有限会社田中工務店

PAGE TOP

研修旅行に行ってきました!

3月14日から1泊2日で飛騨高山に研修旅行に行ってきました。

毎年恒例の行事で例年は11月から12月の初めにかけて行っていたのですが昨年はスケジュールの調整がつかず、年をまたいだこの3月に行くことになったのです。

4年くらい前まではうちの従業員だけで行っていたので普通免許で運転できる小さなマイクロバスをリースして従業員が交代で運転して旅してました。

しかし運転者の負担が大きいのと安全性を考えて3年前から協力業者のみなさんもお誘いして大体15名くらいでの研修旅行ということで、安心安全な越後交通様の観光バスでの旅行に変わりました。

研修旅行当日は前日までの雪がウソのような快晴で気分良く出発!

長岡ICから北陸道に乗ったのですが、行く途中の長岡大橋わきの雪化粧した樹木と青空のマッチングがあまりにきれいだったのでバスの中からパチリ。


長岡大橋近くの河川敷の樹木

さて研修旅行先の飛騨高山といえば木工の町ということでまずは飛騨古川町の飛騨匠の文化館を見学しました。

丸太小屋組みが素晴らしい建物。

階段も凝ってます。

デザインされた方杖。

階段吹抜け部の飾り板。こちらもデザイン性に優れてますよね。

という風に建物も素晴らしかったのですが、みんながもっと注目したのは昔の大工道具やら左官道具の陳列です。

道具好きにはたまらないと思います。

今みたいな電動工具が無い時代には膨大な時間と多大な労力を使い、ここに陳列されているような様々な道具を駆使して建物を建てていたのです。

そこで考えたのは昔の建物は本当に人力というエネルギーにどれだけ依存していたかということと、今の建物がどれだけ便利な道具だったり、人力ではない電気等のエネルギーに頼っているかということです。

もうひとつは職人さんの知能だったり技術力を考えた時に昔と今ではどちらがレベルが高いのかという疑問。

一概に今の方がレベルが上だと言いきれるでしょうか?

それは設計者だって同じかもしれません。

確かに現在はパソコンや様々なソフトを使い、データを入力すれば勝手に答えが出るような便利な道具があります。

どのような計算でその答えにたどり着くか理屈なんて分からなくてもきちんと答えが出る。これはつまり建築を知らないシロウトでもデータを入力すれば答えが出るってことです。

だから何かの故障でソフトが間違った答えを出しても気付く人は少ないと思います。

ソフトがやってるんだから間違いないって、みんな思ってますから。

世の中が便利になっていくってことは人間が考えなくなっていくってことで、これが人類にとって本当に良いことなんでしょうかねぇ。

話が脱線しました。

飛騨匠の文化館を出て次は吉川町の白壁土蔵やら古い家並みを見てまわりました。

造り酒屋

新酒ができたことを知らせる杉玉。

ある家のピロティ。カッコイイ。

土蔵にはツルが・・・

町の散策の途中でみんなで記念写真をパチリ。

イチョウの大木をバックに記念写真。

古川町を後にして次はNHKの『プロフェッショナル』にも出演した左官職人の挟土秀平さんが施工した壁のある飛騨高山ティディベアエコヴィレッジに行きました。

挟土秀平さんの塗った壁①

挟土秀平さんの塗った壁②

塗り壁のアップ写真

この人の作品は建築というよりは、もう芸術の域に達していると思いました。

だから芸術作品として鑑賞するのが正しいと思います。

良いもの見させていただきました。

さて1日目の研修はこれで終わりです。

その後、高山市内のホテルに泊まり、楽しいお酒を飲みました。


一夜明け、翌日はなんと雪!

もう3月も半ばなのに・・・

今日は外での見学予定がないのでホッとしました。

まずは飛騨の家具館を見学しました。

飛騨の家具館


最近、家具への興味がどんどん高まっているのですごく楽しめたし、参考になりました。

気になった作品をご覧ください。

気になった椅子

気になった椅子

この座椅子欲しかったけどお値段が・・・

飾り棚

テーブルの曲線が自然でいいっす。

子供用椅子とテーブル。小さくてかわいい。

木の花?

建物も古い合掌造りで大空間となってました。

飛騨の家具の特徴は椅子などにみられる木を蒸して曲げる技術が素晴らしいのです。これこそ失敗をたくさん重ねた試行錯誤の中で確立した技術なんだと思います。

「ローマは1日にして成らず」ですかね?

さて飛騨家具館の敷地内にカッコイイ建物がありましたのでご覧ください。

カッコイイ建物①

カッコイイ建物②板倉造り

カッコイイ建物③

そして飛騨の家具館アウトレットで2点買い物をしました。

飛騨の家具館で買ったブックスタンド。シンプルな考え方が好き!

これ何だと思います?・・・・・正解は貯金箱


飛騨の家具館を後にした後は高山まつりの森→板倉ラーメン工場という流れで帰路につきました。

今年も良い研修旅行でした。

自分の仕事になにがしかの影響を与えてくれそうなものが見れましたし、従業員や協力業者の方とも親睦を深めることができました。

2012年3月19日-7:57 PM

その他のブログの記事

  • 仕事納め

    本日12月28日は今年の仕事納めです。職人さんは屋根の雪下ろし作業、僕はお客様を廻って工事代金の集金です。最近でこそ銀行振り込みのお客様が増えましたが、まだまだ栃尾地域は現金での支払いが多いのです。我…

  • image

    築47年の家のリフォーム⑤

    外部の工事を梅雨の隙間にと思って始めたところ、雨にあたることもなくいつの間にか梅雨も明けてしまいました。なんてラッキー!!!っていうか運も実力のうちです。では外部工事の続きから。構造用耐力面材の上から…

  • 残すという選択(長岡市栃尾地域)

    お客様よりトイレの改修依頼があったので訪問してみると・・・ トイレを広くするというのが第一の希望だったのですが広くするには土蔵の扉が片方だけ観音開きにできなくなるのです。 今までは…

  • 日本民家の再生~住文化の伝承

    そもそもこの仕事の話を頂いたのは昨年2012年の7月のことでした。はじめて会社の事務所でお話を聞いた時のメモ書きを読み返してみるとこんなことが書いてありました。現代風の家造りは好きでない。古民家に興味…

  • キツツキ被害と対策について~山林の家(長岡市栃尾地域)

    今年の6月に竣工した通称『山林の家』のお客様より連絡がありました。依頼内容はキツツキが外壁をつついて穴をあけたので対策工事をしてほしいとのこと。さっそく現場に向かい被害を確認してみるととまぁこんな状況…

関連記事

  • 関連する記事はありません

ニュース&イベント

3代目社長のBlogブログタイトル全一覧を見る

  • 無垢の木を使ってみませんか? -2017年08月05日

    忘れがちですが人間は自然の一部であることは間違いありません。だから自然素材に触れたり、自然素材に囲ま…

  • 栃尾のバス停 -2017年06月05日

    栃尾の各所に佇むバス停が妙に気になる。雨宿りできる屋根付きの建造物もあるかと思えば、ただぽつんとバス…

  • 雪国ならではの修繕工事から見えてきたこと -2017年05月08日

    今年は雪の量はそんなに多くはなかったのですが屋根の鼻先に雪庇ができて重くなり、雨樋が破損したり鼻先の…

  • 幸せな気分になれる?大工さんの手作り棚 -2017年03月28日

    久しぶりのブログです。今回は弊社の事務所に飾り棚を新たに設置しましたのでそちらを紹介します。まずは設…

  • 雪国の暮らし~屋根の雪下ろし -2017年01月24日

    栃尾のとある冬の日の風景を切り取ってみました。まずは雪国ならではの生活風景。雪の降らない地域では経験…

  • とちおブラ散歩 新町編 -2016年12月29日

    今回は新町地域を仕事のついでにブラついてみました。この新町とか大町あたりは栃尾城があったころから昭和…

  • リーフレット作りました -2016年12月27日

    今まで弊社は紙媒体のリーフレットがなかったのですが今年は全国商工会連合会という団体の小規模事業者持続…

  • 栃尾の冬支度 -2016年12月09日

    もうすぐ栃尾も雪景色に変わるでしょう。雪国はこの雪の降る前の時期は冬支度に忙しいのです。その代表的な…

  • 手作り家具~桐のローテーブルを造る~ -2016年12月06日

    軽くて使いやすいローテーブルを作ってほしいという依頼があり、お話を伺いました。依頼主は趣味で始めたハ…

  • これぞ大工さんの仕事!格天井工事 -2016年11月02日

    これぞ大工さんの仕事と言えるような工事をさせていただきました。格天井(ごうてんじょう)という呼び方の…