有限会社田中工務店

PAGE TOP

築47年の家のリフォーム工事①

新たなリフォーム工事が始まりました。

昭和39年に建てられた昔ながらの日本家屋といった感じで1階に和室8帖間が2部屋、6帖間が2部屋あるのですが畳の床が、もう抜けそうなくらいに傷んでいます。リフォームの内容は、この4部屋のうち6帖間の2部屋を洋室に、8帖間は和室としてきれいに、広縁も物干場兼洋室に、この部屋に関係するサッシを断熱サッシに、2階の外部木製建具を断熱サッシに、一部波板鋼板外壁を杉板貼り(ウッドロングエコ塗装)といったものです。

まずは着工前の写真をご覧ください。

着工前内観①


着工前②


着工前外観 2階は木製建具です。冬は寒かったでしょう。


着工前外観 ここは杉板貼りにリフォーム


そして、まず内部の解体工事が始まりました。

解体状況。床をはがしています。


床を撤去した状況


床を撤去してみると縁の下の湿気がものすごくて、床の下地材は腐食している状況でした。現場は小さな山のふもとになっていて常に現場のあたりは土がジメジメしていて、地下水位もかなり高いことが予想されます。しかも縁の下は布基礎で囲まれ、通風口も不足している状態の上に土のままですから高湿度になるのもしょうがないかと思います。

土台や大引きといった太角材も中心近くまで腐食が進んでいました。

腐食の進んだ土台


とにかく駄目な部材は防腐処理済みの材料に入れ替えます。

土台の入替え状況


そして土からの湿気を抑えるためにポリフィルムという防湿フィルムを敷き込みました。

ポリフィルム敷き込み状況


さて次は今まで開口部分だったところを筋かい入りの耐震壁にしていきます。

筋かい設置状況


筋かいの端部は構造金物にて接合しています。

筋かいプレートと呼ばれる構造金物


そして床下の根太という材料を取り付けていきます。昔は畳下は455mm間隔でこの部材を入れていましたが現在は303mm間隔で入れます。

根太の取付状況


今日はここまでのレポートとします。

なお床下の湿気対策としましては山側の建物外部にU字溝を入れて山からの水を排水するのが一つ。二つ目は床下の空気が流れるように布基礎部の開口を増やし、さらに換気扇で強制換気する予定です。

家にとって一番怖いのは湿気かもしれません。コンクリートや鉄と違って木は湿気に大変弱い材料です。木そのものも腐りますし、シロアリ発生の原因は何を隠そうこの湿気が一番の元凶と言えます。

法隆寺をはじめとする神社仏閣が1000年以上経っても現存するのは床下が風通しの良い構造になっているからです。神社の床下はガランコですよね。神社みたいにとは言いませんが家の床下も湿気が溜まらないような工夫が必要です。最近は縁の下もコンクリートの土間にして湿気が上がらないようにしている家がほとんどです。

もちろん床下だけでなく、とにかく木は湿気に弱いということを覚えていてください。

ではでは、次のレポートをお楽しみに!

2011年6月30日-8:15 PM

その他のブログの記事

  • 2016年は無料訪問点検から

    あけましておめでとうございます。例年なら新年あけてすぐに初ブログをUPするのですが今年はいろいろあって遅くなりました。今年も毎年恒例の高龍神社で初詣をして商売の神様に深く商売繁盛をお願いをしてきました…

  • image

    なにこれ珍部屋

    ある日気づいたら寝室の壁に緑のツルが生えてきて・・・1週間もするとこんなに伸びて・・・生えてきた場所は長押(なげし)と呼ばれる部材のところで、何かの拍子で種が飛んできて何かの拍子で芽が出たのかなと思っ…

  • 山林に家を造る①~着工~(長岡市栃尾地域)

    昨年よりお話をいただいて計画していました「山林に家を造る」というプロジェクトがいよいよ着工となりました。 家を建てる予定の敷地はちょっとした山の上なものですからそこに車が行けるように道をつけ…

  • 雪国の暮らし~屋根の雪下ろし

    栃尾のとある冬の日の風景を切り取ってみました。まずは雪国ならではの生活風景。雪の降らない地域では経験することのない屋根の雪下ろし。ご紹介するのは栃尾の中でも雪深い本所という地域です。栃尾本所地域この…

  • image

    ピッツァ(ピザ)の店 工事レポート⑭

    5月2日(月)に予定通りピザ釜工事が完了しました。最後は釜に煙突がつながり、めでたく完成です!カマド職人の山宮さん、お疲れさまでした(*^_^*)山宮さんの作った釜にタイルでお化粧するのは、うち…

関連記事

  • 関連する記事はありません

ニュース&イベント

3代目社長のBlogブログタイトル全一覧を見る