有限会社田中工務店

PAGE TOP

自然素材使用のリフォーム工事完成しました!

5月の中旬から着工してました住宅のリフォーム工事が本日めでたく完成しました!

このリフォーム工事の内容を簡単に説明しますと、この家の息子さんがこの秋にお嫁さんをもらうとのことでお母さん達夫婦が自分の使っていた2階の6帖と7.5帖の2部屋を息子さん夫婦に譲るということで、この2部屋のリフォーム工事です。この家はおそらく築80年は経っていると思われます。

まず着工前の様子を。

着工前の部屋の様子①

見ての通り2階にも関わらず暗い感じがします。

着工前の部屋の様子②

上の写真の床の間はクローゼットに改修しました。

工事前の部屋の様子③

壁はプリントベニヤ、天井はプリントボード、床は畳という和洋折衷というか、失礼ですが非常に中途半端な造りでした。

これからこの部屋で生活する若い2人の希望はたった一つ。床は畳がいいということくらいで他はお任せとのこと。なんて謙虚な2人なんだろうとまずは感心し、だけど畳がいいとは最近の若い人には珍しいと不思議に思い、これは設計者である僕に対する一つのヒントを与えてくれたんだと一人合点しました。若い2人は自分たちで気づいているか分かりませんが潜在的に「触れた時に気持ちの良い素材」であったり、「呼吸した時に気持ちのいい部屋」を求めているのだと思ったのです。

そこで僕が選んだ素材は床は希望通りの畳、天井はパイン材の無垢羽目板、居間となる部屋は腰壁に桐の羽目板、壁は何度もこのブログで登場しているエコカロンという塗り壁材を使用し、建具もタモの突き板を使用した製作物の建具といった感じで自然素材によるリフォーム工事となりました。

自然素材にこだわったのは若い2人だけのためでなく、この先に誕生するかもしれないお子様のことも考えてのことです。居間は子供が壁を触ることを考えて柔らかく温かみのある桐材を使いました。

さてリフォーム後はどうなったかご覧ください。

それぞれリフォーム前の写真と比べてほしいのですが撮影アングルが違っていて見づらいかもしれません。スミマセン。

リフォーム後の部屋の様子①

リフォーム後の部屋の様子②

上の写真のクローゼットドアのところはリフォーム前は床の間でした。

リフォーム後の部屋の様子③

リフォーム後の部屋の様子④

建具は全てタモの突き板貼り

うちの会社はできる限り木製建具につきましては既製品を使用せず、建具屋さんが1枚1枚製作する木製建具を採用しています。

製作する建具はデザインも寸法も自由ですし、その建具に対する責任は建具業者さんがきちんと負います。何か不具合があれば建具業者さんがすぐ対応します。建具は可動させて使うものですからどうしても疲労してくる部分があります。そういう意味ではしっかりした造りでないと故障が頻繁に起こります。既製品は最初の見た目はいいのですがコストを下げるためだと思いますが部材が貧弱だなぁと思います。部材が壊れれば有償での部品交換となり、結局は高い買い物となりかねません。

使う頻度の高い建具はケチらず製作物の建具にすることをお勧めします。

さて、この部屋にこれから住む若い2人が実際にこの部屋で生活してどんな感想を持たれるのか楽しみです。

ゆったりとくつろげる部屋となることを頭に描いて造りました。

大事に使っていただけたら幸いです。

2011年6月7日-11:07 PM

その他のブログの記事

  • 仕事初め

    新年明けましておめでとうございます。6日間の正月休みも終わり、今日から平成26年の仕事初めです。例年ですと正月休み明けは休み中に降り積もった屋根の雪下ろしの仕事で始まるのですが、今年は雪もそんなに降ら…

  • image

    注文住宅ということ

    注文住宅ってどういう意味だろう?建売住宅というのは建築業者がお客様からの注文の前に家を造り、その出来合いの家を売ることです。売れない場合だってあり得る。お客様にしたって家にある程度自分たちを合わせてい…

  • image

    補助金で行列!?

    先日、長岡市住宅リフォーム支援事業補助金の申請受付に行ってきました。この制度は簡単に言うと長岡市民の人を対象に長岡市の施工業者がリフォーム工事をする場合に限り、対象工事費の20%(最高10万円)を補助…

  • 建前のち上棟式

    いよいよ建前の日を迎えました。まずは1階の管柱を建てます。その後は棟梁が工事の安全を祈願して建物の中心付近で塩とお神酒を捲きます。屋根下地のシージングボードは雨音が屋内に響くのを軽減します。金属板貼…

  • image

    日本アカデミー賞

    2月18日に日本アカデミー賞の発表がありました。『悪人』の主演、助演共男優賞と女優賞の4冠を取った段階では作品と監督もいくんじゃないかと思ったけど『告白』が取りましたね。ノミネートされた中では『告白』…

関連記事

  • 関連する記事はありません

ニュース&イベント

3代目社長のBlogブログタイトル全一覧を見る