有限会社田中工務店

PAGE TOP

自然素材を使った和のリフォーム

最近完成したお寺の庫裡(くり)のリフォーム工事についてレポートします。

さて庫裡とは元々はお寺の台所をあらわす言葉なのだそうですが、一般的には住職とその家族の生活空間をあらわします。お寺といえば和のイメージというより和そのもの。まさかここで奇をてらって洋風にリフォーム・・・なんて提案はもちろんしません。かといって型にはまった堅苦しい和風にするのではなく自然素材を取り入れながら柔らかみのある和を目指しました。まずは玄関から。

玄関には下足入れを造りました。

 

続いては家族の使う勝手口玄関を新設した様子です。

和紙壁紙は幅90cmごとに重ね貼りとするのですがビニールクロスのように月日が経ってから継ぎ目が目立つということがないので良いと思います。このほかに和紙の特徴として調湿効果、調光効果、保温効果、吸音効果が上げられます。欠点は汚れが付いてもビニールクロスのように拭けないことですが、和紙はビニールクロスのように静電気でほこりを呼び寄せることはありませんから汚れは付きにくいということです。部分的な汚れは消しゴムを使うと良いそうです。まぁ自然素材の良さは美しく古びて独特の風合いが出てくることですから余り神経質にならないほうが良いと思います。

続いては書斎を。

この部屋は杉とエコカロン塗り壁を使い、全て自然素材で仕上げています。呼吸をしていて気持ちの良い、気持ちが落ち着く空間になったと思います。

続いては客を招くこともある茶の間。

こんな感じにリフォームしました。

床は縁なし琉球畳、壁はエコカロン塗りの砂壁調仕上げです。

天井に出ている梁は意匠的に入れた杉の化粧梁です。のっぺらぼうの天井では味気ないものですから。

 


 

今回は和室のリフォームなので製作物の木製建具が多かったのですが改めて本物の木製建具の良さを実感しました。既製品のプリントシート貼りの建具と違い、木の温かみが感じられるのです。デザインも私の書いた図面通りになるのですから嬉しいですよね。

では頑張っている建具屋さんのショットを1枚。

わたしの注文通りに素晴らしい建具を作ってくれました。栃尾には素晴らしい建具職人がたくさんいますので今後もできる限り既製品ではなく製作物の木製建具を使っていきたいと思います。

さて最後は外部のリフォームを。



完成後もお客様にはとても気に入っていただきました。今回は窓の部分の木格子も同じウッドロングエコを塗装しています。今回の工事もお客様の御理解のもと、自然素材を多く取り入れたリフォームができました。

これから自然素材によるリフォームの良さをお客様に身体で実感していただきたいと思います。

2012年7月21日-6:12 PM

その他のブログの記事

  • 住宅見学会のおしらせ

    以前、このブログでもご紹介しました私の弟の家がいよいよ完成となり、この度完成見学会を開催することになりました。栃尾地域には新聞広告が入りますがこちらでも紹介させていただきます。日時:4月19日(土)、…

  • 山林に家を造る⑦~春 もうすぐ完成~

    冬の間に内装工事をコツコツとしてきて間もなく完成です。こんな山深いところにも春は確実にやってきて、あんなに積もっていた雪もどんどん解けていきます。では最終仕上げの様子を。この建物の壁と天井はほぼ全部シ…

  • 最近施工した内装リフォームについて

    この春施工したリフォーム工事についてです。工事の依頼内容としては結婚したばかりの娘さん夫婦のために娘さんの部屋を夫婦の部屋としてリフォームしてほしいとのことでした。最初は増築して部屋を広くしたいとの要…

  • 2016年は無料訪問点検から

    あけましておめでとうございます。例年なら新年あけてすぐに初ブログをUPするのですが今年はいろいろあって遅くなりました。今年も毎年恒例の高龍神社で初詣をして商売の神様に深く商売繁盛をお願いをしてきました…

  • 店舗併用住宅増築工事 建前~既存部分改修

    建築工事のメインイベントと言えば『建前』です。建物の骨組が出来ていき、全体像が明らかになるのがこの日です。2日間の建前作業を行って、その日の夕方に上棟式を行いました。上棟式の後は屋根からの餅まきが行わ…

関連記事

  • 関連する記事はありません

ニュース&イベント

3代目社長のBlogブログタイトル全一覧を見る