有限会社田中工務店

PAGE TOP

自然素材にこだわったキッチンのリフォーム②

ちょっと前に無垢のフローリングについてレポートをしたキッチンのリフォーム現場のその後です。

昨日から左官職人が壁のエコカロン塗りを始めました。

ジョイントクロステープ貼りの様子


このジョイントクロステープはボードの継ぎ目がひび割れにくくするための補強材です。これは塗装仕上げでもクロス仕上げでも行う工程です。

エコカロン下塗り材


そしてこの材料を先ほどのボードに下塗りします。

左官の青木さん下塗りの様子


このエコカロンという材料には接着剤の役目をする海藻のりが入っているので塗ったばかりの時は磯の香りがするんですよ。自然素材ならではですよね。ちなみにエコカロンの素材はゼオライト、消石灰、海藻糊、スサ、自然顔料といった100%自然素材で構成されていますので安心・安全な材料と言えます。

そして下塗りから1日明けて、本日は上塗りを行いました。

これが漆喰調の上塗り材。これをコテで塗っていきます。


上塗りの様子。漆喰調は粗が分かるので職人の腕が分かる仕上げと言えます。


今回はキッチンの壁ということで砂壁調ではなくツルツル仕上げの漆喰(しっくい)調にしました。ここらへんのテクスチャー(素材感)については好みもありますのでお客さんとの相談で決めます。砂壁調は漆喰調に比べてザラザラしている分、ホコリが付きやすいと思いますが、砂壁調のテクスチャーはいかにも自然素材といった感じで存在感のある仕上げにするには良いかと思います。

こういった壁を塗れる左官職人は今となってはホントに少なくなりました。特に自然素材の扱いというのは天候やちょっとした配合の違いにも影響されるため、職人の経験や感性に頼るところが大きいのです。長い年月の修行を経て、身体で覚えていく技術と言えるでしょう。最近よく聞く「スキルアップ」なんていう生易しい感じでなく、まさに泥臭く身体で覚えていく修行なんだと思います。

僕は最後は脳ではなく身体で覚えたことがその人の力となると信じています。僕の仕事は設計だから脳で考えるのが当たり前だと思われるかもしれませんが、実は設計も現場で身体を使って覚えていく技術だと最近分かりました。脳だけで設計すると必ず失敗します。現場で五感を使ってイメージを掴み、ふくらませていく。まぁ脳も身体の一部ではあるんですけど。現場を見て、施主の話を聞いて、素材の匂いを嗅ぎ、触ってみる。ただし味見はしないかもしれません。

話がちょっとそれましたが、もうすぐこのリフォーム工事も完成です。

完成後のレポートもお楽しみに!

2011年6月23日-7:40 PM

その他のブログの記事

  • image

    子守り

    今日は妹の2番目の子供の楽叶(がくと)を我が家で預かっています。なんでも長女の陽向(ひなた)を医者に連れていくために面倒見てほしいとのこと。がっくんは現在1歳3カ月。歩き始めてもうだいぶ経つので、今で…

  • image

    『あしたのジョー』

    『あしたのジョー』がテレビ放映されて人気を博したのが確か僕たちが小学校3~4年くらいの時だったと思う。当時、僕たちは矢吹ジョーや力石徹をまねてボクシングごっこで遊んでいた記憶がある。ボクシンググローブ…

  • 栃尾の冬支度

    もうすぐ栃尾も雪景色に変わるでしょう。雪国はこの雪の降る前の時期は冬支度に忙しいのです。その代表的な冬支度が『雪囲い』です。雪の降らない地域の人には『雪囲い』の意味が分からないと思いますがまずは建物の…

  • image

    町屋のリフォーム③

    今年の天気はなんだか調子はずれで、人間と天気の息が合わないといった感じです。暑くなるかなぁと身構えると涼しい天気だったり、涼しくなるかなぁと思うと暑くなったりでうちの社員も体調を崩した人がチラホラい…

  • とちおブラ散歩 新町編

    今回は新町地域を仕事のついでにブラついてみました。この新町とか大町あたりは栃尾城があったころから昭和の中ごろまでは町の中心地だったようです。郵便局や警察署といった公的機関も昭和の中ごろまで大町に集まっ…

関連記事

  • 関連する記事はありません

ニュース&イベント

3代目社長のBlogブログタイトル全一覧を見る