有限会社田中工務店

PAGE TOP

高校生が職場体験に来ました!

7月27日から7月29日までの3日間、栃尾高校の生徒さんが職場体験に来てくれました。

うちの会社はここ数年、栃尾高校と刈谷田中学校の職場体験の受け入れ企業となっています。

今回は2年生の穴沢君という男子生徒と山岸さんという女子生徒が来てくれました。

女子の生徒さんを受け入れたのは初めてのことです。

建築業に女性は不向きなんてことは全くありません。重いものを持つ時は体力の差が出るかもしれませんが、基本的に大工や左官は力を使うというよりも頭と技術力を使う仕事です!(強調)

1日目の1時間くらいは僕の方でうちがやっている仕事のあらましと僕が行う設計の仕事について説明しました。ほんとはもっと時間を割いて説明したかったけど長岡市リフォーム補助金の申請期限が迫っていたのと月末の請求と集金があったため、すぐに社長にバトンタッチしました。

まずは外壁に使う杉雨板の加工を体験してもらいました。

まずは社長が見本を。


杉雨板の加工の様子


これは自動送りカンナ機という機械で板の表面をきれいに削っている様子です。

僕は中学生の時、平日の毎朝6時から1時間、この仕事を手伝ってお小遣いをもらってました。

この機械に板を通すとカンナ掛けしながら自動で板を送り出してくれます。そしてこの作業によってカンナくずが出ますので、その片付けと掃除もやることになるのです。

カンナくずの木の匂いにフワッと包まれるのですが、僕にとってこの匂いは懐かしさと安心が入り混じったような感情を引き起こしてくれます。

穴沢君と山岸さんがこの木の匂いをどう感じたか聞き忘れました。

この他にも、つい先日始まったリフォーム現場で解体材のトラックへの積み込みを手伝ってもらいました。

この作業中の写真を撮り忘れてしまいましたが二人とも作業後は汗と埃まみれになっていました。特に穴沢君は着替えを忘れたとのこと。この姿のまま、迎えに来る先生の車に乗せるのはいくらなんでもマズイと思い、僕の不要なTシャツに着替えてもらい帰宅願いました。もし先生があの穴沢君の姿を見たら「うちの生徒にどんな作業させたんですか!」って言われたかもしれません(^_^;)

二人ともたぶんヘトヘトに疲れたんじゃないかと思います。だけどこれが工務店の仕事のありのままなんです。職場体験だからって普段の仕事と違うことをしてもらったら、生徒の為にもならないし、逆に学校や生徒に失礼だと思うんです。

仕事って楽しいばかりじゃなく、どちらかというと辛いことの方が多いと思います。だけど辛い思いの先に大きな達成感だったり、お客さまからの感謝の言葉だったりがあって、そういうものが仕事なんだよって教えてあげたいんです。

職人って自分の頭と腕で建物を造り上げて、それが形に残って、人に使われる。もちろん良いものを作れば人に感謝され、悪いものを作れば非難される。良いものを作るにはそれなりの努力が必要で簡単なことではありません。

最近は大工や左官になる若い人が減ってきています。自分の仕事の結果がずっと未来まで形で残り、人の幸せに直接結びつく素晴らしい職業だと思ってます。

こうやって体験学習で来てくれた生徒が将来うちの会社で働いてくれたらいいなぁって密かに思っています。

穴沢君、山岸さん、大変お疲れさまでした。

人気ブログランキングへ

2011年7月30日-5:46 PM

その他のその他の記事

  • image

    自然の脅威(東北・関東巨大地震について)

    その時、事務所で資料作りをしていたら、めまいのような目が回るような感覚に、「もしかして病気でも出たのか?」と思った。倒れる前に誰でもいいからこの病状を訴えようと外に出たところ、近所の人や弟も外に飛び出…

  • image

    どうなる日本!どうする日本!

    日本という国の根幹を揺さぶるような大きな問題がいくつも重なって起こっている。地震・津波による広範囲にわたる壊滅的な被害。福島原発の事故。東京電力、東北電力管内での電力不足による計画停電。今回の災害をき…

  • image

    雪景色

    今日は栃尾の中でもかなり山深い栗山沢という地域に行ってきました。栗山沢はしだれ桜の大木があることで有名なところで、数年前まではしだれ桜祭りというイベントを大々的に行ってました。しかし過疎化が進んで村の…

  • 栃尾の冬支度

    もうすぐ栃尾も雪景色に変わるでしょう。雪国はこの雪の降る前の時期は冬支度に忙しいのです。その代表的な冬支度が『雪囲い』です。雪の降らない地域の人には『雪囲い』の意味が分からないと思いますがまずは建物の…

  • とちお夜のランプまつりでの糸繰木枠づくり

    9/24(土)から9/25(日)の2日間、長岡市栃尾地域で「とちお夜のランプまつり」というイベントが開催されました。私が所属するとちラボという団体が主催して今年初めて開催するイベントでした。とちラボと…

関連記事

  • 関連する記事はありません

ニュース&イベント

  • 職人の卵 -2018年07月07日

    世間では人手不足が声高に叫ばれていますが、うちの会社も今年は依頼される仕事が多く人手不足を痛感してい…

  • リーフレット作りました -2016年12月27日

    今まで弊社は紙媒体のリーフレットがなかったのですが今年は全国商工会連合会という団体の小規模事業者持続…

  • 新入社員が入りました! -2016年04月07日

    4月1日に新入社員が入りました。名前は大橋陽生です。この3月に県央工業高校の建築学科を卒業したばかり…

  • T様邸「山林の家」見学会(長岡市栃尾地域) -2015年06月09日

    6月6日、7日の2日間に渡り、T様邸の完成見学会を行いました。先ずは今回の完成見学会を快諾してくださ…

3代目社長のBlogブログタイトル全一覧を見る

  • 職人の卵 -2018年07月07日

    世間では人手不足が声高に叫ばれていますが、うちの会社も今年は依頼される仕事が多く人手不足を痛感してい…

  • 古いものをあえて残す和室のリフォーム -2017年12月02日

    今回ご紹介する事例もかなり長い時間を積み重ねてきた和室のリフォームです。念のため言っておきますが弊社…

  • 椅子の修理に挑戦~豊かさについての考察 -2017年11月22日

    ひとつ前の投稿「築133年の家を住み継ぐ」のスピンオフ的なブログです。実は改修工事の最中にお客様より…

  • 築133年の家を住み継ぐ -2017年11月10日

    その男性は築133年の家のリフォームをしたいと事務所を訪ねてきました。お話を聞いてみるとその男性は6…

  • 無垢の木を使ってみませんか? -2017年08月05日

    忘れがちですが人間は自然の一部であることは間違いありません。だから自然素材に触れたり、自然素材に囲ま…

  • 栃尾のバス停 -2017年06月05日

    栃尾の各所に佇むバス停が妙に気になる。雨宿りできる屋根付きの建造物もあるかと思えば、ただぽつんとバス…

  • 雪国ならではの修繕工事から見えてきたこと -2017年05月08日

    今年は雪の量はそんなに多くはなかったのですが屋根の鼻先に雪庇ができて重くなり、雨樋が破損したり鼻先の…

  • 幸せな気分になれる?大工さんの手作り棚 -2017年03月28日

    久しぶりのブログです。今回は弊社の事務所に飾り棚を新たに設置しましたのでそちらを紹介します。まずは設…

  • 雪国の暮らし~屋根の雪下ろし -2017年01月24日

    栃尾のとある冬の日の風景を切り取ってみました。まずは雪国ならではの生活風景。雪の降らない地域では経験…

  • とちおブラ散歩 新町編 -2016年12月29日

    今回は新町地域を仕事のついでにブラついてみました。この新町とか大町あたりは栃尾城があったころから昭和…