有限会社田中工務店

PAGE TOP

雪国の暮らし~屋根の雪下ろし

栃尾のとある冬の日の風景を切り取ってみました。

まずは雪国ならではの生活風景。

雪の降らない地域では経験することのない屋根の雪下ろし。

ご紹介するのは栃尾の中でも雪深い本所という地域です。

栃尾本所地域

この家は昔ながらのセイガイ造り(出し桁造り)の寄棟屋根の住宅で建築面積は5間×8間=40坪、延床面積は80坪という大きな建物です。

ただでさえ建坪が大きいのにセイガイ造りで屋根が張り出しているものですから屋根面積はとても広いのです。今の一般的な住宅の2.5倍~3倍といったところでしょうか。

雪下ろしの様子

今年の雪は結構重かったみたいで作業員の方も大変だったと思います。

ちなみに写っているのは弊社の従業員と応援に来てもらった協力業者の方ですが今日で雪下ろし7日目です。昨日の日曜日は休みましたが先週は6日連続で雪下ろし作業をしていました。

私なんかは会社の事務所と自分の住宅の雪下ろしを半日手伝っただけでへとへとという体たらくです・・・

ほんと雪国の人はなんでこんなに我慢強いんだって思いますよ。

育った地域の自然環境によって人間の性格だったり基本的なマインドに違いが出るのも当たり前だと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

雪下ろしの様子

瓦屋根の場合はこんな急こう配の屋根での作業となります。

屋根の棟部分

屋根の上からの眺め

屋根の上からは集落の様子が眼下に望めます。

なかなか普通の人は普段自分の家の屋根に上ることはないですよね。

見方を変えると雪下ろしする地域の人は普通の人ができない貴重な体験をしているってことですよね。

雪国に移住したいと思っている人も安心してください。

自分でできない人は業者さんに依頼できます。

確かにお金はかかりますが都会の土地代を考えたら安いいものだと思いますよ。

こんな大きな家でも一回当たり3万円弱です。普通の40坪くらいの家でしたら一回当たり2万なんてかかりません。

こういうのは考え方ですよね。

さて雪下ろしの写真撮影の帰り道にこんな雪景色を見ることができました。

これが雪国ならではの自然からの贈り物なんだと思います。

他地域には存在しない雪国でしか見れない冬景色。

2017年1月24日-8:07 AM

その他の仕事のことの記事

  • 自然素材を使った和のリフォーム

    最近完成したお寺の庫裡(くり)のリフォーム工事についてレポートします。さて庫裡とは元々はお寺の台所をあらわす言葉なのだそうですが、一般的には住職とその家族の生活空間をあらわします。お寺といえば和のイメ…

  • image

    ピッツァの店 アルベーロのその後

    工事も終わり、いよいよオープンに向けての準備が忙しくなってきています。アルベーロのオーナー夫婦はブログどころじゃないと思うので僕の方で開店準備のレポートをしたいと思います。先日、諏訪神社様よりお店の…

  • image

    キッチンのリフォーム完了しました

    突然ですが2週間ほど前より工事を始めていたキッチンのリフォーム工事が完了したのでご報告します。途中経過はお伝えできませんでしたが、こちらのお宅は台所の床・壁・天井が老朽化しているのに加え、流し台やガ…

  • image

    ピッツァ(ピザ)の店 工事レポート⑫

    さて今日のレポートは、まずピッツァ釜の工事についてです。ピッツァは耐火レンガを積んだピッツァ釜の中で薪を使い、400~450℃の高温で60~90秒直焼きするのだそうです。僕ももちろん詳しくは知りませ…

  • image

    築47年の家のリフォーム④

    昨日は久しぶりの晴れ!ということで外壁の工事を始めました。天気予報によると2日間は何とか天気がもちそう。こういうチャンスは逃さずに!建築業は天気とにらめっこしながら予定を立てる商売なのです。では外壁工…

関連記事

ニュース&イベント

3代目社長のBlogブログタイトル全一覧を見る