有限会社田中工務店

PAGE TOP

築47年の家のリフォーム④

昨日は久しぶりの晴れ!

ということで外壁の工事を始めました。天気予報によると2日間は何とか天気がもちそう。こういうチャンスは逃さずに!

建築業は天気とにらめっこしながら予定を立てる商売なのです。

では外壁工事の様子を。

外壁撤去状況

既存の金属製外壁(こちらではアタンと呼ばれてます)をはがすと土を塗った荒壁が出てきました。また筋かいはところどころ入っていましたがこの当時は接合金物がまだない時代ですので釘留めだけです。

今回は耐震補強も出来る限りしたいというお客様の要望でしたので、この写真の壁全面に構造用耐力面材を貼ることにしました。

構造用耐力面材 土台から梁まで届くように長さは3m。

構造用耐力面材を貼ってる様子

厚さ9mmのこの材料を柱、間柱、土台、梁に長さ50mmの釘で所定の間隔で留めていくとシングル筋かいを上回る耐力壁となります。

この方法であれば外壁の改修時に耐震改修をすることができます。筋かいを入れる方法は内部の床、壁、天井を壊さないと施工ができないので大規模改修となり費用もかかります。

さて内部では天井貼りの工事が進んでいます。

まずは和室の目透かし天井貼りの様子を。

手の脂が付かないように白手袋をして施工します。

そして洋室のパイン羽目板貼りの様子を。

パイン羽目板貼りの途中

パイン羽目板の断面

このように1枚の板にオスメスの加工がしてあって順番に板をはめ込んでいきます。

完成後はこんな感じです。

パイン羽目板貼り完了。

見てのとおり節が結構ある材料ですが、これも天然材料だからこその味わいだと理解してもらいたいです。人工的に作った工業製品はもちろん均質を目指して作られていますし、実際にその目標を達成しています。しかしそれらのものから感じるのは冷たさや無機質さで、それらのものに囲まれていると息苦しささえ感じます。

われわれ人間は今一度、自然というものを見直す時期がきていると思います。

うちの会社も時代の流れの中で大きな転換期に差しかかっています。家造りのプロとしてお客様に何を提案するべきか?自然素材を使うということは職人の技術力も必要ですし、素材の自然変化からくる不具合といったリスクもあります。ですが、あえてこの自然素材に挑戦していきたいと思う今日この頃です。

2011年7月7日-1:56 PM

その他のブログの記事

  • 2015仕事納め

    本日で今年の業務終了です。今日は集金・支払い日なので私は集金廻りと残っていたお歳暮配りをしてきました。大掃除は昨日までに少しづつやっていたので今日はトイレと事務所の床掃除をすれば完了です。やっぱり仕事…

  • image

    築47年の家のリフォーム工事②

    この梅雨時は雨の当たる外仕事はしないようにして内部の工事を進めます。雨降りの中、外の仕事をしても品質面でも作業効率の面でも良いことはありません。何より、仕事をする職人さんだって気分が良いわけありません…

  • 山林に家を造る⑦~春 もうすぐ完成~

    冬の間に内装工事をコツコツとしてきて間もなく完成です。こんな山深いところにも春は確実にやってきて、あんなに積もっていた雪もどんどん解けていきます。では最終仕上げの様子を。この建物の壁と天井はほぼ全部シ…

  • image

    子守り

    今日は妹の2番目の子供の楽叶(がくと)を我が家で預かっています。なんでも長女の陽向(ひなた)を医者に連れていくために面倒見てほしいとのこと。がっくんは現在1歳3カ月。歩き始めてもうだいぶ経つので、今で…

  • image

    雪降ろし始まりました

    年末から正月にかけて大雪にならなければよいがと心配していましたが大したことなくて良かったです。ですが少しづつ積もった雪がそれなりの量になりましたので昨日から雪降ろしの仕事が始まりました。冬は大工仕事も…

関連記事

  • 関連する記事はありません

ニュース&イベント

3代目社長のBlogブログタイトル全一覧を見る