有限会社田中工務店

PAGE TOP

築47年の家のリフォーム⑦

外壁工事のその後です。

杉板を横貼りしたら押縁という材料で板を押さえて留めます。

板はどうしても反り返ろうとしますので、この押縁でそれを抑えるのです。

押縁の施工後(縦に455mmピッチで留める)

押縁のアップ写真。板と同じ杉材を使用。

この押縁を取りつけた後は2回目の塗装を行います。

材料はおなじみのウッドロングエコです。

ウッドロングエコの2回目の塗装

1回目の塗装は加工場で塗りますが、2回目は取り付けた後に塗ります。

塗料自体は無色透明なので塗ったか塗らないか良く分かりません。

しかしホントにこのウッドロングエコというのは不思議な塗料です。どんな色になるかは樹種や木の性質によって様々です。

桧やヒバ等の油気の強い材料は色が付きにくいみたいです。杉のような材料は良い感じで仕上がります。これから色々な材料にこの塗料を塗ってどんなふうに仕上がるか確認したいと思っています。

「どんな色になるかは分からない」なんてのは今の時代ではちょっと考えられないかもしれません。見本とちょっとでも色が違っていたらクレームとなる世の中ですから。しかし、予定調和的なものにはドキドキも感動もありません。「どんな色になるかは自然が決める」なんてのも楽しいと僕は思うんですけど、変ですかね(*^_^*)

僕はこのウッドロングエコという塗料に無限の可能性を感じています。

今までも「木は好きだけど外部に使うのは、メンテを考えるとちょっと・・・」と尻込みするお客様がたくさんいましたが、この材料は塗り替えの必要は全くないとのことです。どちらかというと色を付ける塗料というよりは木の防腐材といった感じかもしれません。ですが木の素材を活かした味わいのある色に変化をしていきます。とても自然な色に。

これからは「外壁も木の板で!」というお客様が増えるといいなと思っています。

2011年7月19日-8:58 PM

その他のブログの記事

  • 日本民家の再生~住文化の伝承

    そもそもこの仕事の話を頂いたのは昨年2012年の7月のことでした。はじめて会社の事務所でお話を聞いた時のメモ書きを読み返してみるとこんなことが書いてありました。現代風の家造りは好きでない。古民家に興味…

  • image

    大工がつくる手造り家具②

    久しぶりのブログです。雪との格闘に疲れてちょっとお休みいただいてました。。。さて今回も自分の部屋にある手造り家具みたいなものを紹介します。これはある家具屋さんで見て、いいなぁと思い真似てみました。もち…

  • 屋外看板の取替え 後篇

    昨日屋外看板の取替え工事が完了しましたのでご報告いたします。先回のブログでは新規看板の作成状況の途中まででしたが今回はその続きからです。2枚作った看板板はCチャンネルという鋼材を中に挟み、ボルトとナッ…

  • 無垢の木を使ってみませんか?

    忘れがちですが人間は自然の一部であることは間違いありません。だから自然素材に触れたり、自然素材に囲まれた空間にいると心が落ち着くのだと思います。田中工務店の家づくりでは自然素材を使うことをお客様にお勧…

  • image

    日本アカデミー賞

    2月18日に日本アカデミー賞の発表がありました。『悪人』の主演、助演共男優賞と女優賞の4冠を取った段階では作品と監督もいくんじゃないかと思ったけど『告白』が取りましたね。ノミネートされた中では『告白』…

関連記事

  • 関連する記事はありません

ニュース&イベント

3代目社長のBlogブログタイトル全一覧を見る