有限会社田中工務店

PAGE TOP

築47年の家のリフォーム工事②

この梅雨時は雨の当たる外仕事はしないようにして内部の工事を進めます。雨降りの中、外の仕事をしても品質面でも作業効率の面でも良いことはありません。何より、仕事をする職人さんだって気分が良いわけありません。

ということで先回の床工事の続きを。

床下断熱材の施工状況

これは床下地の根太という部材の間にポリスチレンフォーム製t=50mmの断熱材をはめ込んでいきます。これで床下からの冷気をシャットアウトします。

さて前回もレポートしましたが、このお宅の重大な問題が床下の湿気でした。防湿ポリフィルムを縁の下に敷き込み、湿気が上がるのを低減する工事はしました。もうひとつの対策として縁の下の空気が流れるように床下換気扇を取付けました。

基礎の上部にこのような孔をあけ

床下換気扇

床下に湿気が出ても、それを換気扇で外に出せば良いのです。

部屋も床下も同じですが空気がよどみなく流れることは家を長持ちさせることにつながります。

ですから僕は設計する時、家の中を風が通るような窓の配置を心掛けてます。

機械に頼らず、自然の力を利用するのが一番だと考えます。

今日はここまでです。

また次回をお楽しみに。

2011年7月5日-7:03 PM

その他のブログの記事

  • ピッツァの店 工事レポート④ (長岡市 栃尾地域)

    本日のメイン作業は厨房の土間コンクリート打設です。  厨房の床の下には上の写真でわかるように多くの排水管が埋め込まれています。昨日、設備屋さんから配管してもらい、今日はポンプ車とい…

  • image

    手造り家具 in tokyo ~運搬・設置編NO.1~

    ご無沙汰してスミマセン。雪解けとともに本業が忙しくなってきて、ブログの更新がこんなに遅れてしまいました。前回予告した通り、丹精込めて造った家具をいよいよ大都会tokyoに運搬して設置したレポートで…

  • image

    大工がつくる手造り家具②

    久しぶりのブログです。雪との格闘に疲れてちょっとお休みいただいてました。。。さて今回も自分の部屋にある手造り家具みたいなものを紹介します。これはある家具屋さんで見て、いいなぁと思い真似てみました。もち…

  • 左官屋さんの仕事~塗り壁~(長岡市栃尾地域)

    今ではめっきり減った左官屋さんによる塗り壁工事。 最近の家の壁はビニールクロス貼りがほとんどだと思います。 塗り壁というと触るとボロボロ落ちてくるというマイナスイメージをお持ちの方…

  • 建前のち上棟式

    いよいよ建前の日を迎えました。まずは1階の管柱を建てます。その後は棟梁が工事の安全を祈願して建物の中心付近で塩とお神酒を捲きます。屋根下地のシージングボードは雨音が屋内に響くのを軽減します。金属板貼…

関連記事

  • 関連する記事はありません

ニュース&イベント

3代目社長のBlogブログタイトル全一覧を見る