有限会社田中工務店

PAGE TOP

2016年は無料訪問点検から

あけましておめでとうございます。

例年なら新年あけてすぐに初ブログをUPするのですが今年はいろいろあって遅くなりました。

今年も毎年恒例の高龍神社で初詣をして商売の神様に深く商売繁盛をお願いをしてきました。

さて新年最初に私のする仕事は?と言うと、これもここ数年続けているのですが今年会社でやるべきことをノートに書き出すことなんです。

「営業・事業展開」、「組織・人材」、「財務」、「設備投資」の4項目について挑戦してみようという事柄をピックアップして専務と話し合いをします。もちろん毎年全てのことを実行することはできませんが、考えて書き出すことによって心に目標が座った感じがするんです。

今年掲げた事の中にOB客に対する無料点検活動を強化するというのがありまして、先ずは新築及び改修工事から10年~2年くらい経過したお客様を対象に点検作業を専務と私ですることにしました。

お恥ずかしい話ですが今まではお客様より連絡をいただいてからの対応でした。しかしプロの目で点検しなければならない部分もありますし、工事してから日の浅いお客さまの場合は間違った使われ方をしている場合もありますので定期的にこちらから点検に伺うのが良いに決まっています。

ということで早速お客様とアポイントを取り1月12日から点検業務をスタートさせました。

点検に伺い、お茶をごちそうになりながらお話を聞くと思ってもみなかった困りごとがあったり、具合が悪かったけど我慢して使っていたなんて声も聞こえてきて大変勉強になったのと同時に申し訳なく感じることが多かったです。

点検と修理業務は技術屋にとってはすごく勉強になります。こういう作り方をすると数年でこういう結果になるという事実を思い知らされたり、この住宅設備はメーカーの説明では分からなかったけど使ってみるとこういう不便なところがあるなんてことをお客様より教えてもらえるのです。

また点検時に専務(弟で大工)が簡単に直せるものはもちろんサービスさせてもらい、大工で直せないものは専門業者に手配するというスタイルで修理作業をさせてもらいます。

それから顔を合わせてお話をすれば修理ではなく新規の工事を依頼されることもあり、やはり人間は会って話をすることが何よりの営業行為なんだなと感じました。

小さな工務店がこれから生き残っていくにはお客様から連絡が来るのを待つのではなく、こちらが足を使ってお客様を廻り、お客様の困りごとを聞いて解決してあげる。そこで信用と満足感が生まれ、そのお客様から知り合いの方に「田中工務店に頼んだら良かったよー」と宣伝してもらう。この流れが先へ先へと続いていくってことしかない気がします。(すごく当たり前の話なんですが)

今年はまだ雪が少なく雪下ろしの依頼がないのでこの時間が取れる時期に専務と二人でできるだけ多くのお客様を廻りたいと思います。

2016年1月20日-5:18 PM

その他のブログの記事

  • image

    研修旅行に行ってきました!

    3月14日から1泊2日で飛騨高山に研修旅行に行ってきました。毎年恒例の行事で例年は11月から12月の初めにかけて行っていたのですが昨年はスケジュールの調整がつかず、年をまたいだこの3月に行くことになっ…

  • キツツキ被害と対策について~山林の家(長岡市栃尾地域)

    今年の6月に竣工した通称『山林の家』のお客様より連絡がありました。依頼内容はキツツキが外壁をつついて穴をあけたので対策工事をしてほしいとのこと。さっそく現場に向かい被害を確認してみるととまぁこんな状況…

  • 小屋裏空間も利用した子供部屋リノベーション(長岡市栃尾地域)

    来春小学5年生になる娘さんに子供部屋を造ってほしいとの依頼があったのは今年の6月のことでした。 今はほとんど物置状態の和室6帖と廊下と物入の2帖分の空間+小屋裏空間をロフトとして使いたいとの…

  • image

    補助金で行列!?

    先日、長岡市住宅リフォーム支援事業補助金の申請受付に行ってきました。この制度は簡単に言うと長岡市民の人を対象に長岡市の施工業者がリフォーム工事をする場合に限り、対象工事費の20%(最高10万円)を補助…

  • image

    大雨の傷跡

    7月29日から30日にかけて大雨が新潟と福島を襲いました。報道では三条の下田地域と十日町と阿賀市の被害が多数伝えられていますが、我が栃尾も下田に近い地域を中心に甚大な被害を受けました。7月29日の…

関連記事

ニュース&イベント

3代目社長のBlogブログタイトル全一覧を見る