということと、設計者もお客さんも今の人達(よくわからない言…

関連記事

  • 関連する記事はありません

ニュース&イベント

  • 職人の卵 -2018年07月07日

    世間では人手不足が声高に叫ばれていますが、うちの会社も今年は依頼される仕事が多く人手不足を痛感してい…

  • リーフレット作りました -2016年12月27日

    今まで弊社は紙媒体のリーフレットがなかったのですが今年は全国商工会連合会という団体の小規模事業者持続…

  • 新入社員が入りました! -2016年04月07日

    4月1日に新入社員が入りました。名前は大橋陽生です。この3月に県央工業高校の建築学科を卒業したばかり…

  • T様邸「山林の家」見学会(長岡市栃尾地域) -2015年06月09日

    6月6日、7日の2日間に渡り、T様邸の完成見学会を行いました。先ずは今回の完成見学会を快諾してくださ…

3代目社長のBlogブログタイトル全一覧を見る

  • 職人の卵 -2018年07月07日

    世間では人手不足が声高に叫ばれていますが、うちの会社も今年は依頼される仕事が多く人手不足を痛感してい…

  • 古いものをあえて残す和室のリフォーム -2017年12月02日

    今回ご紹介する事例もかなり長い時間を積み重ねてきた和室のリフォームです。念のため言っておきますが弊社…

  • 椅子の修理に挑戦~豊かさについての考察 -2017年11月22日

    ひとつ前の投稿「築133年の家を住み継ぐ」のスピンオフ的なブログです。実は改修工事の最中にお客様より…

  • 築133年の家を住み継ぐ -2017年11月10日

    その男性は築133年の家のリフォームをしたいと事務所を訪ねてきました。お話を聞いてみるとその男性は6…

  • 無垢の木を使ってみませんか? -2017年08月05日

    忘れがちですが人間は自然の一部であることは間違いありません。だから自然素材に触れたり、自然素材に囲ま…

  • 栃尾のバス停 -2017年06月05日

    栃尾の各所に佇むバス停が妙に気になる。雨宿りできる屋根付きの建造物もあるかと思えば、ただぽつんとバス…

  • 雪国ならではの修繕工事から見えてきたこと -2017年05月08日

    今年は雪の量はそんなに多くはなかったのですが屋根の鼻先に雪庇ができて重くなり、雨樋が破損したり鼻先の…

  • 幸せな気分になれる?大工さんの手作り棚 -2017年03月28日

    久しぶりのブログです。今回は弊社の事務所に飾り棚を新たに設置しましたのでそちらを紹介します。まずは設…

  • 雪国の暮らし~屋根の雪下ろし -2017年01月24日

    栃尾のとある冬の日の風景を切り取ってみました。まずは雪国ならではの生活風景。雪の降らない地域では経験…

  • とちおブラ散歩 新町編 -2016年12月29日

    今回は新町地域を仕事のついでにブラついてみました。この新町とか大町あたりは栃尾城があったころから昭和…