有限会社田中工務店

PAGE TOP

築47年の家のリフォーム工事①

新たなリフォーム工事が始まりました。

昭和39年に建てられた昔ながらの日本家屋といった感じで1階に和室8帖間が2部屋、6帖間が2部屋あるのですが畳の床が、もう抜けそうなくらいに傷んでいます。リフォームの内容は、この4部屋のうち6帖間の2部屋を洋室に、8帖間は和室としてきれいに、広縁も物干場兼洋室に、この部屋に関係するサッシを断熱サッシに、2階の外部木製建具を断熱サッシに、一部波板鋼板外壁を杉板貼り(ウッドロングエコ塗装)といったものです。

まずは着工前の写真をご覧ください。

着工前内観①


着工前②


着工前外観 2階は木製建具です。冬は寒かったでしょう。


着工前外観 ここは杉板貼りにリフォーム


そして、まず内部の解体工事が始まりました。

解体状況。床をはがしています。


床を撤去した状況


床を撤去してみると縁の下の湿気がものすごくて、床の下地材は腐食している状況でした。現場は小さな山のふもとになっていて常に現場のあたりは土がジメジメしていて、地下水位もかなり高いことが予想されます。しかも縁の下は布基礎で囲まれ、通風口も不足している状態の上に土のままですから高湿度になるのもしょうがないかと思います。

土台や大引きといった太角材も中心近くまで腐食が進んでいました。

腐食の進んだ土台


とにかく駄目な部材は防腐処理済みの材料に入れ替えます。

土台の入替え状況


そして土からの湿気を抑えるためにポリフィルムという防湿フィルムを敷き込みました。

ポリフィルム敷き込み状況


さて次は今まで開口部分だったところを筋かい入りの耐震壁にしていきます。

筋かい設置状況


筋かいの端部は構造金物にて接合しています。

筋かいプレートと呼ばれる構造金物


そして床下の根太という材料を取り付けていきます。昔は畳下は455mm間隔でこの部材を入れていましたが現在は303mm間隔で入れます。

根太の取付状況


今日はここまでのレポートとします。

なお床下の湿気対策としましては山側の建物外部にU字溝を入れて山からの水を排水するのが一つ。二つ目は床下の空気が流れるように布基礎部の開口を増やし、さらに換気扇で強制換気する予定です。

家にとって一番怖いのは湿気かもしれません。コンクリートや鉄と違って木は湿気に大変弱い材料です。木そのものも腐りますし、シロアリ発生の原因は何を隠そうこの湿気が一番の元凶と言えます。

法隆寺をはじめとする神社仏閣が1000年以上経っても現存するのは床下が風通しの良い構造になっているからです。神社の床下はガランコですよね。神社みたいにとは言いませんが家の床下も湿気が溜まらないような工夫が必要です。最近は縁の下もコンクリートの土間にして湿気が上がらないようにしている家がほとんどです。

もちろん床下だけでなく、とにかく木は湿気に弱いということを覚えていてください。

ではでは、次のレポートをお楽しみに!

2011年6月30日-8:15 PM

その他のブログの記事

  • 家の訪問点検~山林の家 冬のある日(長岡市)

    今日は午前1件と午後1件、栃尾地域OB客のお宅を訪問して無料点検を行いました。新築から5年経過した住宅とリフォーム後4年経過した住宅を点検したのですが、どちらのお宅もとてもきれいに使っていただいていて…

  • 椅子の修理に挑戦~豊かさについての考察

    ひとつ前の投稿「築133年の家を住み継ぐ」のスピンオフ的なブログです。実は改修工事の最中にお客様より、「気に入っていた椅子が壊れたのだけど修理できないか?」との相談を受けました。下の写真は仕上げの布及…

  • image

    ピッツァ(ピザ)の店 工事レポート⑮

    ついにピザ釜に火が入りました!まずは空焚きを4日くらいするとのこと。その後にピッツァの試し焼きとなるわけです。早くピッツァ食わせてくれ~(*^_^*)釜の火を入れた次の日に見に行ってみると釜の…

  • T様邸「山林の家」見学会(長岡市栃尾地域)

    6月6日、7日の2日間に渡り、T様邸の完成見学会を行いました。先ずは今回の完成見学会を快諾してくださいましたお施主様に感謝します。そしてご来場くださいました皆さまにはお足もとの悪い中、あの急な坂道を上…

  • image

    中学生が職場体験に来ました!

    7月に栃尾高校の生徒さんが職場体験に来たばかりですが今度は刈谷田中学校の3年生が職場体験に来てくれました。やってきたのは中学3年生の男子生徒3名。いつもそうですが初日の1時間くらいは僕の出番で、う…

関連記事

  • 関連する記事はありません

ニュース&イベント

3代目社長のBlogブログタイトル全一覧を見る